■プロフィール

くりふじ

Author:くりふじ
禍福はあざなえる縄の如し。
良い事ばかりも続かなければ。
悪い事ばかりも続かない。
そんな毎日。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■ブログ内検索

■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
四方山話(6)
 今年もどうやら24時間テレビをやっている模様。
 仕事が忙しいのもありますし、例え仕事が暇だったとしてもまったく興味も無く観てもいないとは思いますが、この番組が放送される時期になると大抵ネットではアンチやネガキャンが散見されるんですよね。
 今年は、外国のチャリティー番組は出演者はノーギャラが常識だ、といった話題を何処かで見かけました。
 別に24時間テレビが素晴らしい崇高な番組だとは思いませんけど、良いんじゃないですかね。
 テレビ局もスポンサー収入で潤って、スポンサーはイメージアップを得て、出演者はギャラを得て、ボランティアの人は充足感を得て、募金をする人はちょっとした良い気分を得て、そうして産まれたお金がチャリティーに使われる。
 良い事ではありませんか。詐欺があったとか不正があったとかならともかく、そうでないなら皆が満足出来ているんですし、悪くありませんよね。
 例えばゲームで、作る側も受け取る側もそれで満足しているのに評論家だけが文句を言っている。そんな状態は好きではなかったりするのですが、毎年この時期になるとそんな気分になります。
 この手の意見には、馴れ合いからは改善が生まれない、という反論がつきものではありますが。

 選挙です。
 政権交代なるか、ってところですかね。
 PSUブログ 茨の道も一歩から 「決戦の日」
 当ブログからリンクを張ってある数少ないブログのひとつ、「茨の道も一歩から」様でも取り上げられていますね。勝って驕らず、でお願いしたいと。まったくもって同感です。
 今回の選挙に関しては結構国民の関心が高いのかな、なんて思っています。
 とりあえず投票には行くつもり。

 あれ? いつになく真面目な話題が続きますね。
 最近コンビニ弁当が多いんですよ。しかも職場からの帰り道にセブンイレブンがあるのでそこで購入する事が圧倒的に多いのです。
 そしてお弁当を購入する訳ですが、この弁当がなかなかにクセモノ。
 いえ実は味の事を言っているのではありません。
 フタがテープで貼り付けてあるじゃないですか。そしてそのテープ、何やら特殊加工でどこからでもカット出来ますよ的なテープな訳です。
 簡単にカット出来て開封が楽! というのがウリなんだと思うのですが、これがカットしやすすぎて困っています。
 ものすごい簡単に千切れるので、あっという間に細かい破片になった挙句指にくっつく!
 正直このテープは嫌いなので改良して頂きたい! まだまだ改良の余地があると思いますぞ。

 うむ、やっぱり真面目な話題ばかりだと疲れますね。

スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

日記 | 00:05:38 | Trackback(0) | Comments(2)
責任転嫁
 携帯電話の何が嫌って、こちらの都合お構いなしに着信が入る事なんですよね。かと言って、着信を取らなければ取らないで携帯電話の意味が無いとも思えますし……。

 先日、久しぶりに時間が取れたので普段は一日一回程度しかやっていない雀龍門をやってみようかと思い立ち、ログインしました。
 一戦目は非常に調子が悪く、振込みもあってラスを引いてしまったのです。ハンゲの方の戦績ではラス率は10%強。まあこんな事もあるよなと気を取り直して再度挑戦。
 事が起こったのはまだ序盤戦の東二局。
 携帯電話が鳴り始めたではありませんか。
 発信元を見てゲンナリしながらも取ったのですが、まあここからが長い長い。
 延々と南四局、つまりオーラスが始まるまで携帯電話を離す事が出来ませんでした。
 さすがに電話で話しながらまともに麻雀をプレイ出来るはずもなく、その半荘もラス。一番悔しかったのが、親の三暗刻ドラ3を聴牌していたのに、間違ってツモギリしてしまったためノーテンで他家にあがられた事。普通にやれてたら……。
 電話も終わり、何だかんだで二連続ラスという非常に調子の良くない状態になってしまった私。
 こういう時って迷いますよね。ログアウトして悪い流れを終了させてしまうか、あえて突き進んで勝つ事で気分良くゲームを終わるか。
 その時の私は後者を選択。これで負けたら泣けてくるね! と思った東一局。
 またしても携帯電話が……。
 今度はゲームをやれる状態ではなくなってしまったので泣く泣く接続を切ってゲーム終了。
 周りのメンバーには申し訳ない事ながら、ツモギリマシーンと化してしまいました。
 戻ってきてから確認したところ、結局その半荘も当然のようにラスでした。
 ラス三連続とは……。

 とまあ三連続ラスの責任を携帯電話に転嫁してみた、というお話。
 その後は反動か、一気に調子が良くなって1-1-2-1-1という良く分からないながら良い戦績。
 禍福はあざなえる縄の如し、という事であろうか……。

テーマ:無料オンラインゲーム - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:04:04 | Trackback(0) | Comments(0)
四方山話(5)
 ずっと勘違いしてた漢字の読み方、というスレッドをネット閲覧していたところ見かけました。
 確かに、あるんですよね。自分では読めているつもりだったのに実は違っていた、というケース。
 私の場合、特に印象に残っているのが「憧憬」だったりします。
 何かのノベルゲームをプレイしていた時、この文字を含む文章に音声がついていたのですが、その時「しょうけい」と読んでいたのです。それを聴いて「ぷーくすくす、しょうけいだってさ! これは『どうけい』って読むんだよ!」と内心してやったり何て思ってたりしたのです。
 しかしまあ一応辞書も引くかと思って広辞苑を開いたところ、何と憧憬の項目に『→しょうけい』と書いてあるではありませんか。
 どうやら正しくは「しょうけい」と読むらしいとその時初めて知ったという訳。まあ「どうけい」も間違いではないみたいなのでそこは一安心でしたけど、誰もいないのに思わず赤面した出来事でした。

