■プロフィール

くりふじ

Author:くりふじ
禍福はあざなえる縄の如し。
良い事ばかりも続かなければ。
悪い事ばかりも続かない。
そんな毎日。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■ブログ内検索

■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
浦島太郎(2)
 今でもたまにログインしているパンヤです。
 たまにとは言ってもログイン率は極めて稀なレベルで、一週間に一度もいないくらいではなかろうか。
 無双オンラインで延々とソロプレイをするよりはと思ってログインしてはみるものの、大会をやるのも何となく空しく感じるようになっていました。交流に餓えてるんだろうか……。
 マッチプレイでもやってみるかと部屋を探すも、HIO数やなんかが明らかに桁違いな人しか目に付かず、同じくらいの人はジュニアやシニアなのでランクセミプロの私は何となく入り辛いという。
 仕方なく同じくらいの人でも入ってくればと部屋を立ててみるものの、やっぱり入ってきてくれるのは実力レベルが違いすぎる人が殆ど。
 すっかり世界が変わってしまいました。
 改めて練習すればまた追いつけるのだろうか。
 
 ところで、相変わらずパンヤは色んなイベントがありますね。
 今はセルフデザインコンテストとしてユーザーが作成した衣装のコンテストをやっているみたいです。職人と呼ばれる人々が競って自前の衣装をエントリーさせているみたいですよ。
 そして、相変わらずパンヤのガチャは金食い虫です。
 二千円を使って十一回チャレンジ出来るのですが、レアアイテムはこれで一回出れば良い方。
 そして、衣装だと狙ったキャラが出てくるのがさらにその数分の一。
 それこそ四千円六千円はあっという間に消し飛ぶ仕様でございます。
 無双オンラインが実に良心的に見える……。
 まあ無双も無双で、鍛錬除去や錬丹を使う染色やなんかは結構酷い確率設定だとは思いますけどもね。
 鍛錬除去はともかく、染色やパンヤの衣装は強さに直結する物ではありません。
 こういうものにお金をかけて楽しむというのもネトゲの醍醐味ではありますよね。

 無双オンラインもプレイ期間が一年を越えました。
 しかし考えてみるとパンヤの方がお金使ってるんですよね、これがまた。
 無双オンラインはどう考えても二万円は使ってないと思うのですよ。一万は越えていると思いますが……。
 それに対してパンヤは思い出すだけでもネコリングの時だけで8000円、さらにクレリック衣装を手に入れたくて4000円、妖精の羽の時に3000円。
 その他、普通のCP衣装も買ってますし、投資一回の2000円で手に入れたガチャアイテムもありますしで一体幾ら使ったのか把握出来ない程です。
 アイテム課金は自分で使う金額をコントロール出来るとは言え、確率が影響する要素は危険がいっぱいです。

スポンサーサイト

テーマ:スカっとゴルフ パンヤ - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:02:30 | Trackback(0) | Comments(0)
虎視眈々
 良く一緒に遊ぶ友人が私と一緒に遊んでいなかった時の事、何でも「センバンマニアの人は今日は一緒じゃないんですか?w」と言われた事があるそうな!
 最近は制圧でしか戦盤を使っていませんが、投弧刃やなんかで火力が全体的に増加傾向にありますし、そろそろ防御型戦盤が光る日がやって来るのではないかと密かに野望を燃やしていたり、いなかったり。

 ○○強すぎ! 修正しろ! という意見が出ると必ずと言っていいくらい反対意見として提出されるものにじゃあ自分も使えば良いじゃんという意見があります。
 いささか乱暴ではあるものの、それもひとつの真理と言えるのではなかろうか。
 苦手な武器を使うと言うのは心情的に抵抗があるかもしれませんが、実際に自分で使ってみる事で武器の特性や弱点やなんかも見えてくる事もあり、プラスになる事も多いのです。
 そんな訳で実装直後から大人気の投弧刃ですが、パーティーを組んでいる友人から使ってみて欲しいという要望があり、私自身も使ってみたいと思っていた事もあって早速購入してみました。

 購入した物は40420の鍛錬が既にしてあったので、とりあえずいきなりの実戦投入。
 三戦こなして試合は一勝二敗、個人戦績は撃破>撤退が二戦、逆が一戦となりました。
 先日の日記に書いたように、無双は文句無く強力ですが、ノーマルやチャージ攻撃はいまひとつって感じですね。ジャンプチャージは広範囲なので強い感じはしますが威力はそんなでもありません。
 計画としては泉の仙人で使用回数と鍛錬削りを行いながら、50213の完全ぶっぱ仕様の攻撃力上昇改造二回を施すつもりです。
 
 ランダムスロットが3というのが微妙な使いづらさをかもし出していますね。
 常時攻撃二倍を狙っていると無双ぶっぱサイクルが遅くなりそうなので、激無双を頼りに攻撃二倍無しでのぶっぱを狙うシーンも増えるかもしれません。
 アイテムは、防御が紙なので極鎮身石帯あたりが良いかなと思っております。無双の終わり際に偃月刀や鉄鞭で無双された時に逃げる事が出来ますしね。
 これだけ防御が薄いと符水系との相性はイマイチでしょうし、活丹をつけて無双サイクルを早めても良いですが無双鍛錬3は十分にチャージ早いですし、そう考えるとやっぱり極鎮身石帯かなと思っております。
 
 どちらにしても先ずは泉の仙人で削って稼いで改造して鍛錬して、ですね。
 完成してからアイテムや使い方は考える事にしましょう。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:03:38 | Trackback(0) | Comments(0)
師範制度
 一応私も師範制度に登録していますが、未だかつて本物の初心者の方などから連絡が来た事はありませぬ。
 過去一度だけ役に立ったのが、ブログで交流があった方との接触
 それ以降は一度も長史からの連絡が来る事もありませんでしたが、まあ俸給もアップするしという程度の認識でまったく自分には縁のないシステムだと思っていたのです。

 ここ最近のログイン時間の変更に伴って、二人特務がまったくプレイできなくなったんですよね。
 船団や路蜂は報酬が素晴らしいので是非プレイしたいところなのですが、夜中や昼間では付き合ってくれる友人はログインしていない事が殆ど。
 仕方ないのでもう二人特務は放置かなーと思っていたのですが、ふと思い立って長史に話しかけてみたのです。
 すると、数はそれほど多くはありませんが自己紹介のコメント欄に「二人特務お手伝いします」といった感じの事が書いてある方が何名かいらっしゃったのですよね。
 先日の日記に書いたように、知らない人との交流には非常に踏み出しにくいゲームですが、勢力も同じだしと思い切って長史から面談要請を飛ばしてみました。

 結果、丁度忙しいと言うことで断られた事もありましたが、概ね上手く特務のパートナーを捕まえる事が出来ました。
 先週と今週は同じ方に声をかけて手伝って頂いたので、そこそこ顔見知りレベルにはなったんじゃなかろうか。
 
 何の役にも立っていないかと思っていた師範システムですが、ふとしたきっかけで見直す事が出来ましたね。
 いやはや、人生何が良い方向に転がる原因になるか分からないものです。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:02:50 | Trackback(0) | Comments(0)
天敵登場
 毎週発表される無双ランキングですが、実装されたばかりの投弧刃がいきなりの二位に入っています。
 驚きではありますが、投弧刃の性能を考えるとこれも致し方ないのかと思ってしまいますね。
 
