■プロフィール

くりふじ

Author:くりふじ
禍福はあざなえる縄の如し。
良い事ばかりも続かなければ。
悪い事ばかりも続かない。
そんな毎日。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■ブログ内検索

■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
電撃作戦
 春の1200メートルスプリントG1、高松宮記念が開催されました。
 今回は電撃戦の女王ことスリープレスナイトに注目が集まっていましたね。
 故障の休み明けだというのにこれだけの人気になるという事は、それだけ誰もが認める実力を持っているという事。
 レースでも期待通りの走りを見せて、一瞬は勝ったかと思わせました。
 しかし一度は差されたローレルゲレイロがもう一度伸びて女王を倒してしまうのだから競馬は最後まで分かりません。

 ローレルゲレイロ。三番人気ですから注目度は決して低くはありませんでした。
 やはり何と言っても注目はその血統。
 父がキングヘイローなんですよね。
 キングヘイローは98年クラシック世代。98年クラシック世代と言えば、今でもファンが多数いる超有名な世代。スぺシャルウィーク、セイウンスカイ、エルコンドルパサー、そしてグラスワンダーといった有望株がひしめく世代です。
 後者二頭は外国産馬の為当時はクラシック出走権がなく、スペシャルウィークとセイウンスカイの二頭に並んで強者と目されていたのがキングヘイローでしたね。
 クラシックでは今一歩勝ちきれなかったキングヘイローも年が明けてからは重賞を連勝。これはG1勝利も近いと思われていたところからさらに足踏み。
 強い筈なのになかなか勝てないといった苦しみの中からついに勝利を収めたのがこの高松宮記念でした。
 キングヘイローの仔が高松宮記念を勝つ。
 これも競馬のドラマですねえ。

 また、海外遠征でドバイに挑戦したウオッカは見せ場を作れず敗北。
 今年こそは! と思わせるものがありましたが残念な結果に終わってしまいました。
 ライバルダイワスカーレットが急遽引退してしまった今、ウオッカにかかる期待はかなり大きいものがあります。無事に帰国して、再び競馬を盛り上げていって欲しいですよね。

スポンサーサイト

テーマ:競馬 - ジャンル:スポーツ

競馬 | 00:04:56 | Trackback(0) | Comments(2)
対決演習
 週末のお楽しみの乱戦ですが、大人気に応えて開催数が増えた模様です。
 開催が三十分刻みだったのが十五分刻みになり、一回毎の開催数は減少したものの、トータル開催数は増加ってところでしょうかね。
 それでも乱戦は大人気。すぐに予約をいれておかないとあっさり埋まってしまいます。
 そんな訳で昨日は四戦ほど参加する事が出来ました。精鋭武名B以上が一回と、格無双が三回という感じで参加して三勝一敗。なかなかの戦績でした。
 そろそろ参加者にも乱戦のルールが浸透してきましたね。やっぱり拠点の確保が最終的には大切。兵糧庫の火薬は確かに大切なのですが、それにこだわりすぎると拠点で負けてしまいがち。
 特にこの乱戦マップは広いのであちこち駆け回るよりは一箇所の拠点をいかに維持し続けるか、取られたらすぐに取り返せるか。これでかなり差が出てくる感じ。
 私は所有武器と味方のバランスを見ながらですが、敵兵糧庫を攻める事が多いです。こちらの攻め手が私一人ですとか二人程度のところに防衛が四人とかついていたりすると、確かに火薬箱を壊すのは至難になりますが、その場合は大抵拠点で勝ててしまいますね。大人数で火薬箱は守っても結局負けてしまうなんてパターンも多くありますし、駆け引きが本当に熱い!
 始まる前は大人数の対戦って大味になるかと思っていましたが、その十二人ですら何処にどう配置するか悩まされる程。良いバランスです。

 以下、対決演習大会の話。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:01:40 | Trackback(0) | Comments(2)
アリとキリギリス
 プレイする度に「ここはもっとこうした方が良いかもしれない」と思わせる魅力のある乱戦。
 昨日も昨日とて何戦か参加してきました。
 昨日は精鋭武名B以上のクラスで初の勝利を飾る事が出来たりと、なかなかに良い感じでしたね。
 兵糧庫を攻めての火薬箱攻略も大事ですが、全部壊しても大体五割強くらいのダメージなんですよね。
 最終的には拠点をしっかり確保する事でダメージを与えなければならないので、広いマップの拠点確保がいかに大切かが判ります。
 兵糧庫も速攻をかけるのではなく、あえて最初は拠点重視で防衛役を役割的な意味で殺すというのも良いんじゃないでしょうか。
 拠点確保が大事なので、移動力よりも攻撃力や耐久力が大切な事も多く、対決用武器での兵長拠点、兵士拠点の取り合いが熱いですね。
 いやいや、どの役割も本当に面白い。欲を言えば、もっと遊びたいですねえ。昨日は21:00のに参加して戻ってくると、既に22:00まで予約が一杯でした。うーむ、残念無念。

 以下、新シナリオ開始以降報酬が変更されていた特務について。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:03:23 | Trackback(0) | Comments(0)
Stay hungry Stay foolish
 ここ最近動画の紹介が何度かありましたが、今回も動画紹介。
 普段はゲーム動画やなんかを中心に観ていますが、たまにはそうでないものを観るのも楽しいものです。
 CMの時と同じく、ランキングに載っているのが目に付いたので視聴してみました。
 なるほどなかなかに良い事を言うなと思ったものです。