 仕事と仕事の合間を縫うようにして高校演劇を観に行ってきました。
 例年であれば、何校か観るのを楽しみにしているのですが、今年はあまりにも時間が無かったのでやむを得ず母校の劇のみを観て来ました。
 シェイクスピアのマクベスを劇中劇で演じつつ、現代劇と喜劇をミックスしたような脚本でした。
 既存の脚本でしたが、この劇は初めて観ますねー。興味のある方は「贋作マクベス」で検索してみると色々と情報が見つかるかも。
 どうやら無事に地区大会を突破、県大会に駒を進めたらしいので、次にも期待出来るかもしれませんね。


 
 以前魏延の話を紹介した事がありましたが、それ以降もぼちぼちと三国志の二次創作作品を探しては閲覧していたりします。
 後世、異国の地においてこれだけ物語が作られると言うのも考えてみればすごい事ですよね。
 さて今回紹介するのはタイトルから分かるように夷陵の決戦。劉備玄徳、最後の戦です。
 前半の見所は馬良と沙摩柯の会見でしょうか。
 後半には劉備の最期が描かれています。劉備の最期はどの三国志作品においても胸にくるものがありますね。
 この作品においても心揺さぶられました。
 人の夢と書いて儚い。でもそんな夢を語り合う友がいたからこそ、彼等は幸せだったのかな、なんて格好の良い事を考えてしまったりも。

 気付けば八月もそろそろ終了。今年の夏は本当に仕事ばかりで気付いたら終わりそうです。休みが欲しい……。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

日記 | 00:05:02 | Trackback(0) | Comments(0)
ナチュラルサーバー
 新コースの実装が予想されていたパンヤでしたが、予想とは実装の順番が違っていた模様。
 意外な事に本家韓国でも実装されたばかりのナチュラルサーバーが実装されました。
 色々とどんなものか予想されていましたが、結局風力表示が大まかなものになり、風向きが一見すると分かり辛くなっている、というだけの変更でした。

 いやまあ、これはこれで結構大きい変更点ではあるんですけどね。
 風力もこれまでの1m刻みだった状態から、0.1m刻みの風力が存在する模様。見えないだけで1.5mですとか、8.8mとかがあるというわけですね。
 表示は三段階なので、風力の読みはかなり重要。風が静かな時はともかく、同じ表示でも7mと9mでは狙い場所が全然違って来ますし、向かい風や追い風では飛距離にもかなり影響が出ますから、アプローチやチップイン難易度はかなり高まったと言えるでしょう。

 しかし、問題はこれをどういった層にアピール、プレイして欲しいのかってところですよね。
 基本的に計算をしてチップインを狙い、爽快感を楽しみたいタイプのプレイヤーにはこの仕様は喜ばれないでしょうし、PPを貯めたいというプレイヤーも、倍率が違うとは言えこの状態では普通のサーバーでプレイした方が効率が良さそう。
 どうせチップインが入り辛いから早打ちの経験値稼ぎには使われそうなのが用途としてあげられてしまっているくらいです。

 これが発表された時には、旧ラダープレイヤーや、計算してチップするのとは違った楽しみ方をしたいプレイヤーから結構期待されていました。
 トマホークやスパイクといった特殊ショットがこのゲームの特徴で醍醐味である事は否定しませんが、折角こうやって別にナチュラルサーバーを作ったのですし、思い切って特殊ショット使用不可にしてしまっても良いんじゃないかなーと思ってしまいますね。

 ただ、経験値や獲得PPの倍率は今後調整を加えてくるそうですし、ユーザーの要望が大きければあるいは特殊ショットの使用有無も手を加えてくれるかも? 記録もナチュラルサーバーは別に集計されるらしいですし、ここは是非検討していただきたいところです。

テーマ:スカっとゴルフ パンヤ - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:04:06 | Trackback(0) | Comments(0)
一長一短(2)
 タイトルに(2)がついていますが、今回は内容の関連性はありませぬ。

 今日も今日とて雀龍門の話題。
 プレイデーターが蓄積される公式戦とは別に、交流戦を目的とした項目があります。
 それ自体はハンゲームの麻雀や他のネトゲ麻雀でもありがちだと思われますね。
 この交流戦、実に良い面と悪い面が極端すぎたりします。
 良い面は、ルールがかなり細かに設定出来る事。公式戦では当然ルールが固定ですが、これを変えたい、と思わせるような項目は大抵揃っていました。
 制限時間の変更や、長考ボタンの使用。赤ドラやダブロン喰い断の有無、流局の設定などなど。
 ここまではハンゲームの麻雀でもある程度設定が可能ですが、この雀龍門では嬉しい事に後付けの有無も設定出来るのです。
 これですと、私がリアルで麻雀をやる時のルール、喰い断後付け赤ドラ無し、を設定できるという訳ですね。
 アリアリの赤ドラまでありですと、どうしても鳴きや速攻に偏りがちです。戦略ですからそれはそれで良いのですが、じっくりと麻雀をやりたいという需要はあるでしょうし、このルール設定はなかなか良い感じです。