 それくらい、投弧刃の性能は飛びぬけています。と言うか、もう滅茶苦茶強い……。
 制圧では攻撃スロット5が災いしてそれ程でもありませんが、対決では猛威を振るっているみたいです。
 先ずは移動力。130です、130。対決武器としてはかなり早い方で、いわゆる無双ぶっぱ逃げをするのに実に適していると言えるのではなかろうか。
 実際、この移動力で逃げられると私が使っている蛮拳や戦盤はもちろん、移動力がある積刃剣ですら置いていかれます。
 それでいて無双乱舞が異様に強い!
 無双強化のスロットが1なので伸びはイマイチなのですが、攻撃回数はかなり高く、また攻撃スロットが5の為非常にダメージが大きい。クナイを投げるので射程も長く、発射速度がこれまた速いので空中で食らっても受身が取れないくらいです。
 恐らく50302や50312と言った鍛錬が主流なんじゃないかと思いますが、私の50321の蛮拳、40323の積刃剣は二倍無双だけで一発撤退レベルの威力。極符水特攻が入っていれば辛うじてぎりぎり残るかも? というくらいですね。
 そしてさらに凶悪な事に無双が崩れ落ちで無双返しする事も極鎮身石帯で抜ける事もかなわず、さらに最後まで吹き飛ばしが無いので激無双繋げたい放題……。
 これまで激無双といえば戦盤が非常に良かったですが、それを余裕で上回る使い勝手の良さです。
 これで人気が出ないはずも無く、対決に行けば毎回毎回いるという状態。
 酷い組み合わせになると投弧刃四人の組み合わせにも会いましたし、妖杖に投弧刃を組み合わせてさらに双戟や戦斧が控えていたりとそんなにも出会いました。
 幾らなんでもこの性能はやりすぎだと思うのですが……。
 勝てないから悪く言うのだろうと思われるのも心外なので一応書いておくと、味方に投弧刃がほぼ無い状態で、これらの投弧刃達を相手でも負けよりも勝ちが多い、くらいには戦っています。
 萎縮を使って殴り合いに持ち込んでみたり、風で鈍足にしたところを袋叩きにしたりと何とかならない事もないのですが、相手が延々と無双狙いではさすがに厳しいと思うのですよ。
 妖杖と組み合わさると、妖杖の炎を食らうと着火無双で即死。妖杖に気を取られていると投弧刃無双で即死ないしは瀕死。瀕死で生き残りそうでも激無双に繋げられて結局即死。
 幾ら注意したってくらうものはくらいますぜ……。

 しかし、使っている人にはまったく罪はありませぬ。
 折角新しく実装された武器。しかも強いのですからドンドン使って何の問題も無い。
 でもそればかりもつまらないと思う人もいる訳で、何度も何度も書いた事ですが、やっぱり住み分けしたいのですよ。
 部屋名が相手に見える。それだけで良いと思うのですが、いつになったら実現するのやら?

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:03:06 | Trackback(0) | Comments(0)
人を呪わば穴二つ
 転生玉が実装されてから幾日か経ち、曹操軍でもこれまで敵軍にいた方の参入が目立って来たように思われます。
 このシナリオでの修正以降、手間こそかかるものの転生そのものにデメリットは無くなっているので、気分を変えて他の勢力で遊ぼうと言う方もいるのかもしれませんね。
 敵として手強かった方は味方にしたら心強いでしょうし。しかし例によって相手がどんな方なのか分からず、相手の悪口がポンポン出てくるこのゲームの性質上積極的に声をかける気にもなれず。
 今日も今日とてラグいだの攻撃が当らないだのチートだのうざいだの粘着だのと悪口大量でちょっと食傷気味。
 このゲームはこういうものだと一緒に悪口言いながら遊ぶしかなかろうかと思われます。

 それはそれとして、ここのところ勝ちに拘るあまり出番がめっきり減っていた対決用戦盤を久方ぶりに取り出して遊んでみました。
 やっぱり戦盤は良いですね。実に素晴らしい。
 囮用の戦盤で戦ってみましたが、いやはや堅いのなんの。最近柔らか双戟を使っていたから余計にそう思いますね。
 しかし調子に乗って遊んでいて、双戟の破竹無双を直撃された時の事。
「うっひょー。久々の双戟破竹無双だ! どんどん殴れまったく倒される気がしないぜ!」
 と思っていたら見事に背水を使うのを忘れていて、最後の一発で思い出した様に背水を使うも撤退してしまうと言うまるでコントの様な撤退をしてしまいました。
 ちょっと久しぶりの戦盤で興奮しすぎた!

 制圧戦では当然戦盤を使っているのですが、本日はなかなか活躍出来ましたね。
 要塞下にドロップして得意の速攻で相手鉄槍を撃破。高楼拠点を占拠しての延々と雑魚狩りをしていると、どうやら上の方では対人が好きな人が揃ったらしく、狩れば狩るほど撃破ゲージが傾きあっという間に七割がた優位になってしまいました。
 まあまだ撃破をやっておくかと思っているとやってきたのが敵桜扇。
 撃破に余裕があったので暫くは逃げながら撃破をしていたのですが、敵は高楼拠点を取る気配も無く対人を挑んで来ます。
 桜扇とは相性が良くないのですが、逃げながら撃破してさらに撃破を優位にしたところようやく高楼拠点に着手。
 妨害に入ったのですが、どうもおかしい。確かに妨害してはいるものの、それにしたって高楼がまったく壊れないのです。
 どうやら相手は破壊鍛錬0の対決鍛錬だった模様。アイテムも極符水でしたしね。部屋を間違えたか、持ってくる武器を間違えたか、相手を倒す事で勝ちを目指すタイプだったのか。
 そうと分かればこちらも対処が簡単。都合の良い事に拠点の属性が風だったので積極的にインファイトを挑んでは殴られまくりました。
 Evo攻撃でも受身を取らず、ひたすら殴られ続ける事三分以上。
 符水をつけて風拠点では倒される要素はまったくなく、相手も最後まで高楼に見向きもせずに私を殴り続けた事もあり、制圧される事もなく撃破を押し返される事も無く判定勝ち。
 確かに高楼が無い場合は対決鍛錬武器は制圧でもかなり優位ではありますが、やっぱり高楼拠点がある時は一気に苦しくなるものですね。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:02:52 | Trackback(0) | Comments(0)
後方一気
 今週も本命馬がやってくれました。
 大本命が勝ってばかりのガチガチ決着だとレースが面白くない、なんて事もありますが、今年の競馬は本命決着でありながらそんな要素とは無縁ですね。
 ブエナビスタという名馬の登場に心が躍るというものです。

 オークスで大本命に推されたブエナビスタでしたが、レース展開はかなり厳しいものでした。
 オークスは長い直線がありますが、それにしても最後方に近い位置取り。前を走る馬との差はかなりありました。
 一足先に抜け出したレッドディザイアも後続を突き放していましたから、それらをまとめて直線だけでごぼう抜きにしたブエナビスタの強さがわかるというものです。
 鞍上の安藤騎手も「良いレースではなかったが馬に助けられた」というような事を言っていましたし、展開はブエナビスタに厳しいものでした。
 何となくですが同じくオークス、シーザリオのレースを思い出させますね。シーザリオもこのレースで後方からの競馬になり、これは厳しいというような位置から一気にまくってエアメサイアを差しきって勝利しています。
 父馬もブエナビスタと同じくスペシャルウィークですし、またこの父から強い牝馬が出てきたなあという印象。
 
 秋には凱旋門賞への挑戦を掲げているブエナビスタ。
 牝馬でどうかなあと思う気持ちはありますが、凱旋門賞は三歳馬に有利ですし、ディープインパクトが挑戦した凱旋門賞では二着に牝馬が入っています。
 もしかしたら、もしかするかもという期待は持てるのではないでしょうか。
 前述のシーザリオもオークスを制覇した後、アメリカンオークスに果敢に挑戦して見事これを勝っています。
 その後故障で引退してしまっただけに、ブエナビスタには無事に走って貰いたいものです。