 ニコニコ動画の魅力のひとつがコメントではありますが、このスピーチに関してはコメントが無い方が良いかもしれませんね。まあ、そのあたりはお好みで。
 
 私は基本的に、言葉と言うのは誰が言ったかではなく、何を言ったかを重視しております。
 哲学者の愚言もあれば、凡人の金言もあることでしょう。
 言葉の中から何を感じ、何を考え、どう自分に反映するのか。こういうスピーチを観ると、そんな事を考えてしまいますね。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

日記 | 00:04:08 | Trackback(0) | Comments(4)
大胆不敵
 それにしても、結構な数四文字熟語をタイトルに使っていますが、それでもまだまだタイトルに使えるのはあるものですね。
 四文字熟語に限らず、漢字四文字なら何でも良いやという雰囲気ではありますけど。

 さて普段パーティーを組んでいるメンバーの一人が諸事情によりログイン率が落ちているので、それに伴って四人パーティーを組む機会が減りました。
 ここ二、三日は二人ないしは三人程度で組んでいる訳ですが、そこでメンバーの一人が「パーティーに挑みたい」なる事を言い出しました。
 なるほどいわゆる「俺より強い奴に会いに行く!!」という奴ですね。
 0:4で待っている部屋を探しては突入。部屋がなければ少し待って0:4部屋が立った直後に突入という徹底っぷり。
 さすが相手はパーティーだけあって非常に手強いですね。妖杖・双戟・風・ぶっぱ。そんな組み合わせも日常茶飯事です。
 当然勝率は落ちますが、あえて厳しい環境で戦う事で成長を促すと言うスパルタ教育だったんだよ!!
 という意図があるのかどうかはさておき、野良で待っていてパーティーが乱入して来て挙句上記のような厳しい組み合わせだとテンションが落ちますが、こっちからわざわざ挑んで行くとテンションが上がるから不思議。
 そんな中、蛮拳の使用回数がついに255回に到達。
 40332や40323の蛮拳も考えましたが、折角の攻撃力の高いノーマル攻撃を捨てきれず結局50321のままにしようかと考えております。
 ここ最近蛮拳をメインに使っていましたし、戦盤もしっかり使わねば腕がさび付きそうです。

 さて今週も争奪はお休みらしいので、楽しみにしている乱戦が実施されるみたいです。
 対決武器での防衛、仕事人武器での火薬箱攻略、制圧武器での拠点確保。どれも面白そうでどれもやってみたいと思わせられるだけにしっかり参加したいと思っております。週末が楽しみなところです。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:02:38 | Trackback(0) | Comments(0)
最速記録
 昨日のメンテで新しいマントが貰える期間限定特務が実装されています。
 貰えるのはレッドクリフ2の前売り券購入特典マントの色違いバージョン。なかなか見た目は良さそうです。
 性能も移動力ジャンプ力も含めてオール+1とそこそこの性能。デザインが好きな人はつけても良いんじゃないでしょうか。
 何と言うか、ペラペラしてて私は好みではありませんでした。
 さて今回のこの特務もタイムアタック要素があり、序列が表示されるみたいです。
 ところがいつぞやの赤壁特務の時と同じく今回もランダム要素が非常に強いんですよね。特務にランダム要素があるのは面白いですしアリだと思うのですが、タイムアタック序列を行うものでランダム要素を入れるのはどうかとは思うのですが。
 まあ、どちらにしても序列に乗る事に興味が無いので最低限Sランククリアが出来れば良いってところではありますか。

 以下、通常特務タイムアタックの話。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:02:34 | Trackback(0) | Comments(0)
千両役者
 スポーツ観戦、嫌いではないのですが必死になって応援してひいきのチームが負けたりすると疲労感がすごいんですよね。
 さすがの私も今回のWBC決勝戦だけはかなり注目していました。
 友人知人との会話でWBCが話題になる事も多く、感心の高さがうかがえます。

 さてそんな決勝戦。
 もう殆どの人はご存知の通り、見事日本が韓国を破り二連覇を成し遂げました。
 試合は一進一退の熱戦。
 後半一気に突き放すかと思わせた七回、八回の攻撃が尻すぼみで一点止まり。そしてフォアボールからの失点で同点にされた時はこれはまずいかと本当にハラハラしました。
 正直これは流れが韓国かなと思っていたのですが、延長突入直後の十回、見事なドラマが待っていましたね。
 今大会は不振にあえいでいたイチロー選手のひと振りが二点タイムリーとなって日本に勝利をもたらせてくれました。
 しかし、正直あの場面でイチロー選手と勝負してくるとは思いませんでしたね。セオリーでは敬遠でしょうが、意地でもイチローを倒して勝つという意志のようなものを感じました。結果はイチロー選手の勝利でしたけども。
 
 予選を通じてこの大会五度目の対戦で、決勝戦をのぞけば二勝二敗と韓国とはまったくの互角。どちらが勝つか予想がつきませんでしたが、この決勝戦に限って言えば、打撃力も投手力も日本が上回った感じでしょうか。
 韓国は五輪で金メダルを獲得していますし、アジアの野球レベルの高さが改めて証明された形にはなりましたが、折角多くの国が参加した大会なのでもっと様々なカードの組み合わせも見てみたかったというのも正直な感想。
 さすがに五戦は多すぎな気がしますよね。
 そのあたり、次の大会では少しでも改善してくれると良いと思います。

 ともあれ、日本選手関係者の皆様、お疲れ様でした、おめでとう、そしてありがとう!