 逆に悪いのは交流戦のシステムそのもの。
 ネット麻雀と言えば、大抵はロビーが共通でそこで部屋を探して対局をするというシステムが多いと思うのです。
 雀龍門も一応はそのシステムなのですが、何と今どのような部屋があって、どの程度待ちが発生しているかがロビーからわからないのですよね。
 部屋主は先ず、部屋コードとルールを設定して部屋を立てます。
 そしてロビーでチャットを使って「半荘・アリアリ・@2名 コード1234」といった形で募集をかけて、そのチャットを見た人がそのコードを入力して入室する、といった流れになるのです。
 友人四人が集まっている場合は良いでしょうが、そうでなければ非常に野良がやり辛いシステムと言えるでしょう。
 交流戦をクリックしたら部屋一覧みたいなものが表示されると良いのですけど……。
 そして私としては最もマイナス要素が大きいのが、対局中のチャット不可。
 これは幾らなんでも悲しいものがあります。
 マナーや不正を考えると制限したくなる気持ちは分かりますが、せめて交流戦では……。あるいはチャットの有無もルールで設定できるようにする、ですとか。

 ハンゲでは後付け設定が出来ず、雀龍門では気軽に野良が出来ず。
 まさに一長一短ですなあ。

テーマ:無料オンラインゲーム - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:04:37 | Trackback(0) | Comments(0)
万古不易(2)
 あまりも休みがないので殆どネトゲをプレイできない日々が続いています。ここ最近は一日一回だけ雀龍門をプレイしてすぐ寝る、といった感じの生活です。
 ちまちまとプレイをしつつ、遊んだ回数が半荘5回に達しました。
 緒戦こそトップという嬉しいスタートとなった雀龍門ですが、その後は実に私らしい戦績。五戦やっての戦績が一位-二位-二位-四位-二位。と言うもの。
 四位の時はノーホーラだったので仕方が無いところですね。
 ちょこっと探してみたところ、ハンゲームの麻雀の戦績が出てきました。
麻雀戦績5
 こちらは200戦とかなりの回数をプレイした戦績ですので、今現在の雀龍門よりはかなり精密な戦績になるのではなかろうかと。
 もちろん雀龍門にも戦績が蓄積されます。あまり数字を気にしすぎると楽しくなくなりますが、やっぱりプレイしてきた足跡を閲覧出来るのは麻雀ゲームの醍醐味のひとつだと思いますね。
 何故か雀龍門の戦績には一位率や二位率が無かったりします。回数はちゃんとカウントされていますけども。
 とび率、とばし率も多分ハンゲとはちょっと違います。率ではなく回数で表示されるのですが、飛ばしは「自分の和了で」誰かを飛ばした回数がカウントされる模様。参加した半荘で誰かが飛んだ回数、で良いような気がしますけど……。
 和了率、放銃率、立直率、副露率はきっちり集計されています。
 さすがに半荘5回じゃたいして参考にはなりませんが、相変わらず防御が硬い傾向ですね。和了率が全国平均22.94%のところが何とたったの15.68%。しかし放銃率が全国平均15.98のところが3.92%。こうして全国平均と自分を比べられるのは面白いですね。
 その他、流局率や流局時聴牌率やなんかも雀龍門では集計されています。流局する時は殆どオリているので私は平均より流局時聴牌率が低いのか、何て事が分かったりも。
 また、中には全国ランキングトップクラスを閲覧できるデータもあったりします。例えば副露率。ランキングには80%台だの70%台だのが沢山いらっしゃいます。良い悪いは分かりませんが、すごいものです。

 もうひとつ、嬉しいサービスに雀龍門の辞書があります。
 無双でもゲーム内で使われる単語を簡単に登録出来る辞書がありますが、雀龍門にもありました。
 おかげでこの記事を書いていても副露ですとか立直、和了といった漢字が読み方を入力するだけで変換されるので非常に楽です。三元牌ですとか平和も勿論変換されますよ! でもどうした訳かタンヤオは変換されません。一盃口 や七対子、まで入っているのに、何ゆえ……。

テーマ:無料オンラインゲーム - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:01:25 | Trackback(0) | Comments(0)
予定変更
 一週間飛ばしてしまいましたが、競馬の話題です。
 夏も終わりに近付き、色々と大きな話題が見られるようになりましたね。

 その中でも注目度の高いニュースが、やはりディープスカイ引退の報。
 春は良い勝負をするんだけど勝ちきれず……、といったレースを繰り返して結局凱旋門賞挑戦のプランを白紙に戻し、国内での雪辱に燃えていてファンの期待もあっただけに急な引退は残念ですね。
 ただ、発表された原因を考えると仕方が無いのかも。 
 競走馬の宿命ともいえる屈腱炎を発症してしまってはやむを得ないところなんでしょうか。思えば父アグネスタキオンも大器としてその将来を嘱望されながら、屈腱炎を発症。僅か四戦で大きな可能性を残したまま引退。種牡馬としてもまだまだこれからという時の死亡は記憶に新しいところです。
 タキオンの後継種牡馬も必要でしょうし、無理に復帰を目指すよりはという判断は良く分かるだけに、ディープスカイには名種牡馬アグネスタキオンの血を受け継ぐ者として頑張って貰いたいですね。

 牝馬の注目株、ブエナビスタが秋緒戦の札幌記念に出走してきました。
 牝馬で三歳という事もあり、かなり大きいアドバンテージをハンデとして得られるのも影響してでしょうか。もちろんこの馬の実力を評価してでしょうが、単勝1.5倍という圧倒的な一番人気に推されていました。
 しかし結果は後ろから追い込んでの二着。
 ハンデを貰っての二着には物足りなさもありましたが、小回りの競馬場での短い直線を一気に追い込んで来る姿はさすがと思わせるものがありましたね。
 札幌記念を勝てなかった事で、こちらも凱旋門賞挑戦は撤回されるみたいです。
 まあこちらの馬の場合は、いかに強さを見せていたとは言え、同世代の牝馬の中でのトップでしたし、無理に海外挑戦するよりも国内で……と思わなくもありませんでした。
 とは言え、中にはウオッカのような馬もいるだけに、牝馬だからと侮れない面もあるんですけどね。
 ともあれ、海外挑戦は白紙に戻されての秋華賞に挑戦するんだとか。
 となると注目はやはり牝馬三冠。
 是非ブエナビスタには勝って三冠を達成してもらい、その上で現役最強のウオッカに挑戦……、なんて想像をしてみるのはファンとしては当然の事ですよね。