テーマ:競馬 - ジャンル:スポーツ

競馬 | 00:05:50 | Trackback(1) | Comments(4)
希少価値
 転生玉の入手に必要な無双盤の数が九十回三個分から六十回二個分に短縮された模様です。
 さすがに転生が自由に出来なくなっただけに、転生をしたいという要望が強かったのかもしれませんね。
 私はこれまでログインする度に毎日回廊まで走っていたので、実装と同時に転生玉を手に入れる事が出来ました。
 もちろん転生する気はまったくないのですが、これでなかなかデザインが良い家具なので気に入っていたりします。
 つい先日のプレイ日記で、課金アイテムではない家具が増えたら良いという話をしたばかりですが、そういえば転生玉があった事を思い出しました。
 良い感じだと思います。
 現在のところ、無双盤の特典アイテムはかなり不要なアイテムばかりで面白味が少ないので、この無双盤でしか手に入らないというアイテムを増やしてくれたりなんかすると嬉しいのですが。

 本日も週末という事もあり、仕事が忙しくログインは例によって夜中の1時過ぎ。
 ところが珍しく友人が残っていたので一緒に遊ぶ事が出来ました。めでたい!
 昨日は双戟を使った事もあり、さらに敵の妖杖率が異様に高かった事もありでさっぱり活躍出来ませんでしたが、今日はその反省を踏まえて蛮拳をチョイス。
 さすがに使い慣れている事もあり、武器そのものの強さもありで安定した戦績を維持。何回かプレイして全勝でございました。

 使用人数やなんかから鑑みるに、決して双戟が蛮拳に劣っているという事はないのでしょうけども、どうやら私には耐久力がある武器の方が向いているような気がしてきました。
 このままでは双戟がドナドナされて行く日も近そうです。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:05:04 | Trackback(0) | Comments(0)
鎮身石帯
 不沈艦とは良く言ったもので、なかなか倒されないモノを例えてそう言ったりするものです。

 無双オンラインでは逆に良く沈むようになるアイテムが倒されないのに有用だったりします。
 その名も鎮身石帯。とは言え、実用性が高いのは極鎮身石帯なのは周知の事実。
 これさえつけておけば、強力な蛮拳、偃月刀、鉄鞭、幻杖あたりの無双をほぼ無効化出来るのですからその威力はかなりのもの。
 防御系アイテムとして愛用している人も少なくないのではないでしょうか。
 相場もかなり安定していて、殆ど行商価格に近い値段で取り引きされている模様ですね。

 さて最近蛮拳に飽きたので使っているのが双戟な訳ですが、これが結構難しい、と言うか何か思ったよりも私向きではなくて困っています。
 アイテムに友人から薦められた極鎮身石帯をつけている訳ですが、なかなか撤退数が減らない。
 確かに敵はかなり倒せるものの、撤退数もかなりかさんでしまっているのが現状といった感じ。
 蛮拳も導入直後は結構撤退していたものですが、それにしてもこの双戟の撤退っぷりはちょっといけてない気がします。
 トータルの戦績はまあそんなに悪くはないとは思うのです。
 合間に積刃剣使ったりして遊んでいますが、指揮官撃破Sがつくくらいには平均して倒しているみたいですし、撤退数が2を少し越えるくらいでまとまっていますので、やっぱりトータルではまあまあってところではなかろうか。
 しかし、悪い時がとことん悪い!
 撃破無しの4撤退だの5撤退だのと完璧に足を引っ張りまくりな激突がいくつもあったり……。
 特に本日はもう踏んだり蹴ったりでしたね。
 甲刀に絡まれては倒されまくり、投弧刃に絡まれては二倍無双一発で撤退し、序盤に妖杖に粘着されては撤退するまで追い回され……と使っていて非常に厳しい戦いが多かった。
 まあ防御が薄い武器なので符水系を付けていたとしても撤退していたケースも少なくはありませんが、極鎮身石帯をつけていて良かった! と思える組み合わせの敵があんまりいなかったのも確か。
 符水系の場合は、ダメージゼロの時が殆どないのでつけていればまず間違いなく多少なりとも助けにはなります。極鎮身石帯の場合は浮かし無双が敵にいなかったらその能力を十全に活かせないのがネックと言えばネックかなあと思っております。

 40323、攻撃上昇無双上昇各一回の鍛錬がまずいのかもしれないと思ったりもします。
 この武器に関してはどうも自分には向いていないかなと思い始めております。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:03:11 | Trackback(0) | Comments(0)
度数高め
 ウォッカと言えば、アルコールの非常に強いお酒として知られています。
 その名を冠した名馬、ウオッカがまたまた強い、素晴らしいレースを見せてくれました。
 先週末行われたのは古馬牝馬の春チャンピオン決定レース、ヴィクトリアマイル。
 私の注目はこのウオッカとカワカミプリンセスでしたが、いやはや、レースは常にウオッカに注目しっぱなし、最後の直線でもウオッカしか見ていませんでしたよ。
 それくらい圧巻のレース。
 他の馬とは格がもう次元の違う強さ。一旦先頭に立つと後はぐんぐんと後続を引き離すばかり。「これは強い!」と誰もが思ったことでしょう。

 この勝利でウオッカはG1五勝目。これは牝馬としてはメジロドーベルに並ぶものです。メジロドーベルの記録が色あせる事はありませんが、しかしドーベルに比べて安田記念や天皇賞、そしてダービーを牝馬の身で勝っているウオッカの素晴らしさが際立ちますね。
 そして獲得賞金は歴代牝馬トップ。
 もちろん、その強さも歴代の最強候補の牝馬達と比べて勝るとも劣らないものです。
 今後ウオッカの名は、最強の牝馬がファンの間で語られる時に必ず出てくるでしょうね。

 いくつかレース動画がアップされていますが、画質が良いのでこれをチョイス。実況が二着馬、三着馬をまったく呼ばないという……。
 実況としては失格かもしれませんが、正直私もそんなところどうでも良かった! ウオッカ強いなーと思っていただけでしたよ。
 ウオッカの向かう先は昨年も制した安田記念なんだとか。宝塚でも面白いかと思うのですが、やっぱり距離的にはマイルくらいで力を最も発揮しそうですよね。
 今年一杯での引退が予想されるウオッカ。牝馬最多G1勝利、獲得賞金記録の更新にも期待がかかります。

テーマ:競馬 - ジャンル:スポーツ

競馬 | 00:01:53 | Trackback(0) | Comments(0)
家屋増築
 無双コインを久々に購入しました。
 最後に購入したのがシナリオ「赤壁大戦」が開始された時だったかと記憶しているので、二ヶ月ぶりという事になりますか。
 実際に使った金額を考えると、大体ひと月に1500円くらいになりますが、イメージ的には殆どお金は使っていないような気がしますね。パンヤに比べるとかなり良心的とすら思えてしまうから不思議。
 実際のところはPSUやなんかの月額課金+パッケージの方が安かったんでしょうけど。

 さて期待の投弧刃が実装されました。
 これに合わせてもしかしたら炎、妖杖の修正が入るのではと思っていたら、何と投弧刃のJCが修正されていましたね。オフ無双では火球が出ていたジャンプチャージ攻撃が、双剣や両節棍のような衝撃波攻撃に修正されておりました。
 これ単体だけみると、わりと良い修正だとは思うのですよ。この性能で簡易着火無双が出来てしまうと強すぎるかなとも思いますし。
 しかし、どうしてそこまでやって妖杖を放置しているのかと思わざるをえません。
 双戟砕や甲刀ダッシュと比べても引けを取らない修正対象だと思うのですが、さてはて。
 そんな投弧刃ですが、移動力が非常に高いので今のところ対決では夏圏のような扱いですね。夏圏よりも体力が長く、無双ゲージは短いといった感じ。無双しては逃げ、無双しては逃げという使い方が強そう。
 制圧では攻撃スロット5と狩り効率のイマイチさがあるので、やはり夏圏のような扱いなのが現状でしょうか。制圧で攻撃スロット5以降はそれだけでどうしても不利ですしね。

