■プロフィール

くりふじ

Author:くりふじ
禍福はあざなえる縄の如し。
良い事ばかりも続かなければ。
悪い事ばかりも続かない。
そんな毎日。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■ブログ内検索

■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
蜂の一刺し、みたび
 と、言う訳で迷惑コメント対策に画像認証を導入してみました。
 コメントを書き込む際に、画像で表示される数字を打ち込む必要があると言うもの。
 これならとりあえず私の手間は増えないと言う極めて自分本位な対処ですが、まあ一応自分のブログですし良いという事にしておいて下さい。
 これで迷惑コメントが減るようなら簡単に設定できますので他の方にもオススメ出来るってものです。
 コメントを下さる方にはちょっと手間が増えて申し訳ないのですが、迷惑コメントが減らなければ元に戻しますので、お付き合い願えれば幸いです。
 試しに、ちょっとコメントしようとしてみればどんな感じのものか分かるかと思いますよ。

 以下、序文とは関係のない無双オンラインの、タイトルで分かるでしょうが例の武器の話。

続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:05:52 | Trackback(0) | Comments(0)
四方山話(2)
 宣伝コメントと迷惑コメントに悩まされています。
 いや悩んでいるという程の事でもないのですが実に鬱陶しい。
 昨日の最新記事を更新してからこれを書いている時点(19:00頃)までで、何と削除したコメントが四件。何ゆえこんなに多いのか。
 現在のところ、禁止ワードを増やす事で自衛をしているのですが、敵もさるもの。半角スペースを挿入してみたり、伏字に使う○が●だったり◎だったりと他に使う頭はないのですかと言いたくなる様ないたちごっこっぷり。
 対策としては色々考えられなくもないのです。
 ひとつはコメントを管理人承認制にすること。これに関しては結局チェックしてコメント削除とさらに認証まで行う手間が増えるので現状維持の方がまだ楽かなと思っています。
 もうひとつが禁止ワードに「http」を加える事。
 恐らくこれを実行すればかなりの数の迷惑コメントを撃退出来る筈です。
 では何故実行しないのか?
 ちょっとテストしてみたのですがこの禁止ワード、本文中だけではなく名前欄やURL欄もチェックしているみたいなのですよね。
 つまり、httpを禁止ワードにした場合、迷惑でも何でもないコメントであっても、URL欄に自分のブログのアドレス等を書き込むと弾かれてしまうという訳なのですよ。
 例えば他のブログを閲覧していて、コメント欄を読むこともあります。そこでURLが登録してあったりすると、このコメントを書いた人はどんなHPを作っているのかな? と訪問する事が多々あるのです。
 自分がそういう事を結構楽しみにしているだけに、普通のコメントまで巻き込んで弾いてしまうこの方法を取るのもなーと考える次第。
 結局現状維持でこまめにコメント削除を行う日々。
 にんともかんとも。

 少し前の事になりますが、今年の仕事始めの日、大きな神社に職場のメンバー十数名で初詣に行きました。
 まだまだ参拝客も多く、非常に賑わっていたのですが、境内に入る門のところにある階段で記念撮影を始めると言うではありませぬか。
 どう見ても人通りが多く、通行の邪魔だから嫌だし正直恥ずかしいなあと思いながらも指摘出来ずに一緒に写真に収まるハメになったというお話。
 ここまで読むとマナーの悪さを批判したい話に見えますが、実はそうではありませぬ。
 落ち着いてよく見てみると、次々に同じ場所で記念撮影を始める人々。
 通行する人も少なくとも表面上は気にした風もなく、狭くなった横を通り抜けておられます。
 自分の心が狭いだけかと一瞬思いましたが、まあ感性の違いと言う奴であろうと考えを新たにしたという、そんなお話でした。

 コピペして検索すればすぐ分かる事なのですが、タイトルは「よもやまばなし」と読みます。
 意味は多種雑多な話、ってところでしょうか。
 今回でめでたくシリーズ化したタイトルになりましたね。
 ちょっとした事を書くには良い感じのタイトルなので今後も日記カテゴリに入るような話題の際には使われるかもしれませぬ。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

日記 | 00:05:58 | Trackback(0) | Comments(3)
栄枯盛衰 
 ギルドにしろそうでないにしろ、パーティーを組んで遊ぶ時の殆どが対決です。
 逆にソロで野良部屋を立てて遊ぶ時は制圧をやる事の方が多いのですが、ここのところは対決ばかりで遊んでいました。
 久しぶりに制圧部屋を立てていると、暫く一緒に遊んでいなかった野良の顔見知りの方や友人が次々と入室。
 やっぱりプレイ人口の多さはいまや対決の方が多いのかなという印象です。待ち時間も圧倒的に対決の方が短いですしね。
 久しぶりじゃん、最近対決にハマってるの? なんて会話をしながら新型戦盤での制圧戦を何戦かこなしたのですが、やはり高楼拠点が若干とは言え早くなったのは実に良い感じです。
 逆に上手い事使えないのが刻印陣。戦盤最良刻印なのですが、やはりこれまでずっと突で刻印に頼らない戦い方をしていたせいか、空振りしたりガードされたりする事が多かった気がします。
 アイテムの選択肢としても、刻印が陣であれば炎玉や風玉も考えられるだけに、上手い事刻印を使いこなせるようになれると良いのですが。