 そろそろ秋、競馬が盛り上がる季節になってきました。どんなレースで、どんな馬が活躍するのか、今から楽しみです。

テーマ:競馬 - ジャンル:スポーツ

競馬 | 00:03:49 | Trackback(0) | Comments(2)
光は東方から
 詰めが甘い、という言葉がありますね。
 辞書などをまったく引いてないのであてずっぽうで言いますが、何となく将棋に由来する言葉って気が致します。
 夏休み、色々なオンラインゲームで様々なイベントが行われました。大いに盛り上がったゲームもあればそうでなかったゲームもある事でしょう。
 戦国パンヤや、イベント目白押しで、不具合などのトラブルもありながら結構好評だったパンヤですが、夏休みも終わりに差し掛かったこの時期にまだサプライズが待っていました。
 詰めの甘さが微塵もないあたりはさすがですね。

 とは言っても、現時点では恐らくそうであろう、という話なのですが。
 どうやら新コースが実装される見通し。
 実はシーズン4で実装されたロストシーウェイは殆どと言って良いくらいにプレイしていないので、新コースがものすごく楽しみという訳ではないのですが、やっぱりこうして新しいコースが実装されるのは楽しみですし、どんなコースなのか、難易度はどの程度なのかと今からワクワクしています。
 コースの名前はEasternValley。東風とか呼ばれているんだとか。何て音読するんでしょうね。ひがしかぜ、こち、とんぷう、あたりが考えられますが、さてはて。
 それはともかく、この新コースを皮切りに秋のイベントになだれ込む模様。
 称号システムやカットインシステム、リサイクルシステムの強化やなんかが予定されているんだとか。
 称号はあまり興味はありませんが、もしかして「コロ寄せプレイヤー」なんて称号があったりするとやる気がアップするかも。
 カットインがあるとゲームが楽しくなりそうですし、リサイクルシステムが強化されればアイテム面で使われなかった消費アイテムの使い道が出てくるに違いありません。

 どれも楽しみですねえ。
 とりあえず、来週に新コースが実装されるかどうか、注目したいと思います。

テーマ:スカっとゴルフ パンヤ - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:01:26 | Trackback(0) | Comments(0)
雀龍門
 ここ最近ネットサーフィンをしていると見かける広告に無料麻雀ゲームのモノが良くあります。
 無料麻雀ゲームと言えば、今現在ハンゲームの麻雀をプレイしていますし、何だかんだで人数も多いですしこれまでプレイしてきたデーターが蓄積されているしで、新しい麻雀ゲームをプレイしてみようという気分にはならなかったのですよね。
 ところが今回はあまりに色んなところで広告を見かけるものですから、無料だしちょっとだけでもプレイしてみようかと思わされました。
 
 とりあえず普通にインストールを試みましたが、何とこのゲームもインストールとログインにはIEが必須。面倒に思いながらもIEを起動してきましたさ……。
 一そろい登録を済ませていざプレイ開始。
 交流戦・公式戦・チュートリアルとありましたがとりあえず公式戦を選択。どうやら対戦相手を自動で探してきてくれる模様。これは楽で良いですねー。友人同士で遊びたいと思えば交流戦とかを選ぶ必要があるのでしょうか、多分。
 3Dだけあって画像はかなりリアル。これは良い感じですねー。
 公式戦はルールが変えられないのですが、これがまた結構特殊です。ダブロンやトリプルロンがありなのはまあ良いとしても四風連打流れはあるのに四人リーチの流れが無かったり、クイタン後付けはありなのに食い換えは無しだったりとあまり一般的ではないルールを採用していますね。
 まあこれはこれであわせるしかないところでしょうか。
 キーボードでゲーム操作が出来るのは嬉しいところ。もちろんマウスでも簡単にプレイできますので好きな方でプレイすると良いのではなかろうか。

 そんなこんなんで半荘戦を一回遊んで来ました。ハンゲと違って、他家との得失点差が表示されないので、○○ツモや○○直撃で逆転だなと言ったのがパッと見では分かり辛くなっているのは残念なところ。是非得失点差は表示して欲しいところですね。
 一回やっただけでは何とも言えませんが、その一回に限ってはものすごい鳴き麻雀プレイヤーがいた事もあり、随分と荒れた麻雀になりましたね。
 完全においてけぼり気味でしたが、何とかチャンス手をモノにして安手で二回和了。振込みゼロで27000点保持でオーラス突入。トップ目とは9000差でしたのでマンガンツモを狙っていたらチンイツドラ2が完成。ハネマンツモで何とかトップ。
 嬉しい雀龍門デビューとなりました。

 時間がなかったのでその一回のみでプレイを終えましたが、公式を見てみるとハンゲにはない魅力的な要素もありそうですし、ちょっとだけ遊んでみるのも面白いかもしれない、と思っています。

テーマ:無料オンラインゲーム - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:03:13 | Trackback(0) | Comments(0)
戦盤時代
 恐らく、今が戦盤が最も「使える武器」として活躍している時期なんじゃないかと思われます。
 制圧では相変わらず攻撃速度の遅さと破壊性能のイマイチさから活躍は難しいですが、対決ではその持ち前の耐久力と、そして以前から何も変わっていないのに重要性がどんどん増してくる激無双の使いやすさから、結構使える武器としての地位を確立しつつあるような気がしない事もありません。
 私が現在所持している改造済み戦盤は全部で十種類。
 戦盤狂戦盤狂(2)で紹介している戦盤九種類に加えて、制圧用戦盤として購入、作成途中の完成形53300のものがあるのです。
 そして今回、制圧戦盤も完成していない上にプレイ頻度は激落ち、そんな状態にも関わらずまたまた戦盤を購入してしまいました。
 いやだって、折角の戦盤時代ですし!