 これまで家具は購入するものの増築やなんかには一切手をだしていなかったのですが、服飾箪笥を購入したのをきっかけに増築してみました。
 増築費用無双コイン300+大型服飾箪笥無双コイン500、さらに武器庫もひとつ購入したので大体リアルマネーにして3000円ほど家屋に投資した事になります。
 これだけ一気に無双コインを使ったのも久々。
 制圧戦盤で特別強化を狙った時以来ってところではないでしょうか。
 部屋が増えておける家具が多くなったものの、置く家具がないのでいまひとつ殺風景なんですよね。さすがにここからさらに無双コインを追加して家具を買う気にはなりませんが。
 雪だるまのように、課金アイテムではない家具がもっと色々と種類があって、例えば特務や内政値、武将との好感度といった要素でプレイヤーが入手出来るようになれば遊ぶ目的も増えて面白いと思ったりも。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:01:00 | Trackback(1) | Comments(2)
価値下落
 ここ暫くログインしていない友人の持ち物を拝借する事になりました。
 対決用の武器で、人気は蛮拳以上という対決御用達武器。
 そう、双戟です。
 既にフル改造してあるので安心して使う事が出来るのです。刻印は人気の砕。SAがまったく途切れる事無く連発できて、なかなかに強いんですよね。
 ……一昨日までは。
 何と昨日のアップデートで下方修正が行われてしまいました。妖杖や大斧、堅牢といった修正筆頭候補と言われていたものにはまったく手が入らず、この双戟砕と、甲刀のダッシュ攻撃に修正が入りました。
 これはこれで良修正だとは思いますが、優先順位がユーザーの希望とかけ離れてませんか?

 その他も結構調整が加えられています。
 これまで撤退後の復帰は直線距離で一番近い自軍拠点でしたが、これがランダムになり、しかも復帰後三十秒はレーダーに映らないんだとか。
 これは明らかに未強化粘着対策でしょうね。わりと良い評判が聞こえてきます。特に制圧では、上手く倒せれば持ち場から遠く離れた拠点に飛ばす事が出来るので、対人の重要性が増し、それでいて未強化粘着が難しくなった、ってところでしょうか。この修正で未強化粘着が嫌で制圧から離れてた人が戻ってくると良いですね。

 そして注目の課金服飾。
 今回の目玉はやはりちっともそうは見えないナース服。
 再販なのでステータス付与はそのままではないかという予想でしたが、外れましたね。
 意外な事に移動力が+4だったのが+5と上がっています。他のステータスが微妙に下がっていますが、最も大切な移動力が上がったので、実際のところ再販されたものの方が人気があるんじゃないでしょうか。
 これもついこの間まで数十万という高値がついていたものですが、こういう形で再販されてしまうとあっという間の大暴落という奴ですね。
 高値で購入した人はお気の毒でした。
 持ってない人からすると嬉しいところ。私も一着仲買で購入。気分で着せ替えて遊ぼうかと思っております。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:04:46 | Trackback(0) | Comments(0)
勝利の美酒
 お酒はまったく飲めませんけどね。

 さて久しぶりの休日に久しぶりの無双オンライン激突日和でした。
 ここのところ全くプレイしていなかった鬱憤を晴らすかのようにかなりの回数激突をこなしましたが、素晴らしい事に勝率もかなり良いものでした。
 先ずは制圧野良。
 最近は将剣積刃剣の人気がすさまじく、堅牢がかなりの割合で入って来ます。体感的には、対決の妖杖率と同等かそれ以上くらいのイメージですね。
 人気の要塞は拠点の取り合いになる事も少なくないので、堅牢されると非常に厳しくなります。それだけ効果があると言う事なので、人気もやはりあるって事でしょうか。単純に強いですしね。
 私はと言うと、それでも頑固に戦盤を使い続けています。対決ではすっかり出番が少なくなりましたが、制圧ではまだまだ現役ですぞ。
 そんなこんなで敵にだけ堅牢がいたり、敵味方にいたりとしましたが、完全占拠される事なく、殆どの戦いで撃破を優位にしての判定勝ちないしは占拠勝ちでした。途中から友人と合流して戦盤二人になって二戦こなしましたが、共に勝利。
 一度はパーティー相手に完全に戦盤二人の活躍で勝ったぜ! って感じの会心の勝利もあり、実に良い感じでしたね。
 結局制圧戦では負け無し! 素晴らしい事です。

 そして夜になってからは対決。生活リズムが変わってから一緒に遊べなくなった友人と久々に激突に行きました。
 久々ですし、やっぱりそれなりに勝ちを拾いたいという事で使用武器は殆ど蛮拳。アイテムも蛮拳を使った時は全て極符水で行きました。
 やればやるほど赤字ではありますけど、たまにしか一緒にプレイ出来ないのでこれもアリだろうと思っております。
 一度だけ使った積刃剣符水の組み合わせの時と、一旦パーティーをばらけさせた時に鉄矛やなんかを使って三連敗を喫した以外は全勝だったような気がします。
 本気で勝ちにいったのもありますし、相手にガチガチの組み合わせが少なかったのも勝率が良かった原因ではないでしょうか。
 そうそう、一度大奮発して積刃剣に真乱舞書をつけて激突に行ってみましたが、6撃破1撤退の活躍でした。軍資金の力はすごい! 敵も全員極系アイテム使っていましたし、最近は普通の激突でもかなり奮発している人が多い印象。
 新参や熟練時代にアイテム無しで戦っていた頃が懐かしいです。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:04:14 | Trackback(0) | Comments(1)
敵を知り己を知れば百戦危うからず(4)
 敵を知り己を知れば百戦危うからず 防御型戦盤対決編。
 敵を知り己を知れば百戦危うからず(2) 戦盤制圧編。
 敵を知り己を知れば百戦危うからず(3) 攻撃型戦盤対決編。

 と、言う訳で第四回です。
 今回は無謀にも戦盤ではありません。戦盤の次に使用回数が多いであろう蛮拳なのですが、蛮拳はもう普通に使うだけで強い武器の上に使用者も多いので、私の実力程度ではいつも以上に攻略の役に立たない事請け合いです。
 一応目安として数字を挙げておくと、大体二十戦を蛮拳でやって、撃破数が2.5~4.0くらい、撤退数が0.7~1.2くらい。結構バラツキがありますがまあこんなものです。撃破撤退が5-0とかの事もあれば、1-4だとか2-2とかの事もあります。相手や味方構成でも結構変わって来ますしね。
 数字を見てたいした事ないなと思えれば、ここから先を読んでも得るものは何もなかろかと思われます。

 では、以下自己満足の対決蛮拳戦術論。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:03:14 | Trackback(0) | Comments(4)
演習放置
 貴石集めと言えば、恐らく最も効率が良いのは七星帯をつけたアイテム狩りだと思います。
 私も過去何度かやっていますが、さすがに昨今の七星帯の高価っぷりを見ると貴石の為だけに七星帯を購入するというのもなかなか勿体ないものでして。

 そんな訳でここ最近は闘技でアイテム二個手に入る事を利用してのソロプレイをやって貴石集めをしたりしていました。
 何でも聞くところによると、敵側味方側募集して、やられ役倒し役に分かれて速攻でまわすのが流行っているとか、いないとか。
 さすがにそこまではせずに拾った武器やなんかを使って格無双でやってもそこそこ貴石は出ます。
 属性玉も結構出るので良い感じですよね。

 そして演習放置なるものも結構良いと聞きつけて試してみました。
 闘技や通常の激突では、プレイヤーが操作せずに放置していると回線を切られてしまうのですが、演習ではこの仕様が適応されないんですよね。
 なので、他の方法と違って画面を見ていなくても演習を開始して放置していればアイテムが一個手に入ると言うのが特徴。
 このプレイ日記を書きながらも、演習放置を試してたりします。
 しかしあれですね、最短でも堅関の9分ですし、手に入るアイテムはひとつですし、しょっぱいアイテムが手に入る事も多いので、自分でプレイする時は演習放置はイマイチかなーと思ったりも。
 裏でネットを見ながらとか動画を見ながらとかだと良いのかも?