 今週は争奪。
 前回の争奪で孫権軍が属領になっているので、復帰戦を含めて三戦行われる模様。
 袁紹軍対孫権軍、袁紹軍対曹操軍、曹操軍対劉備軍の三戦ですが、さて今回はどうなりますか。
 前々回は袁紹軍が二戦でまさかの二敗を喫していますし、また争奪の人数自体は曹操軍がかなり増えている模様。
 これまで二戦行った時は曹操軍の戦績はイマイチではありますが、袁紹軍対孫権軍の戦いの展開次第ではこれまで以上の結果が出せるかもしれませんね。
 やっぱり最初は対劉備軍に人数が傾く事になるのでしょうか。
 土曜日は仕事がありますし、出来る限り参加したいとは思っていますが、さてどうなりますことやら。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:01:06 | Trackback(0) | Comments(0)
海外挑戦
 昨年の競馬を大いに盛り上げてくれた二頭の牝馬。
 ウオッカとダイワスカーレットですが、この二頭の動向に今年も注目が集まっています。

 ウオッカは昨年挑戦して残念ながら破れてしまったドバイにもう一度チャレンジするような情報が入っています。
 また、ダイワスカーレットの方も馬主の意向としては、今年は海外への挑戦が視野に入っているのだとか。

 海外への挑戦というのは、近年国内で活躍した馬に対して非常に大きな期待がかけられますよね。
 海外挑戦と言うと、ファンはどの馬を思い浮かべるでしょうか。
 長期間海外で現役を続けたシリウスシンボリをあげる人もいるでしょうし、日本調教馬として初の海外G1タイトルをもたらしたシーキングザパール、海外でも圧倒的な強さを見せたタイキシャトル。サンデー血統の実力ををアメリカに知らしめたシーザリオ。
 はたまた結果は実らなかったものの、シンボリルドルフやサクラローレルの挑戦をあげる人もいるに違いありません。再び日本に戻ってくる事の無かったホクトベガという馬もいました。
 エルコンドルパサーは凱旋門賞こそ勝てなかったものの、その海外での挑戦は今尚高く評価されていますし、逆に国内にこだわったテイエムオペラオーは海外に挑戦しなかった一点が評価を下げる一因となっているような気がします。
 近年最も話題となった海外挑戦であるところのディープインパクトの薬物失格も記憶に新しいところですね。

 そんな悲喜交々あった日本馬の海外挑戦。
 遠い異国の地で結果を残す事は並大抵のことではありませんが、やはりファンとしてはその挑戦を楽しみにしていますし、大いに期待もしているのではないでしょうか。
 押しも押されぬ稀代の名牝の二頭がどんな活躍をしてくれるのか、ワクワクしながら期待したいと思います。

テーマ:競馬 - ジャンル:スポーツ

競馬 | 00:01:12 | Trackback(0) | Comments(4)
戦盤狂
 新型制圧用戦盤が完成しました。
制圧用改造戦盤陣型
 いや、みなまで言わずとも突っ込みが入るのは判っております。
 53300を作っていたんじゃないかと、この改造じゃこれまで持っていたものとまったく同じではないかと、そんな声が聞こえてきますが、これでも熟考に熟考を重ねた結果なのですよ!
 言い訳は続きを読む、以下でじっくりと聞いて頂きたい。
 
 そんな訳で以下お待ちかね(主に私が)の武器庫の中身紹介戦盤編。戦盤以外の武器は前回前々回に紹介済みなのでそちらをご参照くださいませ。
「きみ、バカじゃろ?」
「ま た せ ん ば ん か」
「もう戦盤いらないだろw」
 と友人が口をそろえる素敵な戦盤達でございます。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:03:27 | Trackback(0) | Comments(2)
一期一会(2)
 どちらかと言うと、野良で遊んでいる時にパーティーが乱入してきたりするとテンションが落ちるタイプです。
 ところが本日一緒に遊んだ方は格上が入ってくると燃えるから嬉しいと語っておられました。
 なるほどそういう部分もあるのかと感心してしまったというお話。
 そう言えば少し前の事になりますが、普通の激突で改造前の武器を使用するのはマナー違反だといった意見を見かけた事があったのを思い出しました。そんなのを全然気にしない人もいれば、気にする人もおられるでしょう。
 またゲームの実力的に足手まといになりがちな人とパーティーを組みたがらない人もいれば、これもまったく気にもしない人もいますね。
 ネタ武器使用を嫌がる人もいればむしろ好んで使う人もいますし……。
 さらにそう言えば、PSOでもパンヤでもPSUでもやっぱり似たようなプレイスタイルの違いで摩擦が起きていた事を思い出しました。
 当たり前ではあるのですが、プレイスタイルも楽しみ方も人それぞれあるものです。

 以下前回に引き続き武器庫の中身、今回は比較的手に入れてから日が浅い武器達でございます。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:05:53 | Trackback(0) | Comments(0)
箱丸劇場
 我が家にある、最も新しい据え置き型ゲーム機と言えば実はプレイステーション2だったりするのです。
 Wiiやプレイステーション3は購入しておりませんし、ゲームキューブは持っていたものの従兄弟に譲渡してしまったので既に無く。
 そんな訳でコンシューマゲームをプレイする時にはプレイステーション2で遊んでいた訳ですが、この度XBox360を購入しました。通称箱丸と呼ばれているんだとか。表記は箱○か……。

 友人Yさんが新型の箱丸を購入したのでお下がりを友人価格で譲り受けた形でございます。
 ちなみにソフトは無し。
 さて折角ハードがある訳ですし、何かしらソフトが欲しいと思うのは当然の人情と言うもの。
 何か面白い物はないかなと考えてみたのですが、実は最近コンシューマゲームの情報を全くと言って良いくらい仕入れていませんでしたのでどんなソフトが発売されているのかさっぱり分かりません。
 ニコニコ動画で有名なアイドルマスターくらいは知っていますが。
 どうやら真三国無双5も発売されているらしく、ちょっと興味がなくもない……。しかし5は評判がイマイチですし、値段が高ければ購入意欲が沸かないってところでしょうかね。

 比較的廉価で面白そうなものがあれば是非プレイしてみようかと思っております。
 このゲームが面白いよ、という情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら是非お知らせ下さいませ。