テーマ:WBC - ジャンル:スポーツ

日記 | 00:04:30 | Trackback(0) | Comments(3)
拍手喝采
 先日の日記でテレビCMについてふれました。
 テレビを観ていて思うのですが、CMってここぞ! というところで入るんですよね。
「この後とんでもない展開が!!」
「そこには衝撃の光景が!!」
 確かにヒキは大切ですし、いわゆるチャンネルはそのままで! とそんな感じでCMを観て欲しいのは分かるのですが、それにしてもあの手のCMの入り方はストレスがたまると思うんですよね。
 六十分番組ですと、何故か終盤にCMが集中してたりとそんな印象。
 
 そんな訳でヒキとタメが激しすぎて良いイメージの無いクイズミリオネアです。
 と言うか、殆どマトモに観た事がありませぬ。
 食事中に家族が観てるのを眺めるくらいなのですが、それでも悪い印象だったりします。
 日本発の番組らしいのですが、海外でもそのアイデアを使ったクイズ番組があるんだとか。

 アメリカのWho Wants to Be a Millionaire?で14問目までライフラインを一切使わず正解し、賞金100万ドル(約1億円)をかけた最後の問題。挑戦者のジョン・カーペンターの行動に会場は拍手喝采となった。

 スカッとしますよね。
 本当に、思わず拍手喝采をおくりたくなるような格好良さとはこの事です。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

日記 | 00:05:00 | Trackback(0) | Comments(2)
木端微塵
 乱戦が実に面白いです。
 全員がてんでバラバラに戦ってしまうとやっぱり勝てませんし、戦前にきっちり作戦を立てて役割分担が出来た時には最高に楽しいですよね。
 まだまだセオリーが固まってはいませんが、兵糧庫防衛三人・拠点確保四人~五人・火薬箱攻略三人~四人・堅牢役一人。とそんな感じの構成が良さそうです。対決武器を持って兵糧庫防衛をやりたがる人も多いですが、防衛に成功してもきちんと拠点確保していないとじりじりと負けてしまうような感じ。
 火薬箱を先に攻略出来れば攻略班が拠点にまわれますし、やはり防衛と攻撃のバランスは大切です。
 防衛も色々と考えられます。双戟の破竹無双、戦斧の破竹雷玉、燕扇や双鞭の風玉、そして妖杖といったところが多いでしょうか。奮発して真乱舞書の幻杖で防衛している人もいましたが、実に良さそうですよね。
 真乱舞書を警戒して龍神鱗をつけるという手もあります。乱戦の戦闘時間や人数を考えたらひとりくらいはつけていても問題なさそう。その分雷玉の威力がアップするので下手をすると諸刃の剣です。
 いやあ、こうやって色々考えるのも楽しいものです。
 そうそう、昨日のプレイ日記で間違いを書いていたみたいです。拠点維持による兵糧ゲージへのダメージは一定時間毎で、拠点を確保していた時間によってダメージが違うみたいな事を書きましたが、拠点を維持しているとダメージゲージが貯まっていって、それが一杯になったらダメージが一定量入るとの事でした。勘違い、勘違い。

 私はと言うと、初日兵糧庫に突入してあまりの火薬箱の硬さに絶望したので気合をいれて火薬箱攻略用の武器を作成してみました。
 仕事人鉄槍
 友人曰く、仕事人鉄槍。
 火薬箱を壊した後は高楼拠点があればそこに走り、なければ自軍拠点の防衛ってところでしょうか。
 堅牢されていても粉砕を使えばそんなに労せずして火薬箱を壊す事が可能。
 気分は破壊王!

 さてその乱戦ですが、争奪の無い週の週末にしかプレイ出来ない上、今のところ大人気につき部屋数が足りていない状態です。
 激突過疎との兼ね合いもあるんでしょうが、もっとプレイしたいと思わせるだけの楽しさはありますね。
 腹八分目に医者要らず。もっと遊びたい! くらいが丁度良いのかも知れません。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:05:42 | Trackback(0) | Comments(0)
乱戦実施
 さあ神将乱舞アップデートの目玉とも言える「乱戦」がついに実施されました。
 具体的には争奪が行われない週の金・土・日曜日に行われるみたいですね。
 参加も通常の激突とは異なり、参加予約受付という形で行われます。何と言っても12人対12人ですし、開始同時に参加受付では混雑もありそうなのでこのシステムは良い感じ。
 ただ、一度予約してしまうとその後は乱戦が終わるまでパーティーに参加することが出来なくなりますのでその点は注意が必要でしょうか。
 参加者が多くて一時間後の予約なんて事もありましたし、友達同士で参加する場合はしっかりパーティーを組んでから予約しておいた方が良さそうです。