 まあ、何だかんだで減っていた琥珀も結構復活して今では全種30個くらいになりました。
 貴石集めは暫くやらなくても良いかなと思っています。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:05:26 | Trackback(0) | Comments(0)
自己責任
 自分の行動の結果起こった事に関して、自ら責任を取る。
 当たり前と言えば当たり前なのですが、それが場面場面において本当に正しいかどうかは見極めて使う必要のある言葉でしょうね。

 さて何やら公式に注意勧告文章が掲載されています。
http://www.musou-online.jp/info/2009/05/15/212000.html
 詐欺の被害にあわない為のご案内と銘打ってはいますが、具体的な事例はまったく挙げられていません。まあ、運営としては仕方がないのかなあ。
 詐欺被害の防止の注意なら、こんな手口の詐欺があります、と公表して注意を呼びかけるのが現実では一般的なんですけどもね。
 私はあまり積極的に取り引きを行っていないので今のところ詐欺の被害にあった事はありませんが、結構多くの詐欺被害があるみたいです。
 聞くところによると、仲買での価格上限が999999なのを利用して100万以上の価値があるアイテムの購入を持ちかけ先に配送させてそのまま逃げるですとか、武器の本格改造代行を持ちかけて武器を送って貰った後持ち逃げするだとかの手口があるんだとか。
 このゲームのシステム的に、配送机を使っての移送は一方通行。アイテム交換のシステムが完備されているゲームに比べるとかなり不親切。軍資金にしろ武器防具にしろ、先に渡す方がある程度のリスクを背負う事にはなるでしょうね。
 そんな案内に紛れこんでこんな文章も掲載されています。
 ゲーム内でご自身が判断し、操作して発生した結果について、あらかじめ設定された機能通りの結果であった場合、発生した損失や不利益についての補償はいたしかねます。
 これはあれでしょうね。要は間違って大事なアイテムを行商に売ってしまった! データを元に戻してくれ! なんて要望があるんでしょうね。
 これはさすがに自己責任と言わざるをえない。懐かしいゲームですが、PSOでは良く装備していないアイテムやマグを間違って売ってしまったものです。
 
 しかしそれはそれとして、仲買の価格上限の引き上げや交換システムの実装など、運営の努力で詐欺を減らせる部分は結構あると思うのですが……。
 プレイヤーの自己責任は当然あってしかるべきですが、運営にも運営責任というものがあるに違いありません。プレイヤーが快適にゲームを出来るように、詐欺の防止に取り組んで頂きたいものです。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:05:08 | Trackback(0) | Comments(0)
人員削減
 新シナリオになってからの変更点のひとつに、副将の意欲による献上品システムがあります。
 親密度がC以上になった副将には意欲が芽生え、高い意欲の時ほど良いアイテムを持ってきてくれるというシステムですね。

 意欲が高い時に持ってくるアイテムはなかなか良いものも多く、貴石ですとか、極属性玉や大当たりの粉末染料やなんかもある訳です。
 ところがこの意欲と言うのがすごい早さで無くなっていくのが困りモノ。やる気が無くなるのが早すぎだ!
 今ですと、意欲を完全回復させるアイテムが軍資金2000くらい、減少一回分を回復させるアイテムが軍資金450前後くらいなので、毎回アイテムを使っていては結局赤字になる事の方が多いみたいです。

 私はと言うと、実装直後こそアイテムを使って意欲を回復していましたが、最近はもうまったくアイテムを使わなくなりました。拾った意欲回復アイテムはむしろ売って軍資金にしてたりします。
 とは言え、通常の激突よりも特務をプレイする事の方が多い昨今。副将スキルを特務で使う事は無いので、副将を育てるにはもってこいの環境なんですよね。
 そんな訳で副将をチマチマと育てては親密度Cを目指し、Cになってさらに意欲が0になるまで連れ出して、意欲が無くなったら解雇。そして新副将の登用と見事な使い捨て献上品システムが出来上がってたり。
 しかし親密度Cまでには50回以上の戦闘が必要なので効率的とは言えませんが、まあ特務に意欲が無くなった副将を連れて行くのも勿体無いですし、これはこれで良いかなと思っております。

 少し前までは狼副将の特務で戦国策を使う事で必要な時に必要なだけ副将を雇用出来たのですが現在は不可能になっております。
 最近は激突を一日二、三回くらいしかやっていませんし、副将の雇用機会があまりなくて困っていたりも。
 現在は全副将の親密度がC以上で、全員意欲0。
 誰でも良いから副将を拾わねば……。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:02:01 | Trackback(0) | Comments(0)
活火激発
 アップデート投弧刃の情報が公開されました。
http://www.musou-online.jp/announce/090513/01/index.html
 投弧刃はオフの真三国無双4でもなかなか面白い武器でしたが、オンラインに登場するにあたって一番心配というか期待されているのがジャンプチャージの性能ではないでしょうか。
 桜扇のジャンプチャージ火球を三個くらい出すような感じの攻撃なので、着火からのコンボが非常にお手軽に出来そうなんですよね。
 その上困った事に無双乱舞が双戟型。
 自力着火無双が出来る武器としては非常に強力なものになりそうな雰囲気です。
 移動力やモーションの性能、攻撃力やスロット位置等がまだ未確定なので色んな想像が飛び交っていますよね。
 下手をすると妖杖みたいな感じの対決強武器になってしまうかも、という懸念も。
 着火や妖杖の修正を入れるとしたらここしかないというくらいのタイミングですが……。
 もう何度も書いていますが、ここ最近既存武器の修正には一切手が入っていませんし、このままのバランスを運営が良しとするならば、今回もあまり期待は出来そうにありません。
 正直なところ、もう武器のバランスとかはどうでも良いので、せめて部屋名を相手にも見えるようにして欲しいと思うのです。
 そうしてくれさえすれば、後はユーザーが勝手に遊び方を決めてくれますよ。
 妖杖無しで対決やりたい、堅牢無しで制圧やりたい。
 バランス調整が難しければ、部屋名だけでも何とかして欲しいものです。

 さて注目していた限定服飾ですが、今回はこれといって好みのものはなし。
 40万を越える高値で取り引きされていた春華純白衣の再販は驚きですね。この衣装、ナース服とか呼ばれているのですが、どこをどう見てもナース服とは程遠いと思うのですが。
 性能そのままでの再販でしたら値段も暴落するでしょうし、購入してみても良いかなと思っています。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:01:06 | Trackback(0) | Comments(0)
付喪神
 長く使ったモノには神様が宿るそうな。

 なんて理由はまったく無いのですが、私は結構一つの武器をしっかり使い込むタイプだったりします。
 一番最近では戦盤の40323鍛錬ですか。このコンセプトはいけてないかなーと思いながらもそれでもしっかり使い込んで、最終的には一つの目安である使用回数カンスト、255回まで使っています。

 他の武器も同様で、殆どの武器に関しては255回まで使っていますね。
 現在武器庫に並んでいる武器の中で使用回数が255に達していないのは、一番新しく購入した武器の積刃剣と、特務「強ければ弱まらん」の為だけに購入した大斧の二本だけ。
 それ以外の武器はしっかり使い込んでいるんですよね。
 もちろん中には泉の仙人で使用回数を稼いだだけで実戦での使用回数が少ないって武器もありますけどもね。
 鉄槍やなんかはかなり実戦の使用回数は少ないです。
 何と言っても鍛錬が15320では乱戦と特務「楼多くて功少なし」くらいにしか使用できませんし。
 多分鉄槍は実戦での使用回数は20を切っている筈。
 後は鉄矛もどう考えても実戦での使用回数は少な目。
 まあ一応泉の仙人を織り交ぜながらも無双格に乱入していたので鉄槍よりは実戦使用回数が多いとは思いますが……。
 それでも50は使っているでしょうけど100は使っていないと思いますね。
 最近はまるっきり使用していませんし、出番もありませぬ。困ったものだ。