テーマ:Xbox360 - ジャンル:ゲーム

日記 | 00:01:11 | Trackback(0) | Comments(3)
一期一会
 仲買で良い戦盤を見かけると、つい買ってしまう。
 という訳で先日新しい戦盤を購入して、未だ使用回数を稼いでいる段階にもかかわらず新しい戦盤に手を出したりしてる訳です。
 だって売れてしまったら次何時出てくるか分からないではありませぬか。
 仲買での品揃えは下手をしたら二度と出会えないという事もある訳です。その時に購入しなくて後悔するくらいなら買ってしまった方が良い! というと衝動買いにも説得力があるような気がしませんか。
 武器庫も手狭になってきたのでさらに新しく購入しました。これで武器庫は5個。計20個の武器まで所持する事が可能でございます。とりあえず戦盤を早く鍛えなければ……。

 以下、武器庫の中身の紹介やなんか。今回は戦盤以外の武器の中から古参武器を四点ほど。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:03:44 | Trackback(0) | Comments(0)
当るも八卦当らぬも八卦
 細かいながらも重要な調整が今回のアップデートで行われています。
 武将拠点及び兵糧庫武将の防御力が下がっているそうな。これは堅牢対策なんでしょうかね。
 ともあれ、今作成を目指している新制圧戦盤の完成予定が53300。こちらは改造が枠三回に攻撃上昇が一回になりますね。そして現在使っているのが52300の攻撃上昇二回の破壊基本値改造一回。
 正直迷いが出てきました。現在の戦盤での弱点は言うまでもなく破壊力の乏しさ。とは言え、破壊ボーナス武将に仕えて破壊服飾で補っているのでどうにもならない程は遅くないんですよね……。 
 その弱点を補ったのが53300な訳ですが、攻撃力が25も下がってしまうというのに引っかかりを感じたりも。
 僅か仙箪五個で攻撃力マックスで、しかもかなりの攻撃力の高さというのは魅力的なんですよねえ。武将拠点も速攻では他の武器に負けないですし。
 その武将拠点が柔らかくなったのですから心置きなく53300に出来る反面、対人での攻撃力のダウンがどの程度影響するのか心配な部分もあったりで、右往左往迷っているという訳。
 使用回数も100を越えました。255になるまでにどうするのか決断せねば。

 以下、新春特別特務の話題。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:03:29 | Trackback(0) | Comments(2)
勇猛果敢
 注目のアップデートが実施されました。
 今回一番の期待は何と言っても新武器の羽扇だった訳ですが、さすがにまだまだ情報が少ない状態です。
 仲買に並んでいるものを見た限りでは、スロット位置は非常に使い勝手が良さそうですし、移動力もそれなりと究極強化では対決用として注目されていましたがむしろ制圧で使えそうな印象。
 後は狩り性能やモーション性能がどれくらい優れているかが徐々に分かってくればこの武器の特性も広まりそうですね。
 一応昨日だけで何度か羽扇を使っている人と対決で敵味方共何度か出会いました。
 まあ、まだまだ練りこみ不足ってところですね。完全に萎縮に徹してしまうと前線の人数で負けてしまいますし、前線で戦っていると萎縮の使いどころが難しいですし。
 野良で萎縮を有効に使うのはなかなか難しいかなというのが正直な印象です。

 以下、アップデートと戦盤鍛錬の話。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:03:33 | Trackback(0) | Comments(0)
値千金
「ま た せ ん ば ん か」
 仲買で素晴らしい戦盤を見かけたのでついつい購入してしまいました。
 早速封印を解いて、泉の仙人で使用回数を稼ぎながらギルドメンバーとチャットしていて、新しく戦盤を鍛えているという話をしたところ言われたのが冒頭の台詞。
 しかし今回の戦盤は違うのです! 色んな意味で違うのですよ!
 私が現在使用している制圧用戦盤はこちら。
制圧用最終七七式改造戦盤
 付き合いも長いので何度か当ブログに登場しています。攻撃と防御に特別強化四回とその点は申し分ないのですが、刻印が突/衛。疑いなく戦盤の刻印の組み合わせの中では最も弱い組み合わせでありましょう。
 しかし一番最初に使ったR4の戦盤の刻印の組み合わせもこれで、何となく思い入れがあったりも。
 数日前に53300の戦盤を作ってみようかと考えているという事を書いていたと思います。そんな訳で昨日も何となく仲買で戦盤の品揃えを眺めていたという訳なのですが、そこにそれはそれは素晴らしい戦盤が並んでいたのですよね。
 刻印は陣/突。正直なところC6は使う機会が全くと言って良いくらい無いので何でも良いのです。そして上昇値が素晴らしい。何と驚愕の全項目がプラスの最高値! C1陣は戦盤の刻印の中では最良とも言えるものですし、しかも上昇値が全てプラスとはもう激レアのお宝と言っても過言ではありますまい。
 そんな素晴らしい戦盤がお値段何と軍資金二万五千強。信じられない安価でした。
 もしこれが十万で出ていたとしても迷わず即購入していたと思います。十五万なら購入を真剣に悩んだと思われますね。
 以前四十万の大金を投じて買い間違いをした事もありましたが、今回は逆に拾い物だったなあ、と幸運に感謝しているところです。

 縁あって私の手元に来たからには、大いに働いてもらう事になるでしょう。とりあえずは使用回数を稼ぎつつ改造準備を進めて行きたいと思います。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:03:09 | Trackback(0) | Comments(2)
泡沫夢幻
 先週の重賞の勝ち馬に反応してしまったのは私だけではないはず。
 
 一頭はテイエムプリキュア。馬名の由来はテレビアニメ。何でも馬主のお孫さんだったかな? が好きだったんだとか。
 二歳時に阪神JFを勝利して一躍チャンピオンホースになったものの、その後は活躍出来ずにその存在を忘れられかけていました。
 今回の日経新春杯を最後に引退する予定で、人気もまったくなかったのですが、いきなりの激走で見事優勝。引退白紙撤回か、なんてニュースもありますがこれを有終の美として引退の花道を飾るのも悪くないでしょう。
 どちらにしてもテイエムプリキュアおめでとう!