 そして肝心の中身ですが、いやなかなか面白かったです。
 十二人と人数が多いものの、しっかりと役割分担が必要なのは実に良い感じ。
 戦闘の目的は敵の兵糧ゲージをゼロにする事。
 兵糧ゲージにダメージを与える方法は大きく分けてふたつあり、ひとつは敵兵糧庫においてあるよっつの火計箱を壊す事。
 これは非常にダメージが大きく効果的なのですが、耐久力がものすごく高いので破壊力がある武器が必須です。また、相手も破壊されまいとしっかり防衛してきます。兵糧庫内での戦いの不利さは誰もが知っている通り。いかにして相手の防御をかいくぐりながら火計を発動させるかがカギ。
 では大量の人数で一度の速攻をかければ良いのかというと、そうでもありません。それがもうひとつの兵糧ゲージへのダメージである、拠点確保。
 大体戦闘時間二分毎にお互いの兵糧ゲージにダメージが入ります。ひとつひとつのダメージは火計を発動させるよりも小さいものの、このダメージはどうやらその時点で確保している拠点の数に応じて増減するみたいなので、兵糧庫特攻や防衛に専念して拠点を放置していると、徐々に拠点ダメージがのしかかってくる訳ですね。
 またこの拠点ダメージ、例えば相手から奪取した直後の拠点と、自軍拠点にして暫く経った拠点では後者の方がやはりダメージが大きいのです。拠点を確保して、しかも相手に取られないようにする。これで相手よりも優位に立てるのです。
 
 このように、火計発動攻め役、兵糧庫防衛役、拠点確保役、そして効果が大きい堅牢役とバランス良い配置が良さそうなのですよね。
 当然、占拠や対人など幅広いスキルが要求されますので、対決や制圧どちらが好きな人も活躍出来る。
 いやいや、大規模戦闘という事で心配していましたが、なかなか良く考えて作られていると感心してしまいました。
 攻撃力や防御力がアップする「方針」なんてものもあり、いまだ誰もが試行錯誤。
 本日も実施される乱戦、是非参加したいと思います。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:01:20 | Trackback(0) | Comments(1)
闘技大会
 実装直後から急激な過疎化により、少なくとも通常の激突としてはまったく機能していなかった闘技ですが、神将乱舞拡張記念イベントのひとつに闘技大会なるものがあるみたいです。
 http://www.musou-online.jp/announce/090319/01/index.html
 何か気になるコメントがついているではありませぬか。
”戦盤を極めし者”あらわる! 春の闘技大会。
 シルエットで隠された謎の人物! これがきっと戦盤を極めし者なのでしょう。いやあ、どんな人物なのか気になりますねハハハ……。
 まあそれはともかく、過疎のコンテンツの活性化を図るのは悪くありませんが、イベントの時だけしか賑わわないでは意味がありません。何かもっとプレイしたくなるような要素が欲しいところですよね。

 さてこれを書いている時点ではまだ予約受付も始まっていないみたいですが、ついに新要素「乱戦」が実施されますね。
 試技官の偵察任務でチェックしてみたところ、マップはかなり広いですし、他の激突にはない「作戦」という要素もあります。
 実際に体験してみないと分からない事は多いですがやっぱり楽しみですね。
 ざっと見たところ格や参加条件も結構細かく分けられていて実に良い感じ。最初の実施ですし、きっと賑わう事でしょう。是非参加したいと思っております。
 明日にはきっとやってみた感想をプレイ日記に書くことになりそう。
 面白かった、良かったという感想が出れば最高ですよね。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:03:40 | Trackback(0) | Comments(0)
形勢逆転
 どうやら混雑もある程度解消された感のある無双オンライン。初日こそかなり混雑しましたがその後は比較的スムーズにダウンロードもログインも出来るようになったそうな。
 正直、PSUの初日やそのあたりを体験した身にとってはこの程度で済んで良かったと思ってしまう不思議。まあ、こちらはパッケージ販売も無ければ基本無料ですしね。
 シナリオ移行で思わぬ脚光を浴びたのが私のR3長双刀。
 前将軍までの昇進試験のお供として友人達に引っ張りだこの大人気でした。五人もの昇進試験を手助けした持ち主孝行の武器になってくれましたね。

 以下、実装二日で色々と体験してみた新要素についての話。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:04:28 | Trackback(0) | Comments(0)
地産地消
 昼食で1600円というのはかなりの奮発だと思いますよね?
 しかもそれがバイキングスタイルのお店だったりすると、かなり金額的には割高感を感じる。
 それでも結構口の端にのるお店はあるものでして。
 美味しかったという人と、やっぱり値段がちょっと高いという人と評価が二分している感じだったので以前から行ってみたいと思ってはいたのですが、やっぱり値段がちょっと高いという事でこれまで行けずじまい。
 しかしオープン一周年で再び話題になっていたのと、友人が一緒に行く気になったというので、思い切って食べてきました。

 そんな訳で以下、1600円の地産地消バイキングスタイルレストランの話。

続きを読む >>

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

日記 | 00:01:45 | Trackback(0) | Comments(0)
転ばぬ先の杖
 タイトルも変更になり、新生真・三國無双 Online・神将乱舞がついにスタートいたしました。
 アップデートのダウンロードが混んでいるらしく、ログインがスムーズにいっていないみたいですね。私は前日に更新されていたクライアントをインストールし直していたのでスムーズにログインする事が出来ました。
 とりあえず昇進試験を受けて新要素をチェックしてとそんな感じでしょうか。
 期待の新マントはなかなか新鮮味があって良いですね。

