■プロフィール

くりふじ

Author:くりふじ
禍福はあざなえる縄の如し。
良い事ばかりも続かなければ。
悪い事ばかりも続かない。
そんな毎日。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■ブログ内検索

■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
東野圭吾「ダイイング・アイ」「天使の耳」感想
 ミステリーは通常殺人事件を題材にしている事が多いですよね。
 殺人事件が身近にある、と言う人はそれこそ警察くらいのものでしょう。
 今回タイトルの二作品は殺人事件ではなく交通事故を題材にしたものになっています。
 交通事故は身近にあると言えるだけに、殺人事件とは違った怖さを感じる事が出来る作品ではないでしょうか。
 以下、ネタバレ感想。

続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

日記 | 00:00:21 | Trackback(0) | Comments(0)
東野圭吾「白銀ジャック」「白銀ロンド」感想
 暫く間が空きましたが、まだまだ感想文モードは続きます。
 ここのところ寒くなってきて、ウインタースポーツの季節と言うところですか。既に感想を書いた「鳥人計画」もそうでしたし、いずれ書くであろう「カッコウの卵は誰のもの」もウインタースポーツを題材にしていますが、今回タイトルの二作品もやはりそう。
 タイトルからして、そんな感じですものね。
 以下、ネタバレ感想。

続きを読む >>

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

日記 | 00:00:18 | Trackback(0) | Comments(0)
東野圭吾「名探偵の掟」「名探偵の呪縛」感想
 ひとりの作家の作品を集中して読んでいると、どれもこれも面白いと言う事もあれば、いわゆる当たりと外れが交互に来る、何て事もある訳でして。
 東野圭吾作品ですと、圧倒的に面白い作品の方が多い。好みはもちろんありますよ。読み終わった後、すっきりしないだとか、もやもやすると言うのはあっても、概ね面白い! と思えるものの方が多い印象です。
 以下、タイトル二作品の感想。

続きを読む >>

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

日記 | 00:00:25 | Trackback(0) | Comments(0)
東野圭吾「秘密」「ナミヤ雑貨店の奇蹟」感想
 推理小説を求めて東野圭吾作品を買いあさる様になったのですが、特に何も考えずに購入した作品の中には、ミステリーではあっても推理小説ではない、と言うお話もいくつかありました。
 作者の懐の深さと言うか、月並みな感想ながら、こんな作品も書けるんだな、と思ったものです。
 以下、タイトル二作品の感想。

続きを読む >>

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

日記 | 00:00:48 | Trackback(0) | Comments(0)
東野圭吾「仮面山荘殺人事件」「ある閉ざされた雪の山荘で」感想
 叙述トリックとは、物語の中の登場人物が別の登場人物をだます為に用いる通常のトリックとは異なり、作者が読者の先入観等を利用して本来の事実とは間違った解釈を与える、作者が読者をだます為のトリックです。
 小説やゲームでもわりと用いられるテクニックで、本格ミステリーとは違う、と言う意見もありますが私は好きなトリックのひとつですね。
 以下、タイトル二作品の感想。

続きを読む >>

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

日記 | 00:00:25 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。