 そしてもう一頭。
 京成杯を勝ったアーリーロブスト。
 三連勝での重賞勝利によりクラシックに名乗りを上げたってところでしょうか。
 父馬がバブルガムフェローなんですね。そしてこの勝利がバブルガムフェロー産駒の平地重賞初勝利なんだとか。ちょっと意外です。
 バブルガムフェローは三歳の秋に天皇賞に挑戦するという、今ではわりと当たり前に行われている事ですが当時としてはチャレンジを敢行して、見事に勝利した事で記憶に残っています。
 サンデーサイレンス産駒ながらも、荒い気性に悩まされる事の無い素質を感じる馬であったという印象。
 天皇賞では当時の古馬の代表達、サクラローレル、マヤノトップガン、マーベラスサンデーを相手に勝利していますし、その実力はかなりのものですよね。
 種牡馬になった後はなかなか結果が出ず、このまま泡沫の夢の如くとなってしまうのかといったところでしたが、ここで注目馬が出てくるのは嬉しい限り。
 父馬と同じく、乗り易いなんて評価も受けているんだとか。バブルガムフェローは三歳時に天皇賞を勝つだけの実力を秘めていながら、春のクラシックは故障で棒に振っています。
 アーリーロブストは是非無事にクラシックに参戦してほしいものです。

テーマ:競馬 - ジャンル:スポーツ

競馬 | 00:04:32 | Trackback(0) | Comments(0)
忍之一字
 ここ三ヶ月、無双オンラインにつぎ込んだ金額は何と0円だったりします。
 基本無料なので改造や無双コインを使ってアイテムやなんかを購入しないとこんな状態になってしまいますよね。
 プレイ時間が減っていたとは言えそれなりには遊んでいたのですが、新しい武器を作る時間は無く、貴石は七星帯期間以降全種類40個を切った事も無く、期間限定服飾等は軍資金を使って仲買で購入していたのでこのような状態に。
 車騎将軍になった事ですし、一度くらいは鍛錬除去で無双コインを使ってみようかと思わなくもなかったり。リアルマネーにモノを言わせて特別強化つきまくりの武器を作成する。何と心躍ることか。
 ところがいざやってみようと考えるとこれといってやりたい武器がないのだから困った物です。制圧戦盤は既に普通に使って鍛錬しているだけで攻撃防御に四回特別強化が来たものがありますし、対決用もこれといって欲しい武器はないし……。今ちょこっと考えているのは、新しい制圧用戦盤。53300で特別強化つきまくりなんてどうかなと思ったり、思わなかったり。
 まあ結局考えただけで終わる可能性が高いような気もするんですけどね。

 以下、争奪の結果。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:04:26 | Trackback(0) | Comments(0)
尾ひれ背びれ
 小説を読む時にどこから手をつけるのか、というのはあれでなかなかバリエーションがあるんじゃないかと思う。
 最初から読むというのは極めてオーソドックスで恐らく多数派ではなかろうか。
 あとがきを最初に読む。案外多いような気がする。
 イラストのページを最初にチェックだ! ライトノベル好きにはいるかもしれない。
 一番最後のページを最初に読むぜ。ネタバレの可能性が非常に高く素人にはオススメ出来ない諸刃の剣。

 ライトノベルを購入してきました。
 ここ最近何だかんだで読む量が増えていたのですが、どれもこれも電撃文庫のものだったので、他の物にも手を出してみようかと思ったのです。
 そこで友人に何か面白い物はないかと雑談していたところ、出てきたタイトルが「戦闘城塞マスラヲ」なるものでした。
 これを薦めてくれた時の文句が「面白いらしいよ」というもの。
 これが曲者で、伝聞なんですよね、実は。
 本人も実際には読んでいないんだけどどこかのブログだかホームページだかで紹介されていたんだとか。
 一応アマゾンで商品をチェックしたところ最終五巻のところではレビューが全て☆5、なかなかの評価を得ていました。
 全五巻ならば読むのも買うのもそんなに負担にならないので買ってみても良いかなと思っていたところで書店に行って、見事に五巻全部揃っていたので衝動買い。
 面白いと良いなと思いながら、第一巻のあとがきに目を通したのです。
 そこで驚愕。
 何でもこの作品、同じ作者の別シリーズ「お・り・が・み」という作品の続編なんだとか。
 巻末の作者作品をチェックすると七冊も出ている模様。何てこったい……。
 一応前作を知らなくても楽しめるように気を使っている……つもりながら自信がないなんて事が書いてあるものだからますます不安です。
 今更返品する訳にもいかないので、とりあえず覚悟を決めて読んでみようとは思っておりますが、どうなりますことやら。

 いきなりつまずいた「戦闘城塞マスラヲ」ですが、最終的に買って良かったとなるのかはたまたもっと情報収集をしてから購入すれば良かったと後悔するのか。オッズは後者が優勢ってところではないでしょうか。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

日記 | 00:03:48 | Trackback(0) | Comments(2)
新人育成
 夏圏で対決に行きました。
 いつものように二倍無双の撃ち逃げをやっていたところ、あと一発で倒せるところで敵を落としてしまいました。結局その激突は引き分け。ああ、あの時しっかり拾えていれば!
 妖杖で対決に行きました。
 長双刀の二倍真無双を貰ってしまい、ガンガン削られていく我が体力。これはやられたなーと思っていたら、後一発で倒されるところで落ちて生き残ってしまいました。結局その激突は1ポイント差で勝利。素直に喜べない……。