 と言う訳で以下、対決用改造戦盤・特防の話。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:02:36 | Trackback(0) | Comments(2)
最優秀記録タイ
 ここのところ頻繁にプレイしているパンヤです。
 当然、ブランクと言うものがあります。特にシーズン4が実装されてからのプレイ時間は殆ど無いに等しかったので、新コースの攻め方やなんかはさっぱりですし、アプローチの精度は落ちているわパットの精度は落ちているわと散々。

 しかしまあ、ちょこちょことプレイしていれば感覚もそれなりには戻ってくるものです。
 特にパンヤ率に関しては完全に元に戻った感じ。
 このあたりは妖精の耳と妖精の羽の恩恵もありますけどね。
 それでも全盛期、シーズン3を最もプレイしていた時期に出していた記録にはまったく及ばないのは当たり前というものでしたが、昨日友人に誘われて行った大会巡りの最中、その最盛期に出したスコアと並ぶ記録を出す事が出来ました。めでたい。

 プレイしたコースは、セピアウインド・シルヴィアキャノン・ウェストウィズ・シャイニングサンドの4コース。
 さて、どのコースで最優秀タイ記録を出したと思われますか?
 比較的簡単な西ウィズ? それとも好きなコースである砂? いやいや、違うのです。
 西はショートホールでホールインワンを出しやすく、最盛期では結構チップをしていたので今ではまったく出せる気がしないスコア(それでも平均よりいけてないと思われますが)ですし、砂はコロチップが非常にやりやすいコースで、やはり今の実力ではちょっと難しいスコアが以前に出ているのです。
 そしてセピアウインドはまぐれの数回コロチップという奇跡としか思えないスコアを保持していたりします。
 と、言う訳で最優秀タイ記録を出したのはシルヴィアキャノン。
 コース難易度はかなり高く、パンミが即OBになってしまうケースも少なくありません。とは言え、地面は平坦な場所も少なくないので上級者にはチップしやすく結構スコアが出るコースなんだそうな。
 私はと言うと、もちろん危ない場所は回避のチキンプレイ。落ちそうな場所は刻みつつもそこそこは攻めるという中途半端なプレイながら、羽耳のおかげで維持している高パンヤ率でミスもなく回る事が出来、ワンチップの-20でした。今回はありませんでしたが、パンミスでも特殊ショットが発動するというのはこのコースやウィズウィズやなんかではOBが減りそうですよね。
 何でも、私は刻んだ8ホールやなんかは簡単にワンオン出来るという話を聞きますし、上手くすれば新記録も夢じゃなかったのかな、なんて思ってしまいますね。ちょっと贅沢ですか。

 とまあこうして久々に戻ってプレイしても楽しめるのはパンヤの良いところ。記録更新にはあまり拘っていませんが、やっぱり更新出来れば嬉しいものです。

テーマ:スカっとゴルフ パンヤ - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:04:54 | Trackback(0) | Comments(0)
期間限定
 以前から当ブログを閲覧して下さっている方の中には気付いた方もいらっしゃるでしょうが、昨日の深夜にアクセスカウンターを設置してみました。
 これまで当ブログにアクセスカウンターを設置していなかった理由は過去に語っていますし、現在もその考え自体は変わってはいないのですが、2周年も間近に控えた昨今、現時点でどれくらいの人が訪問してくれているのか知るのも悪くは無い……と言いますか、正直なところ興味はあるのですよね。
 世の中知らない方が良い事もあるという気もしなくはありませんが、とりあえず期間限定で一ヶ月程度、もしかしたらそれより早く撤去するかもしれませんが、その程度の間アクセスカウンターを設置する事に致しました。はてさて、当ブログはどの程度のアクセスがあるのか、予想してみるのも面白いかもしれませんよ?

 きっかけは友人との会話。
 同じようにブログを運営している友人なのですが、アクセス数が多かったのでやる気が出る、といった話題になったのです。
 確かに、好きな事を書いて好きな人に読んで貰えればそれは理想ですが、やはり多くの人に読んで貰えるとやる気は出るものですよね。
 そんな話から、当ブログはどの程度のアクセスがあるのか? という話になり、じゃあカウンターでも設置してみようかという気分になりました。

 さて経緯はともあれ、アクセスカウンターが設置された訳ですが、どの程度のアクセスがあるものか……。
 友人知人や、自分が良く行くブログのアクセスを見てみると、やはり画像が多かったりイラストがあったりと、見ている人が楽しめるようなタイプのブログがヒット数が多いような気がしますね。
 一日平均が10ヒットくらいの場所があれば、100を余裕で越えるような場所もありと、やはり色々なブログがあるものです。
 しかしまあ、自分の予想では一日のヒット数が10あれば良い方かな? と思っています。いやまあ本当はもうちょっとあると良いなあなんて思わなくもないのですが、期待しすぎてそれより少ない、よりは期待より多かった、くらいの方が精神衛生上良い気がしますし……。
 友人は20ヒットくらいはあると言っていましたが、さてはて。
 設置初日、設置してから三時間くらいでヒット数は5。
 どの時間帯に訪問数が伸びるのかもさっぱり知らないのでここからどう動くかも予想が付きません。
 
 自分予想:一日10ヒットのひと月300くらいあれば良いな。(本音はもう少しあると嬉しい)
 友人Yさん予想:500はいくと思っていますが…。

 さて、結果はいかに?