 新要素も楽しみにしていたのと同じくらいどうなるか注目していた既存武器の調整は一切無し。対決では妖杖がこれまでどおり跋扈しそうですし、制圧では大斧や堅牢がこれまで通り威力を発揮しそう。前回の大きなアップデート、列伝の時も既存武器には手を加えられていませんでしたから、既存武器のバランスはこれがベターと言う事でそれ以外の部分の調整に力を入れていくのかもしれませんね。

 さて新要素ですが、副将関係にかなり力が入っている模様。
 副将専用の新アイテムやなんかも実装されていますし、プレイヤーの任意で副将の無双ゲージを溜められるようになったので副将スキルの使いやすさもアップ。硬い武器の符水に特攻がついたら非常に倒しづらくなりますね。その分、属性玉を使うプレイヤーは効果アップのスキルをつける事が出来ますが、一回撤退したら消えてしまうと言う性質上、前者の方が効果の恩恵が大きそうです。
 とりあえず、これまで仲が良かった副将が軒並みツンツン状態に戻ってしまいました。
 レベルはすぐに上がりますが、親密度はなかなかアップしていない模様。自然に上がっていくものならのんびりと上げていきますが、やはり先ずは副将スキル優先でしょうか。

 アイテム合成、染色や仕立て関係はまだ情報が少ないので何とも。ただ、課金家具である錬成機・改は非常に高価でした。何と無双コイン400! 合成やなんかに必要な錬丹もバンバン手に入るという性質のものでもなさそうなので気軽にスキルアップとはいかなさそう、と言うのが今現在の印象でしょうか。

 まだログイン出来ていない人も多そうですし、今後の情報に注目したいと思います。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:01:54 | Trackback(0) | Comments(2)
乱世終結(2)
 注意! 転生の仕様が変更されます。
 http://www.musou-online.jp/info/2009/03/16/210000.html

 友人のうち何人かが、もしかしたら最初に本命以外の勢力に所属してマントを入手して、その後本命勢力に転生し直すかもしれないという話をしていたので一応の注意を。
 義も身分も下がらないのでマントは一度きりしか入手できない上に、義が201以上のキャラクターは自由気ままに転生出来なくなるみたいです。詳しくはリンク先をお読み下さいませ。

 最終決戦が終了して拡張アップデートの為のメンテナンスに突入したのもつかの間、新要素の発表が一気に行われましたね。
 道具棚は一瞬見て、おおついにアイテムを九個以上持てるように!? と期待したのですが増えるのは所持できる道具の種類。練成や染色、仕立てでアイテムが増えるのでってところでしょうか。様子を見つつ私もひとつくらいは購入する事になるかも。出来れば所持限界数が増えて欲しかったなあ。
 染色や仕立ても面白そう。アイテムの練成は様子を見て、普通に購入するよりも効率よく生産出来るなら考えるって程度かな?
 しかしこうも家具が増えると現在の部屋の広さでは足りなくなりそう。部屋の増築も視野に入れないとダメかもしれませんね。
 これだけ楽しみな要素が多いとお金をつぎ込んでも良いかなと思わせるものはあります。最後に無双コインを購入したのは制圧戦盤・陣の特別強化を狙った時なのでもう二ヶ月近く前になりますか。
 二月はまったくお金をかけずに遊ぶ事が出来ましたし、今回は使ってみても良いかなと思っています。
 こうやって使う金額を自分である程度コントロール出来るのはアイテム課金制の良いところですよね。

 以下、シナリオ「官渡の戦い」戦績振り返り。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:04:08 | Trackback(0) | Comments(0)
乱世終結
 二日連続という争奪を経て、シナリオ「官渡の戦い」が遂に終了しました。
 結果は、まあ大方の予想に違わず名族袁紹軍の圧勝といった感じでしたね。
 私も二日連続で争奪に参加しましたが、土曜日は成績がなかなか良かったものの、日曜日の袁紹軍を相手にした争奪ではかなりの負け越し。まだまだ修行が足りません。
 さて私としては今回で二度目のシナリオ終結となりました。
 前回のエンディングはこちら
 今回も戦績と武将とのエンディングが流れましたが、本日は所属武将曹丕のエンディングの方にふれてみたいと思います。
 戦績はキーボードを叩くのが長くなりそうなので、明日という事でひとつ。

 では、以下曹丕様のエンディング。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 01:20:19 | Trackback(0) | Comments(2)
試験運用
 数日前から泉の仙人で鍛錬を削りつつ作成していた対決用改造戦盤、激無双重視型が完成しました。
対決用改造戦盤・激
 色々と悩みましたが結局は鍛錬30423の攻撃力上昇改造二回と枠改造一回というものに落ち着いた模様です。
 折角作ったんだから先ずは使用感を試してみたいと言う事で早速友達数人に連絡。
 特にお願いをしてこの戦盤と相性の良さそうな蛮拳を使用して貰っていざ対決に出陣してきました。

 以下、激無双が乱舞した話。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:01:40 | Trackback(0) | Comments(0)
幕間
 テレビを観る事が非常に少ないのです。
 テレビを観る時間があるならネットでニュースサイト眺めたりネトゲをしている事の方が多いので、CMを観る機会も当然少ない訳です。
 かなり前に投稿された動画なのですが、何故かランキングに入っていたので目に付いた。しかも何故か気が向いて観てみた。
 大体CMって邪魔に思う事の方が多いものですけど、こうして観てみるとそれぞれ工夫を凝らしていて面白いものも多いのですね。