 さて知人が無双オンラインのプレイを開始したみたいです。
 私が始めた時に比べて、無双指南塾があったりするなど若干ながらも初心者に優しい仕様になっているみたいです。
 とは言え軍資金が貯まらない、激突に参加し辛いなんて事も言っていましたので、一度道案内も兼ねて新キャラで一緒に激突に行く事に。
 ソロプレイで制圧の方は一応のルールは理解しているとのこと。
 こちらもランク1の武器を適当に用意していざ出陣。
 開始する前は武器や身分はともかくサブキャラが新参は気が引けるなと思っていたのですが、実際やってみると新規よりもサブキャラの方が多いかなという印象だったりしました。
 中にはもちろん動きからしてこれは新規の人だなーって方もいらっしゃいましたが、マントをつけていたり動きが経験者のそれだったりと、新規の人が相手にするには厳しい相手だろうな、ってところではなかろうか。
 しかしまあ、私自身が開始した時も言っていますが、この手の後発組みの悩みはネットゲームではつきもの。頑張って成長していって欲しいものです。
 ついでに対決にも連れて行ってみました。こちらは制圧以上に相手が手強かったです。たまたまそういう人にあたっただけかもしれませんけれど、適当に用意したR1の武器では一発で倒されてしまうってくらいきっちり対決用鍛錬にしてある武器を持っているみたいでしたね。
 私が開始した時は、校尉くらいまでは最初に貰った武器一本でいって、それでもそれなりには勝ったり負けたり出来ていたような記憶があるのですが、当時よりも厳しくなっているかなあ。でもその分味方にもサブの人がいるでしょうし、勝敗自体は時の運かもしれません。

 明日は争奪。私は仕事ですし、友人も出られるかどうか分からないなんて事をもらしておられました。今回は諸事情により是非参加したかったのですが、さてどうなりますやら。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:03:22 | Trackback(0) | Comments(0)
四方山話
 いつも下らない話ばかりの当ブログですが、本日はいつもにもましてどうでも良い話題ばかり。
 でもたまにはこんな日も良いかな、と思うのです。

 自動販売機型給湯器が当るそうな。
 ムービーを見て誰もが思うはず。これ、明らかに手間が増えてるじゃん……。
 こんな馬鹿馬鹿しいグッズ、間違いなくちょっと使ったら飽きてゴミになるのですが、大好きだったりします。

 ゲームボーイ時代の金字塔、SaGa2秘宝伝説がついにリメイクされるそうな。
 これは久々にリメイクの話題で心が動きましたね。多分、ロマンシングサガのリメイクが決定した時以来ではなかろうか。
 肝心のロマンシングサガのリメイクは正直私好みではなかったのでがっかりした覚えがあります。このSaGa2もどうやら大幅に手が加えられているらしく、見た目からして3Dですね。
 次に気になるのがやっぱり音楽。SaGa2は未だにファンの話題に上ってくるほど音楽の良さが評価されていますし、まさかそのままってことはないでしょうからどんなアレンジが施されるのか楽しみにしたいところ。原作の雰囲気を壊す事なく、さらなるアレンジを加えていただきたいところですね。

 本日は朝から大雪でした。
 そんな中、仕事は車で二時間程度の場所に移動しなくてはいけません。
 朝も早くから起き出して雪の降る中出発。ものの見事に大渋滞。普段は五分でいける道が何と三十分以上かかる有様。
 雪の日の運転は危ないですね、本当。運転するのであれば安全に細心の注意を払いたいところではないでしょうか。

 そんな訳で遠出したので昼はイタリアンレストランで1200円のランチを賞味しました。
 イタリアンというか、地中海料理専門店だそうな。ハーブがふんだんに使われているのが特徴なんだとか。ピザは何故かオリーブオイルとタコ。西洋の人はタコあまり食べないんじゃなかったっけ……。ハーブの類は好みが分かれますねー。ピザもパスタもハーブたっぷりで香りがすごかったです。ちなみに、私の好みではありませんでした。

 とても寒いです。ストーブつけていますが寒いです。そう言えば去年の二月にちょっと体調崩していたような記憶があります。体調には気をつけましょう。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

日記 | 00:01:45 | Trackback(0) | Comments(2)
萎縮実装
 無双オンラインの来週のアップデートは注目の新武器羽扇実装ですね。
http://www.musou-online.jp/announce/090113/01/index.html
 武器そのものよりも究極強化の方に注目がいきがちってのがどうかと思わなくもありませんが、かなり独特かつ強力な効果を持っていますので注目度の高さも頷けるというものではなかろうかと思います。
 その効果は全ての指揮官の無双ゲージが増加しなくなる、というもの。主に対決の無双撃ち逃げの繰り返し対策として有効ではないかと考えられていますね。
 しかし文面を見る限りでは味方にも効果を及ぼしそうなのでそのあたりは連携やなんかを考えないといけなさそうです。以前書いた事がありますが、戦場全体を見渡して、時期を見極めて使うような軍師的な武器になれば面白いかなと思っています。

 以下、注目のアップデート「羽扇」についての話。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:03:41 | Trackback(0) | Comments(0)
塞翁が馬
 内田康夫の浅見光彦シリーズだったかな? どのタイトルの話か忘れましたが、こんな展開がありました。
 いつものように犯人じゃないかと疑われる浅見。しかも今回は一度も行った事のない場所で浅見の指紋付きのグラスが出てきたそうな。これが証拠となって一層疑われる浅見でしたが、過去の実績と血縁のお陰でひとまず疑いは晴れます。
 そこで改めて浅見は身の潔白を主張します。私はあそこに行った事はないのです、と。いやしかし、となおも信じられない刑事に続けて言います。自分はあそこに行っていない事を自分自身知っています。とにかくそれを信じてみてください。そうすると別の疑問が出てくるでしょう。じゃあ何故指紋付きのグラスがそこにあったのか? そういう事です。
 細かい記憶違いはあるでしょうが、こんな感じ。
 疑いを持って見る人には白いものも黒く見えるというお話。