テーマ:お知らせ - ジャンル:ブログ

日記 | 00:01:55 | Trackback(0) | Comments(3)
弧刀実装(2)
 期待の大きかった弧刀がついに実装されました。
 まだ実装初日でモーション性能やなんかが明らかになっていませんから、評価はこれからといったところだとは思いますが、とりあえずスロット位置に関してはイマイチ使い辛い感じです。攻撃5、破壊3、防御2、体力6、そして無双が1。
 とりあえず攻撃スロットが5の時点で制圧に向いているとは言えません。どうしても初動が遅れますしね。C3はわりと早そうなので高楼や戦車破壊には向いていそうかもしれませんが、狩り性能がどうかなってところですか。
 となると対決用でしょうか。攻撃スロット5のわりには攻撃力上昇値が低いのが気になりますが……。現在の攻撃力補正に見合った上昇値バランスと言えるのかもしれません。バランス型の武器になってくるかもしれませんね。

 そしてこちらも期待されていた既存武器のバランス調整。
 特に大きく手が入ったのが、やはりユーザーからの要望が大きかったと思われる制圧視点での鉄槍下方修正と対決視点での投弧刃下方修正。制圧では将剣堅牢と対決では蛮拳が修正されなかったのは少し意外ですね。
 鉄槍については特務で実際に使ってみましたが、JCはもう笑えるレベルの下方修正が入っています。発動は遅すぎるわ移動距離は短いわと、使いどころが無くなった感じ。
 そして他では夏圏と斬馬刀に上方修正が入っている模様です。どちらも武器庫に並んでいない武器なので何とも言えませんが、使用者には嬉しい知らせでしょうね。

 後は目立ったところでは雑兵の攻撃頻度を下げたとか。
 雑兵の攻撃頻度に関しては下げた時はこうやって告知してくれますが明らかに上がっている時は告知なしだったりしますし、どの程度変わっているか信用できない……と思ってやってみたら確かに下がっているような気がしなくもないような……。
 要は微妙というところです。

 とまあ久々のログインとなった無双ですが、やっぱり何かイマイチです。飽きがあるのかもしれません。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:08:57 | Trackback(0) | Comments(3)
期待半分
 パンヤは韓国での開発運営が本場な訳ですが、その韓国パンヤで8/20に何やら面白そうなアップデートが行われる模様です。
 未だ詳細不明ですが、センスと感覚で勝負する新感覚対戦方式のナチュラルサーバーがオープンするそうな。

 ナチュラルサーバーという言葉に反応してしまいますね。
 パンヤと言えばトマホークやスパイクといった特殊ショットでのチップイン狙いが爽快感もあり人気ですが、私は以前からどちらかというと普通のゴルフゲームのようにクラブ選択やアプローチの精度で勝負するのが好みでした。
 シーズン2の時はラダーというシステムがあったんですよね。
 風が風向きだけで風力はコンパスの回転で推測するしかなく、またトマホークは使えたもののパワーゲージを使用するとショット方向がぶれてチップイン狙いには向きませんでした。
 このシステムで普通のストロークやマッチ、大会が出来ればよかったのですが、当時はラダー専用でしかもラダーは相手を選べず、またポイントを競う関係上どうしても真剣勝負ばかりで遊びの要素が少なかったのです。
 今度の韓国で実装されるナチュラルサーバーがどのようなものになるのかは今の時点では想像するしかありませんが、新感覚をうたうぐらいですし、きっと現状の特殊ショットのチップインゲームとはまた違った楽しみ方が出来るのではないでしょうか。
 
 後は、ラダーのようにストイックなものではなく、そのシステムで普通のストロークやマッチで楽しめると嬉しいところです。
 先ずは韓国での実装、その後に日本での実装になるかと思われますが、これは是非続報に注目したいと思います。

テーマ:スカっとゴルフ パンヤ - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:05:13 | Trackback(0) | Comments(0)
錯乱状態
 久しぶりに麻雀を野良でプレイしてみました。

 夜中ではありましたが、やはり盆休みや夏休みという事もあって即プレイする事が出来ましたね。
 まあ麻雀3のシステムですと普通の日でもプレイするだけならわりといけるんじゃないかとは思っていますが。

 一戦目は一人が振り込みマシーンと化私としては苦手な展開。
 このパターンですと、自分が置いてけぼりの三位になりがちなんですよね。
 何とか自分の親の時にチャンス手をトップ目から和了する事が出来たので浮きの二位とまずまずの戦績ではありましたが……。
 終わり方も三位の人のリーチにダントツラスの方が一発で振り込んでこれがハネマン。
 それまでトップだった私が抜かれてラスが飛び終了とあいなりました。
 ラス目で逆転を狙いにいくと勝負せざるをえないところではありますか。

 二戦目はかなり面白い戦いになりました。
 展開自体は一戦目と似たような感じで、一人が点数がへこみの他三人が浮きというもの。
 違ったのは点差で、浮いているといっても2700~29000の間に三人がひしめくという接戦。この状態でオーラス。ラスの人が親ですからまだまだ全員にチャンスがあるという戦いでした。
 南四局一本場は親のリーチに私は降りての終局。何と全員テンパイだったのでこれだけで三位に落ちてしまいました。
 二本場もまたまた親のリーチ。今度はうまく回して私もテンパイ。親との二人テンパイで流局。ますます全員の点差がつまってきました。
 そしてむかえた三本場。
 いい感じの手が入ってきました。中盤でピンフ・タンヤオ・イーペーコーのイーシャンテン、だと思ったのです。二本場でリーチ棒もありましたから1000点和了でトップ。面前にこだわらずに食いタンを狙おうと思い、チー! よしこれでテンパイだと思った瞬間、気付きました。何故か頭が9萬ではありませぬか。
 これでは役がなく和了出来ません。何ゆえこんなミスを……と思いながらタンヤオを狙い頭を切り飛ばしている最中、ついにツモられてしまいました。
 結果三着。
 非常に面白い戦いだっただけに、ラストのミスが痛かったですね。