 前述のように殆どテレビを観ないので、当然のように取り上げられているCMの殆どが初見。
「泣けるCM特集」のタイトルに偽り無く、ちょっと良いCM、ジーンとくるCMが多いです。
 特に気に入ったのは10:15秒くらいから始まる最後のCMでしょうか。
 起承転結がこの短い中でしっかり作られているのが本当にすごい。
 起承で笑わせて、転でその展開に驚かされ、結で起承転をしっかりとまとめあげる。
 製作者が観た人にどんな事を伝えたいかが明確で、それがストン落ちてくる。だから納得してしまうんですよね。
 うーん、本当にすごい。すごいしか感想が出てこないのもすごい。
 ここ最近で感想がすごいだった「作品」……ちょっと前に読んだタイム・リープくらいかなあ。
 まさか一分半のCMですごいと思わされるとは考えていなかった! 世の中知らないだけで色んなすごい作品ってあるものですね。

 たまにはテレビでも観てみようかな。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

日記 | 00:05:52 | Trackback(0) | Comments(2)
改造計画
 オンラインゲームを扱うニュースサイトで神将乱舞の詳細が発表されていますね。
 それによると新武器は曹操の将剣、祝融のブーメラン、関平の斬馬刀なんだとか。
 どの究極強化が当てはめられるのかはまだ不明ですが、今回の新武器に関してはどの武器も使ってみたいと思わせるだけの魅力がありますねー。
 斬馬刀は以前よりかなり人気要望が多かった武器ですし、スロット位置やモーション次第ではありますがかなり人気が出そうな予感。
 公式での発表がまだみたいですが、その記事の中ではアップデートの予想が4.5.6月となっていました。
 新シナリオと同時の新武器追加は無いのだろうか……。

 以下、序文とは関係の無い新戦盤改造計画の話。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:05:59 | Trackback(0) | Comments(0)
来た道、行く道、紆余曲折(2)
 さて当ブログとしては別に珍しくもないのですが、何かの節目の記念記事です。
 今回は何だと思われますか。
 来た道、行く道、紆余曲折の記事が丁度一年前のものになります。内容は、ブログ開設半年記念。
 そして一年後に(2)をつけているという事は、まあ要するにブログ開設一年半です。
 
 何だかんだで続いていますねえ。
 一年前に半年間続いた事も驚きモノだったものがそれからさらに一年間継続するとは誰が思ったであろうか。
 一年前の記事でも書いていますが、文章ばかり多いという特徴はいまだ変わらず。
 とは言え、少しは短くまとまるようになってきたかなと自分では思わなくもないのですが、実際サイズ計算をした訳ではないので真相は不明。
 良く訪問する他ブログで画像ファイル数の話題が出ていた事がありました。ちなみに現時点での当ブログの画像ファイル数は342。容量使用率は5.21%でした。記事総数585に対して果たしてこれは多いのか否か。
 ぱっと見、何だ半分以上は画像付きじゃないかと思ってしまいがちですが、画像がある記事って武器庫紹介とかが多いので一つの記事で多目の画像を挿入していますし、画像付き記事の割合的には……。
 とまあ、ネトゲプレイ日記がメインのブログとしては珍しい、閲覧者の方に優しくない仕様の当ブログですが、傾向はきっとこのままでありましょう。

  毎回文章量ばかり多くて中身の無い当ブログではありますが、私が飽きるまでは続けて行きたいと思っておりますので、読んでくださる方がいらっしゃれば今後ともお付き合い願いたいと思います。
 タイミング的にはそうですね、また半年後。ブログ開始してから二年経ちました、という記事を投稿出来れば良いななんて考えてます。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

日記 | 00:03:30 | Trackback(0) | Comments(2)
物価高騰
 破竹の行商買取キャンペーンが過ぎ去った後、大方の予想通り物価が値上がりしてしまったような感じです。
 二人特務の昆虫採集が修正されたのも地味に影響しているらしく、昆虫採集で入手出来ていた極炎玉、極符水、極鎮身石帯などは大幅な値上がりっぷりを見せています。
 符水系は私も激突で使う事が多いのですが、特務をやったは良いが持ちきれないなんて事が時々あります。
 そんな時に仲買を倉庫代わりに使うわけなのです。私の内政値ですと符水の行商価格が166なので、170で出品。仲買手数料を含めると実売価格180を越えるのですが、それでもあっさり売れてしまうくらいの勢いなんですよね。
 内政値によって行商販売価格は異なるので売れても不思議ではない金額ではあるのでしょうけれど、やっぱり物価が上がってるんだなあと思わされるってものです。
 私はと言うと、特務をこなしては売却しているので軍資金はたまり気味。意味も無く特務をクリアした際に上がる内政値が倍になる春秋左氏伝やなんかを使ってみたりもしています。そんな中ちょっと前から仲買に並んでいて目をつけていた武器が値下げされていたので購入。
 もちろん戦盤さ!