 この連休は本当に久しぶりの友達と一緒に集まって無双オンラインを遊ぶ事が出来ました。
 楽しかったですし、これまた久々に良く勝てたかなという印象。こちらは良い事。
 悪い事はもう失笑レベルのお話で、知った時は本気で機嫌が悪くなったので詳しくは書きませんが、当たり前のプレイ環境で遊んでいる事を知っている自分自身からすると論ずるにも値しないような言いがかりをされているってところです。
 良い気分が台無しですよね、本当。塞翁が馬の故事の如く、これが良い方向に転がってくれると良いのですが。

 妖杖使ってるとかなり感じるのですが、天候が雨になる確率が体感的にかなり上がってる気がします。炎のダメージを修正してはどうかと前に書いた事がありますが、雨だと強力な妖杖が随分と弱体化するイメージです。実際のところ以前に比べて雨の確率が上がっているのかどうかは天(運営)のみぞ知るといったところですが、もし調整しているとすればなかなか面白い調整のしかたをするものです。
 近くには対決視点では随分と注目されている究極強化萎縮も実装予定。さてどんなバランスになってきますやら。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:03:17 | Trackback(0) | Comments(2)
車騎将軍
 と、言う訳でついに義が50000を突破して車騎将軍への出世が可能とあいなりました。
 ブログを確認したところ、軍師将軍になったのが九月八日みたいなので、四ヶ月ぶりの出世と言う事になりますか。記事を読んでみると、衛将軍20000から30000までを一ヶ月で駆け抜けているみたいです。今回は30000から50000が四ヶ月。まあプレイ時間は減りましたし、こんなものではなかろうか。
 問題は難関の車騎将軍昇格試験。丁度車騎将軍の友達がいましたので、攻略やなんかを聞いてしっかりと準備を整えて挑戦して来ました。
 使用した武器はもちろん戦盤。
 制圧用最終七七式改造戦盤

 以下、悪戦苦闘の車騎将軍昇格試験の話。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:01:33 | Trackback(0) | Comments(3)
ゆく年くる年(2)
 年度代表馬、その他各賞の発表が行われました。
 概ね妥当なところだと思うのですが、ダイワスカーレットが無冠というのはちょっと意外でしたね。秋の天皇賞でウオッカと死闘を演じ、ハナ差とは言え敗れたのが影響した模様ですが、有馬記念をも圧倒的な強さで勝った事が鮮烈なだけに無冠は本当に意外なところでした。

 以下、年度代表馬各賞についての感想やなんか。

続きを読む >>

テーマ:競馬 - ジャンル:スポーツ

競馬 | 04:04:50 | Trackback(0) | Comments(0)
雨降って地固まる
 振り返ったときにそんな事もあったな、と苦笑い出来るようなら悪い経験も悪いばかりではないかもしれないというお話。

 さて先日から仲買に出品していた鉄槍が見事に売れてくれました。軍資金に余裕が出来たので何か面白い武器はないものかと探してみたところ、上手い具合に良い妖杖が出品されていました。
 以前から一本あると良いなーと思っていたのですが、なかなか良いものを見つける事が出来ずに結局購入していなかったのですよね。
 後はまあ、やっぱり非常に強力な武器なので誰に遠慮するという訳でもないのですが、敬遠していた部分があったのも事実。
 しかしサポート武器としては極めて優秀な武器ですし、どちらかと言うとそんな戦い方をする方が好きなのでこの機会に購入してしまいました。
 すでに枠が改造してあるので鍛錬は00450にする事に。00540と迷ったのですが、とりあえずはこちらに。印象としては、鉄鞭や妖杖が相手にいた場合は00450の方が良さそう。双戟や風玉持ちが相手にいると00540の方が良いかなーってところ。まだ使い始めたばかりなのでこれから変わってくるかもしれませんが。
 上昇値の改造もどうしたものかと検討中。防御二回にするか、あるいは防御一回体力一回にするか。00450なら防御一回と体力一回の方が良いのかなという気がしますが、まあこれも使用回数を稼ぐ過程でどちらが良いかのんびり考えていく事にしましょう。
 使ってみた感じは、敵に与えるダメージ効率、味方が倒されそうな時のヘルプ等、やはり妖杖がいるのといないのとでは大違いです。妖杖の有無や立ち位置が勝負を決める事もあり、そういう意味ではなかなか面白い武器じゃないかなという感じです。
 ジャンプチャージは非常に強烈ですが、下手にすると味方のコンボの邪魔になったりもするので、そのあたりを気をつけながらとりあえず使ってみようと思います。

 夏圏でのぶっぱで敵を倒すのも良いですが、やっぱりどっちかと言うと戦盤での囮や妖杖の方が好みの戦い方が出来ますね。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:05:59 | Trackback(0) | Comments(0)
出世間近
 通算獲得義が49000を越えてしまいました。
 これが50000に達すると車騎将軍になってしまう訳ですよ。
 本来出世は喜ぶべきところなのですが、例によってあまり嬉しくありません。偏将軍になった時も言いましたし、衛将軍になった時も言っていたような気がしますが、まあこれが性分という奴ではなかろうか。
 野良やなんかだと、やっぱり豪華なマントをつけているとそれなりに期待する訳ですよ。期待もされると思うのですよね。
 そして残念ながら私はまことに残念な程度の実力の持ち主。これは困った! という訳なのですよ。
 ついでに格無双にこれまで以上に参加しづらいのも難点。普段は精鋭で部屋を自分で立てる事が圧倒的に多いのですが、たまに待ち時間無く遊べそうな部屋を見つけたらさくっと乱入したりもしていたのです。さすがに車騎将軍になったら格無双は自重せねばなるまいか……。
 だからと言って義が貯まっているのに出世しないと言うのも心持が良くありませんので、恐らく試験を受けて出世はする事と思われまする。
 車騎将軍の試験はWikiに曰く、落第者続出の難関試験らしいのでさてきちんとクリア出来るか心配ではあります。
 衛将軍も難しい試験と言われながらも確か一発でクリア出来た記憶があるので、クリア出来ないなんてことはないとは思いますが、さてどうなりますことやら。