 しかしこうしてひとつの武器をそれなりに使い込むのもなかなか楽しいものです。
 友人にはどちらかと言うと、あれやこれやと武器を色々と購入して試してみるタイプが多いのですが、何故か私は使い込みタイプ。
 積刃剣を使い込んだらまた何かに手を出してみようか、それとも軍資金が貯まるまでは使用回数カンストながらまだまだ使い込んでいない武器を使うべきか、検討中でございます。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:04:02 | Trackback(0) | Comments(0)
少数精鋭
 天皇賞と異なり、毎年「荒れる」印象の強いNHKマイルですが、今年もやはり大荒れでした。
 勝ったのはマンハッタンカフェ産駒のジョーカプチーノ。
 戦績を見ても、パッとするものも無く、どちらかと言えばクラシックディスタンスというイメージのマンハッタンカフェ産駒ではちょっとこの活躍は意外でしたね。産駒に関しては実は短いところも結構勝っているみたいではありましたが。
 何でも生産牧場の初産駒らしく、繁殖牝馬も僅か二頭なんだとか。その中からG1を勝つ馬が出てくるんですから、競馬は分かりません。
 方々で話題にはなっていますが、何となく皆に愛されたネタ馬、ウィンクリューガーを思い起こさせますねえ。
 この時期、強い馬は王道の皐月賞や日本ダービーに行く事が多く、外国産馬にも出走の門が開かれた今となっては、非常に予想が難しいレースのひとつといえるのかもしれませんね。
 穴党にはたまらない魅力のあるレースなのかも。

 さて今週はやはりマイルで争われる牝馬限定G1ヴィクトリアマイル。
 一番注目は何と言ってもドバイから帰って来たウオッカ。昨年はこのレースを落としたものの、安田記念を勝ちその強さを見せ付けてくれました。
 今年のライバルと言えば、やはりカワカミプリンセスでしょうか。無敗で秋華賞を勝って以降は不運もあり勝ち星に恵まれていませんが、こちらもかなりの実力を秘めた馬。
 調子も良いみたいですし、ドバイ帰りでウオッカが万全ではないであろう事も合わせて考えると、ここは逆転もあるかもしれません。
 もちろん、伏兵が登場しての波乱演出もあるかも。
 非常に注目しがいのあるレースと言えますね。発走が楽しみです。

テーマ:競馬 - ジャンル:スポーツ

競馬 | 01:48:51 | Trackback(0) | Comments(0)
継続は力なり
 何かを連続してやり続けるというのは、根気も必要ですしなかなか難しいものです。
 手前味噌ながら、当ブログの更新も継続して行われている事に関しては、まあそれなりに良くやってるかなと思わなくもありません。
 スポーツやなんかで連続試合出場をしている選手などは鉄人とたたえられますし、本当に素晴らしい自己管理と意思のたまものと言えるでしょう。

 そんな素晴らしい記録やなんかと比べると遥かに小さなことですが、無双盤を毎日押して貰うというのも継続と言えば継続ですよね。
 何となく小学生の頃ラジオ体操でスタンプ貰っていた事を思い出したりもしますが。
 仕事が忙しくなったりもしましたが、何だかんだで忙しいながらも短い時間ログインして無双スタンプだけは貰っていたりしたのです。
 が、昨日のこと。
 当初の出勤予定よりも早く呼び出され、しかも帰って来たのが真夜中を通り過ぎて何と明け方5時半。何と言うハードスケジュール……。
 とりあえずPCを立ち上げ、無双オンラインを起動。
 一日分取り逃したなーと思っていたのです。
 まあ仕方が無いかととりあえずスタンプを貰い、一戦だけ闘技のアイテム狩りをやってログアウトしようと思いながらも一応無双盤を確認したところ、スタンプが貰える状態になっていました。
 時間は六時五分くらい。
 どうやら無双盤の日付変更線が六時なんでしょうかね。
 
 継続が途切れたかなと思っていたら、どうやらギリギリ滑り込みセーフで更新していた模様。
 まあ、自他共に認めるライトユーザーの私ですから、いつ更新が途切れても不思議じゃないんですが、続くのはそれなりに嬉しいものです。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:04:15 | Trackback(0) | Comments(0)
暇つぶし
 夜中の2時3時にログインしたところで、友人が残っている事は極めて稀な事です。
 それも当然で、激突も賑わっていません。まったく部屋が無いかというとそうでもないのですが、野良同士ではなかなか相手も集まらず、1:0で待っているところに四人パーティーが入ってくるなんて事もしょっちゅう。
 制圧は最近ブームの将剣堅牢がかなりハバをきかせている感じですし、ひとりの時に対決はもともとあまりやるタイプの人間でもないので、ここ数日はソロプレイがプレイ頻度の殆どを占めてしまいました。
 正直、ソロプレイをやるくらいならネトゲやる意味ないなんて風に思ったりするくらいなのですが、PSUで延々とテクニックレベル上げをやっていたようにソロプレイがキライかと言うとそうでもなかったりします。
 作業プレイとかもそんなに苦手じゃない。
 
 泉の仙人は気付けばそろそろ失敗回数が2000になりそうですし、ここ最近は闘技での貴石集めもぼちぼちとやっていたりします。
 
 でもやっぱり、他のゲームに比べてレアアイテムの発掘が盛んという訳でもないですし、何となく惰性でプレイしている印象。
 レアアイテムの発掘に七星帯必須ってのがどうもソロプレイのモチベーションを下げてますねえ。
 まあこのゲームはひとりで遊ぶタイプのものではありませんが。
 惰性でプレイするようになったら末期なんて気もしますが、とは言えまとまったプレイ時間が取れない人間にとってこの手のネトゲは非常に面白いものですし、当面引退の予定はございませぬ。
 ございませぬが、何となく久しぶりに気分を変えてパンヤでもやってみたい雰囲気ですね。
 パンヤならひとりでも大会で気軽に遊べますし、対戦もやろうと思えば夜中でも人が集まりますし。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:01:22 | Trackback(0) | Comments(1)
クラシック音楽
 基本的にゲームミュージックやらアニソンやらゲームソングと言った、いかにもオタクな感じの音楽を聴く事の方が多い私ですが、クラシックもそれなりには好きだったりします。
 クラシックはCDが安いのも嬉しい特徴ですよね。
 特にカノンはかなり好きな曲のひとつで、カノンを色々とアレンジしたCDやなんかも持ってたりします。
 以前に当ブログでも紹介した動画にカノンがあったりしましたね。
 記事の中でカノンが好きになったきっかけやなんかにも触れられています。

 そんな訳で今回紹介する動画はこちら。


 タイトルでどんな動画なのか分かるというのは素敵です。
 聴き比べてみると同じ曲であっても表現によってかなり違ってくるのが良くわかります。
 演劇やなんかでもそうなのですが、脚本が同じであっても演出によってまったく違った印象、異なった印象を観る人に与える事が出来たりするんですよね。
 音楽もやはり同様。
 色んな表現があって面白いですよね。
 例えばゲームミュージックでも同人アレンジはかなり盛んに行われているジャンルのひとつですし、ひとつの曲の色々な魅力を感じられるのは面白いものです。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

