■プロフィール

くりふじ

Author:くりふじ
禍福はあざなえる縄の如し。
良い事ばかりも続かなければ。
悪い事ばかりも続かない。
そんな毎日。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■ブログ内検索

■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
暗愚の再評価
 歴史を元にした小説やなんかは数限りなくあるものです。
 考古学や歴史学といった学問ではなく、小説などの物語で楽しむ場合、人物の性格や歴史上の出来事の解釈については作者の個性が出るものです。
 気弱な織田信長や、やたらと短気な徳川家康がいても面白いのかもしれませんよね。
 私の好きな三国志小説では、張飛が繊細であったり劉備が短気であったりと、一般的な武将像とは違った描き方で、それがまた面白かったりするものです。

 歴史上には暗愚との評価をされている人物が多くいますが、三国志好きな私としては一番に思いつくのは蜀皇帝劉禅さんがいますね。
 横山漫画三国志では、ラストシーンでも非常に情けなく描かれており、彼の幼名阿斗は中国では暗愚の代名詞にもなっているのだとか。
 そんな劉禅ですが、皇帝在位期間大きな反乱も無く国を保っていた事実や、結果論として焦土作戦を否定して大局的見地からだと国力の疲弊を防いでいる点などを好意的に見た評価なんてのもある模様です。
 学術的にどうであったかと言う点は学者さんに任せるとして、物語としてはそんな劉禅がいても面白いですよね。

 

 私の初無双は4でした。当時、美しい人には度肝を抜かれたモノです。
 こういうトンでもないシナリオこそ無双の魅力ですよね。

 

 日本の暗愚にも光を!

スポンサーサイト

テーマ:ゲーム動画 - ジャンル:ゲーム

その他ゲーム | 01:26:16 | Trackback(0) | Comments(0)
無双はいつからギャルゲーや乙女ゲーになりましたか?
 



 これは良いものだ!

テーマ:ゲーム動画 - ジャンル:ゲーム

その他ゲーム | 00:01:09 | Trackback(0) | Comments(0)
王元姫と結婚! そういうのもあるのか。
 無双オンラインはZになってからベースが無双6になったそうな。
 私が所属している晋も、これまでの武将が一新されています。
 色々と迷いましたが、現在は王元姫に所属しているのです。エンディングが楽しみですね。

 本家無双6の追加ディスクでは、オリジナル武将を作って既存武将との仲を深めたりも出来るのだとか。

 

 何て綺麗な瞳なんだ……。

テーマ:ゲーム動画 - ジャンル:ゲーム

その他ゲーム | 00:00:43 | Trackback(0) | Comments(0)
迷う事無く嫁を選んだ
 http://news.nicovideo.jp/watch/nw126303

 ドラゴンクエストシリーズで一番好きなものは何か、と言われたら悩んだ末に多分5を選ぶと思うのです。
 まあ予想通りと言うかミーハーと言うか、もうひとつの選択肢は3です。

 3はファミコンもやりましたし、スーファミのリメイクを何度もプレイしました。その上小説版も読んで好きでしたねえ。
 それに比べると5はスーファミをやって、PSのリメイク版は一度か二度プレイしただけだったような気がします。
 それでも5の方が好きなんですよね。

 ところで5と言えば嫁選び。
 URLから飛べる堀井雄二氏のインタビューでも、殆どの人がビアンカを選ぶと思っていた、との事でした。
 私は一週目から、何の予備知識も無く、フローラにプロポーズしました。
 理由? ビアンカよりもフローラの方が好きだったから!
 当時、周りにはフローラを選んだ人はおらず、今のようにネットも普及していなかったので、ビアンカを当然のように選んで勇者が産まれた友人から、フローラを選んだらどうなるんだ? と真剣に聞かれた記憶がありますね。
 今ですと、フローラと結婚したらアイテムが貰えるですとか、イオナズンが使えるですとかの利点が知られていますが、そんなの関係ない!

 ちょっと宣伝ですが、左のカテゴリから二次創作に飛ぶと、以前書いたドラクエ5のSSが読めます。
 双子メインですが、フローラ嫁です。
 嫁はフローラに限る!

テーマ:ドラゴンクエスト - ジャンル:ゲーム

その他ゲーム | 00:03:31 | Trackback(0) | Comments(2)
観るプレイ動画
 例えばプレイ動画を観るときは何処に注目するかは人それぞれだとは思うのです。
 プレイヤーのテクニックを観に来る人、様々な制限をつけた縛りプレイを観に来る人……これもどちらかと言うとプレイヤーテクニックを観に来るに入るかもしれませんね。
 あるいはストーリーを楽しみに来る人もいるでしょうし、通常のプレイでは観られないか観辛いような展開を期待している人もいるのではないでしょうか。



 動画はエースコンバット4。
 私も以前プレイした事があるゲームで、新三国無双をプレイするちょっと前に楽しんでいたゲームですね。
 シネマティックプレイ、とのタイトルがついているように、まるで映画のような仕上がりになっているのが特徴。
 リアルタイムなゲームプレイはあまり登場せず、リプレイなどを上手く使って「観て楽しい」ものになっているのですよ。
 エースコンバット4はシリーズの中でもシナリオやゲーム中の無線のやりとりが楽しく、熱いと評判なので、こういう見せ方は本当にすごいです。
 動画は最終話なので、当然ネタバレ満載。
 リンクから1話に飛べますので、エースコンバットに興味が無い人も、はたまたプレイした事がある人にもオススメです。

テーマ:ニコニコ動画 - ジャンル:ゲーム

その他ゲーム | 00:01:42 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。