 以下、戦盤激無双の話。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:04:54 | Trackback(0) | Comments(0)
新宇宙
 ここ最近、昼食でうどんを食す事が多いのですが、だいたい行く店は同じなんですよね。
 今日も今日とてうどんを食べに行き、いつもの釜揚げうどんを注文。
「いつもありがとうございます」
 と声をかけられました。常連への第一歩。

 さて、牡馬クラシックを占う意味でも非常に重要なレース、弥生賞が行われました。
 弥生賞で好成績を残した馬は皐月賞でも人気になる事が多く、注目度の高いレースですよね。
 注目は前年の二歳王者セイウンワンダーと三連勝中の大器と目されるロジユニヴァース。
 勝ったのはロジユニヴァースでした。
 戦前の予想とは裏腹に逃げの作戦での見事な逃げ切り勝ち。鮮やかでしたね。
 ここは横山騎手の好騎乗ってところではないでしょうか。
 今回は見事なまでに作戦がハマっての勝利でしたから本番で同じようなレースが出来るとも限りませんが、やはり実力はかなりのものですね。
 牝馬戦線にもブエナビスタという大本命がいますし、春のクラシックはこの二頭を中心にまわっていきそうです。
 怖いのは故障ですが、是非無事にクラシック戦線を戦って欲しいところです。

 ロジユニヴァース。
 名前でピンと来る方も大いに違いありません。
 父馬はあのネオユニヴァース。
 デムーロ騎手とのコンビで春のクラシック戦線、皐月賞、日本ダービーと見事な二冠を達成した事で記憶に残っています。
 そのまま宝塚記念に挑戦した事でも話題を呼びましたよね。
 サンデーサイレンスの後継種牡馬という厳しい競争の中で、かなり質の良い産駒を出しているんだとか。
 ロジユニヴァースの活躍とその後に続いてくる馬の出現にも期待出来そうです。

テーマ:競馬 - ジャンル:スポーツ

競馬 | 00:01:13 | Trackback(0) | Comments(2)
曹操杯
 曹操杯に参加して来ました。
 曹操杯とは何ぞや? と思う人もいると思いますが、要は演習大会ですね。曹操杯は制圧戦で競われますが、何でも同日に対決の大会もあったんだとか。
 こういうイベントを主催している方には本当に頭が下がりますね。
 全部で7チームが参加していましたが、皆思い思いに楽しんでいたように思われます。
 聞くところによると今回で五回目となる曹操杯。
 参加者も身分の高い方も低い方もいて、人の繋がりの広さを感じてしまいました。

 それでは以下、私としては初参加の曹操杯の話題。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:02:14 | Trackback(0) | Comments(0)
神将乱舞(2)
 ぼちぼち次のシナリオはどの勢力に所属するのか? という話題が多くのぼるようになってきましたね。
 友人同士で色々と話していますが、多分次のシナリオも曹操軍に所属する事になりそうです。
 まあまだ時間はありますのでのんびり考えようとは思いますけどもね。

 以下、大型アップデート神将乱舞についての話題。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:01:37 | Trackback(0) | Comments(0)
神将乱舞
 ついにやってきました新シナリオ新要素の発表。
 新シナリオは「神将乱舞」と名付けられ、大型のアップデートも同時に行われる模様です。
 どの要素も目新しくて面白そうですよね。
 そんな訳で何度かに分けて大型アップデート「神将乱舞」について語ってみたいと思います。

 と、その前に。
 友人にR4持ちの将軍が何人かいるのですが、ちょっと色々あってやる気が減退した模様。
 ままなりませんね。
 君の心の庭に忍耐を植えよ、その草は苦くともその実は甘い。
 という言葉もあります。難しいかもしれませんが、そんな事もあるかと気持ちを切り替えられれば良いですね。

 それでは以下、神将乱舞についての話題。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:03:04 | Trackback(0) | Comments(2)
温故知新(10)
 昨日、画像認証を導入して以来壊滅していた迷惑コメントが久々につきました。
 わざわざ手打ちで書き込みをしているのか、たまたま画像認証を通っちゃったのかは分かりませんが、しょちゅうあると実に鬱陶しい迷惑コメントも、おお久しぶりだなと気分は上向き。
 まあ結局コメント削除を行うんですけどね!

 さて毎月恒例過去記事振り返り。
 今回は2008年6月記事の振り返りですね。
 もう完全に、とまではいきませんが大半は無双オンラインの記事になっているみたいです。丁度前シナリオの最終決戦の話題もあるみたいです。

 それでは以下2008年6月記事の振り返り。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:02:57 | Trackback(0) | Comments(0)
優勝劣敗
 負けを認めるという事は勇気が必要である。

 突の制圧戦盤は攻撃と防御に四回ずつ特別強化が出るくらい使い込んだ。
 陣の制圧戦盤は初期上昇値オールプラス補正の上、攻撃破壊防御に四回特別強化を出した。
 対決用戦盤は攻撃力重視、防御力重視、無双体力重視と所持作成していて、それぞれかなりの回数使い込んだ。
 使用回数のカウントの上限を255以上にして、例えば500を越えたら「○○を愛する者」とかの称号があっても良いのにねという話を友人としている。
 どうやったら戦盤で上手く戦えるか試行錯誤と研鑽を繰り返している。
 そんな私でも思う。
 同じように攻撃力重視の鍛錬にして使った場合、戦盤より蛮拳の方が強い。

 以下、対決用で最近使っている蛮拳の話。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:02:23 | Trackback(0) | Comments(0)
実事求是(2)
 三月に入り、情報の発表は先送りにされましたが新シナリオへの期待も高まっています。
 次のシナリオは赤壁大戦になるみたいです。勢力が曹操、劉備、孫権の三勢力は確定として、第四勢力があるのかどうか注目されていますね。
 三勢力のみという事になれば、激突の待ち時間は総じて短くなりそうな感じがしますし、意外と良いかもしれませんがさてどうなります事やら。