 この連休はわりと暇なので多分無双をプレイする事になろうかと思いますので、車騎将軍になる日も遠くないに違いありません。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:05:54 | Trackback(0) | Comments(0)
温故知新(8)
 さて月に一度の恒例行事、過去記事の振り返りでございます。
 今回は2008年4月の振り返り。
 ざっと目を通してみますと、とにかく無双に関する記事が多い月ですね。
 無双オンラインではなく、真三国無双4に関する記事の方が多いですが、それでも今現在メインネトゲとなっている無双オンラインのプレイ日記が初めて姿を見せたのもこの月になっております。

 それでは以下、2008年4月の記事の振り返り。

続きを読む >>

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

日記 | 00:04:10 | Trackback(0) | Comments(0)
三国無双オンラインプレイ者に50の質問
 PSUの時からそうだったのですが、同じゲームをやっている他所様のブログを読むのもなかなかに面白いものです。
 ここ最近も無双オンラインを取り扱っているブログを訪問してたりするのですが、訪問中に50の質問を発見しました。
 この手の質問はこれまでにも他のジャンルで何度かやっていますが、無双オンラインのものは見かけた事がなかったので、これは是非やらねばという事で拝借してきました。
 質問は『戦さ人~魏国残念将軍物語~』様より拝借してまいりました。

 それでは以下、『真・三國無双Onlineプレイ中の猛者へ50の質問(?)』

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:01:22 | Trackback(0) | Comments(0)
弱肉強食
  無双オンラインでは今年初のメンテナンスが行われ、お年玉キャンペーンなるものが行われている模様です。
 http://www.musou-online.jp/announce/090106/01/index.html
 極真空書の販売と、仲買手数料の軽減。
 極真空書はまあそれ程魅力的ではありませんが、仲買手数料はわりと嬉しいところ。
 直接的に嬉しいのはやっぱり買う側の方でしょうか。売り手が同じ値段で出したとしたら、安く買える訳ですし。逆に売り手は同じ収入でも安く売れる分売れ易いでしょうし、この機会に売りたいものは売ってしまいたいところ。
 高価なもの程この効果は高いですし、良い武器が出品されるかもしれません。私の鉄槍も昨日と同じ値段で出していても、実売価格は下がっているので売れやすくなっているはず。是非売れて欲しいところですね。

 以下、未強化粘着についてちょっと思うところを。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:04:51 | Trackback(0) | Comments(0)
名言とか名場面とか(24)
 自分の思い通りにならない事を、自分以外の何かのせいにしてしまえる現実があるのだとしたら、それはとても不幸な事ではなかろうか。
 身近で些細な事から、インターネットやゲーム内の事、そんな事よりももっと大きな社会の事生活の事。
 それらが自分にとって思い通りにならない。
 自分が変われば世界が変わる。そんな言葉が奇麗事にしか聞こえないような状態。

 思い通りにならない現実を自分以外の何かのせいにしてしまえる現実。
 それはとてもとても不幸で、けれども浸り続けていたくなる甘美さを備えていると思う。

続きを読む >>

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

名言とか名場面とか | 00:05:55 | Trackback(0) | Comments(0)
盛者必衰
 圧巻の有馬記念の後も競馬は動いています。
 先ずは年末、芝競馬の締めくくりが有馬記念だとしたらこちらはダートの締めくくりである東京大賞典。
 見事にカネヒキリが優勝しています。ジャパンカップダートで彗星の如く復活を遂げたと思っていたら、その勝利がフロックではないことをしっかりと証明してくれました。怪我で戦線離脱を余儀なくされた馬だけに、こうして復活してきての活躍は本当に嬉しいものです。現役最強と思われたヴァーミリアンをきっちり完封しての勝利ですし、完全に復権といったところではないでしょうか。
 
 年末の大きなニュースのひとつが、サンデーサイレンスのリーディング陥落ではなかろうか。
 日本競馬の血統図を塗り替えたと言っても過言ではないサンデーサイレンス。まさに一時代を築いた存在だった訳ですが、ついにリーディングの座を降りる事になりました。
 とは言え、サンデーサイレンスが生者のうちは誰も太刀打ちできなかったという意味では、まさに巨魁と言えるでしょうね。本当にとんでもない存在だった。
 あまりにも強すぎるサンデーサイレンス産駒の大暴れが競馬をつまらなくした、というオールドファンもいます。私自身、サンデー血統の馬よりもそうじゃない馬の方を好む傾向にはありますが、それでもサンデーサイレンスの遺したものは偉大な足跡であったと思わざるをえません。大きな大きな足跡はこれからの競馬を語る上でも避けては通れないでしょうね。
 そしてそのサンデーの牙城を崩したのは、やはりサンデー血統から生まれた後継者アグネスタキオンでした。
 ダイワスカーレットの活躍は言うに及ばず、ダービー馬ディープスカイ等の活躍は記憶に残っているところなのではないでしょうか。
 見逃せないのが二歳馬のリーディングを獲得した種牡馬、キングカメハメハ。
 こちらはサンデーサイレンス血統では無く、そのサンデー血統の牝馬を受け皿としてブレイクしそうな勢い。
 サンデーサイレンスが登場する前は、ノーザンダンサーの血を引くノーザンテーストがリーディングを獲得していた時代でした。そのノーザン血統の牝馬を受け皿にしてブレイクしたサンデーサイレンス。果たしてキングカメハメハも大ブレイクなるのか、今後の産駒の活躍に注目です。
 アグネスタキオンだけに活躍させてはなるものかと、同じサンデー産駒であるフジキセキがリーディング二位、ダンスインザダークが三位に入っています。そして先の話ではありますがディープインパクトの参戦もあり、まだまだ後継者争いは続きそうです。