 また機会があれば挑戦してみようかと思っております。

テーマ:無料オンラインゲーム - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:04:42 | Trackback(0) | Comments(0)
思い切りが足りない
 結局、パンヤの衣装をひとそろい購入しました。
 ガチャレアを狙わずにCP品を購入しましたので、リアルマネーにして千円でおつりが来る程度ですか。
 ガチャに比べるとそこまで高いイメージはありませんが、それでも性能自体は今現在色々と持っている衣装と全く同一。デザインの違いだけという感じではありますけども、このゲームでは着せ替えが面白さのひとつですし、そう考えればこの金額も高くないのかもしれませんね。
 妖精の羽やその他レアアイテムが当るという夏版福袋は、一個500円。羽を持っている事もありますし、さすがに購入する気にはなれませんなあ。

 そんなこんなで大会を幾つか周っています。
 やはり久しぶりと言うことですし比較的簡単なコースをチョイス。
 ピンクウインド、シャイニングサンド、アイススパやアイスキャノンとこのあたりですね。
 さすがに昔取った杵柄、大体大会一回につき1チップは決まるような感じではあります。
 逆に明らかに鈍っているのがパットとアプローチ。
 アプローチが本当に寄らなくなってしまいましたねえ。バックスピンもチップどころがカップにかすりもしないなんて事も良くある感じです。
 パットも簡単なラインならまだ良いのですが、アプローチではなく滑り台やなんかでオンする事が多いアイススパやなんかではロングパットになりがちで、これがまったく入らない。
 このくらいかな? と思って打ってもほぼ曲げが足りないんですよね。
 思い切ってもっと沢山曲げておかなければいけないところなんでしょうが……。
 まあパットに関しては元々精度は低かったのでこんなものとして、アプローチをしっかり寄せるようにすれば自然とパット成功率も上がる事でしょう。

テーマ:スカっとゴルフ パンヤ - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:01:35 | Trackback(0) | Comments(0)
勧善懲悪
 スーパーロボット大戦シリーズ、据え置き型の最新作として発表されたのがスーパーロボット大戦NEOです。
 当初は対応機種がWiiという事で、多分本体を購入してまでプレイする事は無いかなと思っていたのですが、情報が出るにつれて非常に期待度が高まって来ました。

 http://www.suparobo.jp/srw_lineup/srw_neo/index.html

 参戦作品がまずすごい。マジンガーやゲッターはともかくとして、ガンダムシリーズから参戦したのは何とGガンダムだけ。
 さらに、エルドランシリーズが全種類参戦してきました。これは意外で驚きましたが、一方で非常に面白そうなんですよね。
 特に熱血最強ゴウザウラーは好きだっただけに、やってみたいと思わせるだけの魅力があります。
 他にも覇王大系リューナイトやNG騎士ラムネ&40、疾風アイアンリーガー等異色の参戦作品がそろっていますが、これらの作品の特徴は「戦争」色が非常に薄い事と言えるのではないでしょうか。
 ガンダムシリーズを出してしまうと、どうしても人と人との対立が描かれてしまいますので、そうなるとエルドランシリーズあたりとは非常に作品のイメージが違いすぎますし、小学生が戦争参加となるとちょっとどうなのかと思わなくもありません。
 しかしNEOの参戦作品はどれも基本的には「正義」と「悪」の戦いで対立構造が非常にシンプルなんですよね。もちろん中には戦争を扱ったものもありますが、それでも主人公側が「正義の味方」と言って差し支えの無いものが多い。
 それだけに、参戦作品の選抜基準の「子供達が活躍する、明るく楽しい作品」というのも納得です。

 Gガンダム……、リューナイト……、ゴウザウラー……。
 うっわ、やっべ、めっちゃやりたい。
 と、ついつい素が出てしまう参戦作品集でした。
 うーむ、今Wiiって幾らでしたっけ。

テーマ:スーパーロボット大戦 - ジャンル:ゲーム

その他ゲーム | 00:02:34 | Trackback(0) | Comments(2)
名言とか名場面とか(25)
 パンヤに復帰したので、久々に公式の掲示板をのぞいて見ました。
 パンヤの掲示板は閲覧数などのデータが参照できるので人気のあるスレッドやなんかを探し易いですよね。
 その中でも、年月が経ってもおんなじ事を言う人間は絶えないものだなーと思ったのが妖精の羽に関するスレッドを読んだ時。
 要約すると、スコアに直結する高性能すぎるアイテムを過去の一時期にだけ出すと、手に入れられなかった人や後から始めた人が不利だ! といったところでしょうか。
 今では夏版福袋で入手のチャンスはありますが、確率やかかる金額を想像すると普通の社会人である私ですと、そこまでお金かけられないと思ってしまうくらいの入手難度でしょうかね。
 私がパンヤを始めたばかりの頃は、クリムゾンリングでしたか、それが同じように言われていたのを思い出しますねー。
 妖精の羽に関しては私はガチャの時に手に入れていますが、クリムゾンリングに関しては縁が無かったとサッパリ諦めていましたし、多分妖精の羽を手に入れてなかったとしても同じように無いなら無いなりに遊んでたと思われます。