 そんな中次のシナリオでの仕官先変更を見据えてちょっとチェックしてみた事があります。
 現在私は曹操軍曹丕将軍所属。曹丕のパラメータボーナスが破壊力+10になっております。愛用の戦盤には破壊力基本値改造が一回施されており、さらに腕服飾と頭服飾でそれぞれ破壊力+9となるものを装備すると、高楼一本壊すのにC3→N3が必要なのです。
 破壊力ボーナス以外の武将に仕えて破壊力が-10された場合、必要攻撃回数が増えるのかどうかをチェックしてみたという訳。
 結果から言うと、当然の事ながら破壊力が10も下がれば必要攻撃回数は増えました。
 しかしここまでは想定の範囲内。
 胴の服飾で調整は出来はしまいかと、現在の課金服飾である碧衣軽甲破壊力型を購入。現在制圧で使っている服飾に比べて移動力が-2されるものの、破壊力が+6になるという素晴らしい一品なのです。
 これを装備すればトータルで破壊力-4。これならいけるに違いないと高楼を殴ってみたのですが……、見事にC3→N3ではほんの少し残ってしまいました。
 残る手段は脚服飾での破壊力増強なのですが……。白麗靴や西風銀麗靴の限定品は破壊力にプラスの補正があるのです。これに履き替えれば恐らく破壊武将に仕える事無く、現在の高楼破壊スピードを維持出来る事と思います。
 問題は、碧衣軽甲との組み合わせが最高に格好悪い事。
 やっぱり次のシナリオも破壊武将が無難かなあと思ったりしています。

 そしてもう一つの注目点が、身分。
 前シナリオから今シナリオへの移行では、全員が衛士の身分に戻りました。義は減りませんでしたから、昇格試験を受ける事でマントが量産され、仲買相場が大きく下がった事は記憶に残っているところ。
 新シナリオへの移行でも同様であるならば今回もマントが量産される事と予想されますが、海外の無双オンラインでは新シナリオへの移行で身分が下がらなかったらしいのですよ。
 もし海外のやり方と同じになるならば、マントの量産はなく相場に大きな変動はないでしょうし、インフレが進んでいる昨今、さらなる値上がりも予想されます。
 もし取り直しが可能になるなら、曹操軍のマントは既に所持している事ですし、他の勢力のマントを手に入れて気分で付け替えるなんて事も出来るかなと、少し思ったりも。
 新シナリオでの所属先、迷うところです。
 でもまあ、やっぱり結局は曹操軍に落ち着くような気はしていますけど。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:03:06 | Trackback(0) | Comments(0)
前代未聞
 過去類を見ない一勢力三戦という争奪が終了しました。
 案の定あんまり良い評判は聞きませんでしたね。曹操軍は対劉備と対孫権の二戦に戦力を分散させての劉備には敗北、孫権に勝利といった形で何とか国力二位を死守ってところでしょうか。
 最もわりをくったのが袁紹軍。元々強大な袁紹軍ですから、まともにぶつかっても勝機は薄いものを三戦同時では勝てるはずもないと、殆ど人がいなかった模様です。具体的に会戦参加者が100名程度だったんだとか。
 袁紹軍の参加者は数倍にものぼりますから、これでは待ち時間は長いわまともな激突は出来ないわと、本来最も賑わうべき週末の夜にゲームがまともにプレイ出来ないという状態。
 これが予想外の出来事ならまだ改善の余地はありますが、組み合わせが発表された時点でこうなる事は分かり切った事。運営には猛省して頂きたい。
 
 以下、争奪の個人戦績と武名マッチングについての話題。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:04:45 | Trackback(0) | Comments(0)
十字短剣
 さて先週は色々と書きたい事が多かったので後回しになってしまいましたが、今年最初のビッグレース、フェブラリーステークスが開催されました。
 ダート王者を決める戦いですが、距離が1600なんですよね。レースが出来た当時は何でまたマイルなんだろうと思っていましたが、今ではジャパンカップダートもありますし、この距離でも良かったのかなと思っています。

 レースの注目はやはり前年の覇者ヴァーミリアンと、前年のダート王者カネヒキリの対決。
 しかし勝ったのは伏兵のサクセスブロッケンでした。
 この馬の父はあのシンボリクリスエス。二年連続の年度代表馬という輝かしい戦績を残した近年の名馬ですね。
 元々この馬は、サンデーサイレンスに代わる種牡馬を見越して生産されたそうで、現役時代の活躍からおおいに期待されていた種牡馬でしたね。
 先ずはダートで結果を出した種牡馬シンボリクリスエス。今後もきっとクラシック路線やなんかで活躍馬を出してくれるに違いありません。
 個人的な注目はやっぱりタニノギムレットの二着に敗れたダービーを取ってくれる仔が出てくれる事。
 サンデーサイレンス亡き後の血統の行方が非常に面白いですね。
 恐らく今後もこの話題は競馬ファンの間で何度も語られる事でしょう。

 さて負けはしたもののヴァーミリアンもカネヒキリもこのままでは終わらないですよね、きっと。
 覇者、王者の再起にも期待したいと思います。

テーマ:競馬 - ジャンル:スポーツ

競馬 | 00:05:07 | Trackback(0) | Comments(2)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。