日記 | 00:05:13 | Trackback(0) | Comments(3)
過ぎたるは及ばざるが如し
 私が対決で良く採る作戦のひとつに、わざと攻撃を食らうというのがあります。
 元々戦盤を使っていたので相手の攻撃を引き出す手段として使っていたのですが、これがなかなか上手くいくと面白い。
 かなり前の事になりますが、戦盤で妖杖と双剣を釣った事がありました。
 その時も妖杖のJCをわざと食らって双剣に殴られて体力が赤と黄色の境目を行ったり来たりする程度を維持。もちろん符水付き。
 戦場に拠点跡地を選んだので雑魚の攻撃も入らず、敵が双剣なので無双を貰っても即座に無双返しが出来るように無双ゲージを消費せずに戦えばもうバッチリ。
「うわあ、妖杖だあ、JCを避けられないー。逃げろー。うわあ、逃げられないー」
 という演出で必死で逃げるふりをしながら死なない程度の攻撃を食らって敵が諦めないようにひきつけることに成功。他の戦場では味方が3対2で敵を見事倒してくれて勝利を得る事が出来ました。これぞ上手く行った時の素晴らしさですよね。

 蛮拳でも時折やります。
 蛮拳の場合は結構やってる人も多いと思うのですが、ダメージを食らってカウンター真無双を狙うというもの。
 他にも好戦的な燕扇やなんかは良く攻撃を食らいますね。燕扇はダッシュ攻撃を当てて受身を取るとそこにまず間違いなく盾が飛んで来ます。それを見越してJCをするんですね。どっすんどっすんと。
 そうすると一方的に盾を食らってしまいます。風になったりしますが、そう慌てずに受身からJC。するとそこにも盾が飛んで来るのです。
 それを繰り返すと相手は「こいつは盾に対応出来ない」という風に思わせる事が出来るのです。後は頃合を見て盾に二倍無双をかぶせるだけ。
 文章だと「そんなのに引っかかって無防備に盾なんかしないよ」と思われるかもしれませんが、結構実戦だと引っかかるんですよ。

 が、先日これをやりすぎて大失敗。何と攻撃を食らい過ぎて撤退してしまうと言う大変に格好が悪い倒され方をしてしまいました。
 相手は双鞭。
 これにも良くダメージを貰いますね。今回は相手に無双ゲージが無く、こちらは無双ゲージはあるけど攻撃二倍を仕込んでもなく、そして体力が半分くらいの状態だったのでカウンター真無双で倒そうと思っていたのです。
 ちまちま攻撃を食らいながら体力を調整。
 よしこれでカウンターでいけるなと思った瞬間、敵の攻撃二倍が発動。見事に無双ゲージを抱えたまま沈んでしまいました。
 これは恥ずかしい!
「うわあ、たーすけてー」
 と演技をしていたつもりが本当に倒されてしまうとは……。
 何事もほどほどが良いという事でしたとさ。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:04:15 | Trackback(0) | Comments(0)
上位互換
 蛮拳を使い始めてからそう時間が経っているという訳でもないんですよね。
 過去の記事を検索してみたところ、購入を検討中と書いてあるのが二月の終わりの記事みたいです。
 となると使い始めてまだふた月くらいのものですか。思ったより短いというのが正直な印象です。

 使い始めたきっかけは、あれですね。
 当時良く使っていたのが攻撃型戦盤でしたが、どうにも妖杖やら双戟やらで固めたパーティーに対抗し辛い。
 まったく勝負にならないという訳ではないのですけど、それでもかなり苦しい戦いを強いられていたのですよ。
 メンバーそれぞれがどんな武器が良いかと考えていた事を良く覚えています。
 戦斧を導入してみたり、風役の武器を色々と変えてみたりしていたものです。
 そんな中私も戦盤一筋にこだわらず何か単純に強い武器は無い物かと考えたのです。
 一般的にかなり人気の双戟は味方に妖杖がいないので破竹無双をなかなか当て辛いのではないか、鉄鞭や偃月刀は基本的に無双ぶっぱなので、人数的に劣勢になると苦しくなる私達のパーティーには相性がイマイチ。朴刀も考えましたが、必要仙箪数の多さがネック。
 とまあそんな感じで何が良いかと色々と検討していたのですが、その時は蛮拳はまったく候補に挙がっていなかったのです。
 どうしてでしょうね……。何故か盲点に入り込んでいたといいますか。
 仲買を覗きながらチャットをしていて「そういえば蛮拳ってどうなの?」という感じの話になったのですよ。
 蛮拳? 悪くないかも。蛮拳なら戦盤と似たような使い方が出来るかも。何て話がトントン拍子にすすみ、他勢力の仲買まで漁って早速蛮拳を購入。
 ところが衝動的に購入した蛮拳は上昇値はまずまず、って感じでしかも改造は枠改造一回だけの状態のものだったのです。
 購入直後には後悔して、買い替えを決意。
 翌日には攻撃上昇改造二回と、枠改造一回のものが手元に。これも衝動買いに違いない。
 購入時は40332だったものを鍛錬を削って50321に。これが思いのほか私達のパーティーにフィットして、現在に至るとそんな感じですね。

 特別鍛錬も結構出て、攻撃2・体力4・無双1と出ています。防御に一回も出ていないのが悲しいですが、これは今後も使い込むでしょうし、防御にも出てくれると嬉しいところです。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:01:48 | Trackback(0) | Comments(0)
温故知新(12)
 忙しかったゴールデンウィークもようやく落ち着いてきた感じでしょうか。
 今年はまったくネットゲームが出来なかったのでその点は実に残念。
 折角乱戦やなんかは新しい要素と言う事で楽しむチャンスだったのですが。ギルドメンバーは楽しめたのであろうか。
 ログインしても誰もいないから分からない!

 と、言う訳で序文とは関係なく、タイトルで分かる人は分かると思いますが恒例過去記事振り返り。
 今回は2008年8月分でございます。

続きを読む >>

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

日記 | 00:04:39 | Trackback(0) | Comments(4)
封印解除
 パーティーリーダー曰く、武器の強さと使用者の数は大抵比例関係にある。

 さて蛮拳の話です。もちろん対決視点。
 双戟や妖杖、鉄鞭といった対決で人気の武器達に引けをとらないくらい良く見かけますよね。
 自分で使っていてかなり強い武器なのは間違いないのですが、一般的な鍛錬の40332や40421といった攻撃力がそこまで高くない蛮拳ですと、真無双以外はそんなに怖くもないって印象だったりします。
 まあ、私が大抵硬い武器を使用してしかも符水をつけている事が多いからですけどもね。

 そんな蛮拳ですが、JCが非常に高性能で知られています。
 延々とこれを連打するだけで風属性攻撃か無双くらいしか対応手段がないくらいの高性能っぷり。
 それゆえ、ひたすらJC連打は鬱陶しい事この上ないので嫌われがちな作戦な訳です。
 そんな事情もあって、実は私が蛮拳を使う際にはジャンプチャージをかなり自粛していたりしました。
 まったく使わないって程ではありませんが、実際のところあまり使っていなかったかと思います。
 しかしここのところ積刃剣を使ったり、蛮拳を使っても相手が非常に強い構成だったりと負けがちょっと多くなって来たので、勝利を目指してJCの自重を完全解除。

 いやまあ、分かっていたこととは言え実に強い。
 気をつけなくてはいけないのは無双で捕まえられると一発で倒される双戟破竹や戦斧六倍、神槌といった武器くらいでそれ以外の武器にはどっすんどっすんとジャンプチャージをしていればまず互角以上の差し合いが可能。
 よろけで崩したところに燕扇やなんかのサポートで風属性を入れてもらえばもうこちらのターンといった感じ。
 味方のサポートも組み合わさる事でかなりの強さを発揮しますね。