 やはり競馬の魅力を語る上で血統は避けては通れないもの。来年……もう今年ですか、どんな血統から物語が紡がれるのか、楽しみですよね。

テーマ:競馬 - ジャンル:スポーツ

競馬 | 00:01:53 | Trackback(0) | Comments(0)
制圧三昧
 野良で部屋を立てて待っていると、入った来た人が「すいません抜けます」なんて事を言って出て行ってしまうのが良くあるのは、私が戦盤を使っているからに違いない、と思うのは被害妄想という奴であろうか。
 そんな事はさておき、最近は対決部屋の賑わいがすごいです。人数も制圧をやっている人の倍くらいいるんじゃないかってくらいの差がありますよね。
 対決が面白いというのもあるんだとは思いますが、やはり制圧では勝ち辛いってのが原因のひとつにあるんではなかろうか。今でこそ格無双や熟練で同じレベルの人と遊びやすいですが、私が将軍になったばかりの頃はいきなり精鋭に放り込まれ、すさまじいレベルの差を感じたものです。
 しかし対決なら勝てないまでもそれなりに戦えたので、将軍以降かなりの長期間対決オンリーで過ごしたものでした。
 しかしまあ、何事も諦めずにやっていれば少しずつでも上手になっていくもの、今では野良オンリーでも六割七割くらいは勝てるようになってきました。是非制圧も盛り上がって欲しいところです。そう言えば野良制圧のポイントを以前に書いた事がありますね。仕様変更もあってもう役に立たないかも……。
 兵糧庫の仕様変更や堅牢の導入がどうも制圧離れを加速させているような気がしなくもありません。何とかならないものか。

 以下、制圧三昧の無双オンラインプレイ日記。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 02:41:33 | Trackback(0) | Comments(2)
御節料理
 おせち料理です。
 本来は大晦日に食べる年迎えの料理だったらしく、さらに元はと言えば正月用の保存食的な意味合いもあったらしいですが、最近はめでたい席で食べるに相応しい豪華な料理が多いですよね。
 しかし伝統的なものでは、マメに生きられるようにと黒豆があったり、子宝に恵まれるようにと数の子があったり、豊作を祈っての田作り、よろこぶ昆布巻き、見通しの明るいレンコン、長寿祈願の海老。どれもこれも非常におめでたい料理が揃っているものが多く、由来を考えながら食べるのもまた楽しいものです。
 元旦の日記にも書きましたが、今年は御節料理を注文したみたいです。
 スーパーマーケットやホテル、コンビニやなんかでも御節料理の注文受付は毎年のようにお約束で行われていますが、今年注文したところは近所でこじんまりとした食堂というか喫茶店をやっているところ。
 普通の場所ではお重もついてくるものですが、そこでは自分の家のお重を持って行って、それに詰めてもらうタイプだったりするのです。
 値段はそれで12000円。御節料理セットの値段としてはかなり安い方ではなかろうかと思います。
 しかし前述したような定番アイテムはきっちり揃いつつ、肉料理等もふんだんに入っているので内容的にはかなり満足感がありましたね。
 そして味。
 御節料理を注文するのはこれが初という訳ではありません。
 以前は二万円くらいするものを注文した事もあるのですが、その時の感想は「不味くはないけれど、御節料理ってこんなものだよね」ってところだったのです。
 ところが今回は違いました。
 どれもこれもが本当に手作りの味がするんですよ!
 母親に「これ自分が作ったんじゃないよね?」と確認するくらい普通の家庭の味。
 これって文章で表現するのが難しいんですよね。よそ行きの豪華な味と、家庭の味。どちらも美味しいのですが、食べ飽きないのは家庭の味と言いますか。
 伊達巻やら煮しめあたりはかなりその傾向が強く出る料理じゃないかと思うのですよ。
 だからこう、料理の感想が非常に難しい。
 こってりとしていてそれでいてしつこくなく……。なんて感想が何処からも出てこない。気付いたら美味しい美味しいとかなりの量を食べてしまいました。
 よそに注文した家庭の言葉ではないかもしれませんが、最近はすっかりよそ行きの味になってしまった御節料理ですが、それぞれの家庭の味を感じられる御節料理というのも良いのかもしれません。
 そんな話をしたところ、これだけのものを自分で作ったら絶対12000円以上するし、何より手間隙がすごいかかる。と言われてしまいました。
 いやはや、家庭の味というのも大変なものです。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

日記 | 00:03:24 | Trackback(0) | Comments(2)
武器売買
 さて年が変わっても相変わらず無双オンラインです。
 暫くプレイ頻度がめっきり落ちていた対決ですが、ギルドへの加入をきっかけに再び遊ぶ機会が増えてきました。
 どうやら私が所属するギルドが対決好きになるのは最早運命に違いない。
 以前からずっと使っている対決用戦盤、これは旧ギルドでは十全に力を発揮できていたのですが、最近は使用していなかったのもあってイマイチ冴えない感じだったのです。
 何か他に武器はないものかと主に無双ぶっ放し武器を探していたのです。具体的には鉄鞭、双戟あたり。しかしこれらの武器は必要仙箪数が多いのが難点だなんて思いながら仲買を覗いていたところ、改造済みの対決用武器があったのでそれを購入。
 消費した軍資金の穴埋めに、まったく使っていなかった朴刀をついに売却してしまいました。

 以下、対決用新武器の使い心地。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:04:51 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。