 そう言えば、蛮拳はいまや戦盤に次ぐ使用回数ですねえ。
 蛮拳に関しては使用者が非常に多い武器ですし、戦盤程使い込んでもいないですし、さらに普通に使えばそれだけで強い武器ではありますが、蛮拳戦術論みたいなものを書いてみるのも面白いかもしれない、なんて考えてたりもします。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:02:26 | Trackback(0) | Comments(0)
伏兵強襲
 春の天皇賞です。
 3200メートルと言う長丁場で競われるレースで、勝つには非常に高い実力が必要となる厳しいレースです。
 それだけに、あまり「荒れない」レースと言うのが春の天皇賞の特徴なのではないでしょうか。
 今年の結果も、二着と三着にはそれぞれ四番人気と五番人気が入っていますので、なるほど戦前に実力を認められていた馬が結果を残したと言えますね。
 しかし、優勝を勝ち取ったのは何と重賞未勝利の六歳馬。十二番人気の最内からの強襲でした。
 マイネルキッツは名前からわかるようにマイネル軍団の一員です。近走を見てみると、確かに重賞でそれなりに良い結果を出してはいるものの、やはり印象としては人気のわりには頑張ったなあ、といった程度でしたね。私もまったくのノーマークでした。
 血統を見てみてもイマイチパッとしませんが、母父にサッカーボーイの名を見つける事が出来ます。サッカーボーイ自身は気性や故障が災いして短距離で結果を出した馬でしたが、産駒は長距離でも活躍していましたね。思いつくところでは、やっぱりナリタトップロードでしょうか。ヒシミラクルやなんかも長距離で良い戦績を出している産駒です。
 そんな血が良い具合に出たのかなあといったところでしょうか。

 一方、一番人気と二番人気はトンでいます。
 敗因のひとつとして挙げられていたのが前走の阪神大賞典での激走。3000メートルで競われる天皇賞春を占う重要なステップレースですが、今年はかなりの道悪だったのです。この道悪での長距離激走のダメージがあったのかもしれませんね。今年は阪神大賞典から天皇賞に来た馬達はまったく良いところがありませんでしたし。

 さて、マイネルキッツは一発屋で終わらないようなこれからの活躍を、惜しくも敗れた馬達には雪辱を、実力を発揮できずに惨敗してしまった馬達には巻き返しを。
 それぞれの馬にそれぞれの期待をかけつつ、今後に期待したいと思います。古馬戦線はまだまだこれからです。

テーマ:競馬 - ジャンル:スポーツ

競馬 | 00:02:29 | Trackback(0) | Comments(2)
背に腹はかえられぬ
 生活リズムが変わって、何が困っているかと言うと、食生活の崩壊が最も困っていたりします。

 何せ、仕事が終わるのが早くても夜中の1時くらい、通常だと2時3時くらいにはなりますから、こんな時間に開いているお店と言えば深夜営業をやっているファミレス、24時間営業をやっている牛丼屋、そして後はコンビニくらいしかないんですよね。
 一人でファミレスというのも苦手という程ではありませんが、好んで行くほどではありませんし、牛丼屋やなんかは職場から自宅へのルートから随分外れたところにしかないので、もっぱら最近利用しているのはコンビニ弁当。
 最近のコンビニ弁当は、そう馬鹿に出来るほど不味くはないと思うのですよ。値段からするとちょっと高いかなと思いますが、現在の私がそうであるように24時間いつ行っても置いてあるというのは大変な魅力。
 しかしそうは言っても、肉ばっかりで魚は少ないですし、味も濃い目の一本調子な感じがしてどうしても飽きてしまうんですよね。

 普通の弁当を購入してみたり、時にはパスタや焼きうどんやなんかを購入してみたりとバリエーションを色々とつけてはみるものの、コレといった好みのものには当らず。
 あー、でもあれかな、パスタ系はわりと美味しいものもあったかもしれません。でもパスタは当りと外れの落差が大きいような印象。
 定番ですが、明太子パスタがコンビニ弁当で美味しかった記憶がありませぬ。

 そんなこんなでそれなりの不満とそれなりの満足を共存させつつのコンビニ弁当ライフでございます。
 ところで、この手のコンビニ弁当を一人で食べる時の効果音って「モソモソ」だと思いませんか?

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

日記 | 00:05:16 | Trackback(0) | Comments(0)
拠点維持
 野良で積刃剣の練習をしていた時のことです。
 相手の中にとある名前をみつけました。
 私達がまだアイテム無しで対決をやっていた頃、その人は毎回幻杖を使って来ては、無双で私達を苦しめていたものです。
 当時、私が戦盤を使っていて、他のメンバーが幻杖無双を食らうと致命傷だったので、その人が相手にいると私が抑え役にまわっていましたね。
 かなり長い事都尉でプレイしていたので、昇級しないプレイスタイルなのかなと思っていました。熟練でプレイしなくなってからはまったく出会わなくなっていましたし。
 そんな訳で久しぶりに出会ってみると、使用武器も変わっていましたよ。
 一回出会っただけなので毎回使っているのかどうかは分かりませんが、とりあえずその一回は羽扇を使って戦っていました。
 二倍無双はなかなかの威力でございましたとさ。

 以下、ゴールデンウィーク中一度だけ参加出来た乱戦の話。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:05:54 | Trackback(1) | Comments(0)
大金投入
 これまで最も高い金額の買い物と言えば、間違えて購入した双剣だったのですが、ちょっと奮発してそれと同じくらいの値段の武器を購入してみました。
 手に入れたのは積刃剣。
 堅牢が強力な制圧で人気の武器ではありますが、実はこれでなかなか対決でも強かったりするのです。
 体力ののびがイマイチなので、耐久力こそ不足を感じますが、攻撃力や無双の使い勝手の良さなど、なかなかに良いのですよ。

 購入のきっかけは、パーティーメンバーのひとりが双戟を導入した事。
 双戟は確かに非常に強力な武器なのですが、やはり破竹無双は警戒されて対応されてしまいがち。
 一般的なパーティーでは妖杖やなんかで着火無双をしてくる訳ですが、積刃剣の突が気絶なのでこれもまた破竹無双につながるんですよね。
 射程距離やなんかは妖杖の着火以上のものがありますし、上手に使えば相手にしてみればかなりの脅威になります。
 そんな訳で突の積刃剣を探していたら、丁度良さそうな積刃剣が43万程度で売っていたので購入したという訳です。
 これで新シナリオ以降大量に武器を購入しまくったのも打ち止めといったところでしょうか。何せもう軍資金がありません……と思ったのですが、実はまだ二十万くらいはあったりします。
 ちょっと前まで百万だの六十万だの持っていたので目減りした感は否めませんが、これだけあればとりあえず普通に激突する分には全く困りません。まあ、さすがに新たに武器を買うという気にはならない所持金ではありますけどね。

 そんなこんなで手に入れた積刃剣、先ずは野良で使ってみました。
 積極的に対決野良をやりまくるのは久々でしたが、十戦以上をこなして自信をつけた後には友人と合流。総じてなかなかの戦績を出す事が出来ました。
 目安でしかないのですし無双ぶっぱの武器を使えば簡単につきますが、指揮官撃破Sはつきましたね。
 撤退数もまずまず少ない数でおさまったとは思います。やはり移動力があるので逃げようと思えば幾らでも逃げられるのが利点ではなかろうか。
 怖い敵は神槌とか朴刀、偃月刀あたりでしょうか。神槌や偃月刀は無双が強力な武器ですし、朴刀はとにかく攻撃力が高いので体力の短い積刃剣ですと一発で倒されたりするのです。
 手に入れた積刃剣の鍛錬が40323と攻撃重視というのもありますが、基本的に無双が強い武器は苦手。
 しかし地上無双を確実に当てて先に出す事で無双を消費させる事は可能。……偃月刀だけは無双のサイクルがこちらよりも早いので対処に困りますけども。偃月刀の盾無双たまりすぎでしょ!

 とまあそんなこんなで新武器導入。正直、似たような地上無双を持つ鉤鎌刀よりもかなり強いという印象です。これなら問題なく使っていけるかなと思っております。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:04:20 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。