 以下序文とはあまり関係の無い、諦めることと努力することの話。

続きを読む >>

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

名言とか名場面とか | 00:02:04 | Trackback(0) | Comments(0)
弧刀実装
 レボリューション4以降、滅多にログインしなくなってしまった無双オンラインですが、どうやら新武器実装が近い模様です。
 http://www.musou-online.jp/announce/090811/01/index.html
 18日と言う事は、来週ですか。盆明けすぐにやるところにちょっとだけやる気を感じなくもありませんね。
 実際のところ、人が増えるはずの夏休みにおいてすら人数が減っているあたりで前回のアップデート内容の評価が分かるところではありますが、果たしてこの弧刀実装でどれだけ人を呼び戻せるかというのは大切なところではないでしょうか。
 実装を熱望され続けた人気武器だけに、この武器が実装されれば今休止しているユーザーも戻ってくるかもしれませんし、その時に再び面白い無双を提供できれば、また激突が盛り上がるという事もあるかもしれませんね。
 逆に、たいした調整を入れずに弧刀も期待はずれな武器だった場合、休止しているユーザーが戻ってくる事はないでしょうから、後はどれだけ新規ユーザーを取り込めるか、定着させる事が出来るかに無双の未来がかかっていますね。
 
 今の時点で公開されている要素は、新武器の弧刀、アップデート記念服飾、新処方とありきたりなものばかり。
 となると、やはり注目は前回大幅に手が入った既存システムと既存武器のバランス調整が今回行われるかどうか、ですね。
 盆は全て仕事でまともにログインは出来なさそうですし、のんびりと来週の実装を待とうと思います。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:01:36 | Trackback(0) | Comments(0)
使われない言葉
 当ブログも後一ヶ月で開設後丸二年が過ぎようとしています。
 右往左往紆余曲折ありながらも日々更新している訳ですが、ごった煮風味のカテゴリ達の中でも良く使われる言葉、表現がある一方、全く使われない滅多に使われない言葉というのもある訳でして。
 そんな言葉たちの中でも、私が意図的に使う事を避けているもの、というのがあります。
 一般的には良く使われる、と思います。
 とは言え、実際知り合いのブログで検索をかけてみてもひとつもヒットしない事も珍しくはないのですが、意図的に使っていないのかたまたまなのかは分からないところですし、私の場合は意図的に使っていないというお話でして。

 そんな訳で以下、主観と客観の自己語り。

続きを読む >>

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

日記 | 00:05:52 | Trackback(0) | Comments(2)
種付頭数
 今週はこれといって大きなニュースもなく、静かに過ぎていった印象の強い競馬ですね。

 武豊騎手が海外遠征を行うですとか、ブエナビスタが札幌記念に向けて始動した、何てニュースがちらほらと。
 どちらにも頑張って欲しいところです。
 
 さて新馬が次々とデビューする時期になると、同時に新種牡馬のニュースも取り上げられたりもするもので。
 今週はザッツザプレンティの初年度産駒、シーズバレンタインが初勝利を父にプレゼントした模様です。
 ザッツザプレンティといえば、ここのところ期待の種牡馬として話題になる事が多いネオユニヴァースと同期。
 ネオユニヴァースが皐月賞、日本ダービーの二冠を成し遂げ挑んだ三冠目の菊花賞で勝利した馬ですね。
 その後も一応ジャパンカップ二着に入ったりはしていますが、結局これといってパっとしない戦績だったような気がします。引退も何時のまにかって感じですし。
 そんなザッツザプレンティの父はダンスインザダーク。まだまだ現役種牡馬にしてサンデー血統の有力者。
 サンデー血統は幾らでもいるという、そんな状態ですから種牡馬になれただけでもと思いきや、初年度は51頭の種付けをしているんだとか。正直、思ったより多いですねえ。
 初勝利は挙げただけではなく、活躍馬が出ないと後が続かないって事になりがちではありますが、仔達には父の名をあげるような活躍を期待したいところです。

テーマ:競馬 - ジャンル:スポーツ

競馬 | 00:04:55 | Trackback(0) | Comments(0)
パンヤの日
 八月八日はパンヤの日、と言うことでPPや経験値が二倍になるイベントや、GM大会、そして公式ホームページのリニューアルなど様々なイベントが行われました。
 何度か書いていますが、このあたりはさすが上手な運営をしてるなーと思いますね。夏版福袋なんて買う人は大金つぎ込むでしょうし、儲けるのも相変わらず上手いものです。とは言えその前日にサーバートラブルなんてのも起こしているあたりはこちらも相変わらずといったところ。
 ところで久々にパンヤの衣装が欲しいなーと思ったり。無双オンラインに比べて非常にお値段高めなのでなかなか購入しようという気分にはならないんですけどね。
 
 さてそんなこんなで、夜中の時間、最近は無双オンラインではなく、パンヤをプレイしています。
 S4になってからは実質まったくぷれいしていませんでしたから、一年ぶりくらいの復帰と言えるでしょうか。
 これだけ間があいても気軽に戻っていけるというのはパンヤの本当にすごいところ。
 それでいて、私よりも下のランクの人が多くいるのですから、常に新規を獲得し続けているというのも素晴らしい。パンミスでも特殊ショットが発動したり、地面が平らになるアイテムが実装されたりと、どんどん難易度を下げる方向で調整しているパンヤ。その都度苦労してテクニックを磨いたプレイヤーからは不満も聞こえていましたが、こうして常に新規が楽しんで入っていける状態を見ると、これで正しいのかな、とも思えるというものですね。

 そうして久々にマッチをプレイ。
 腕はさすがに鈍っていて、特にロングパットはダメダメ、アプローチも往年の輝きはなくなっておりました。
 それでも相手によってはいい勝負になったりして、実に楽しかったです。コースランダムホールシャッフルがやっぱり面白い。
 そしてワイワイとチャットも盛り上がり友達登録なんかもしてみたりする訳です。
 私の場合野良をやりにくいネトゲは続かない傾向にありますが、やっぱりこうやって久々に戻っても気軽に野良が出来て、知り合いが増えると言うのは遊んでいて面白いものですし、このゲームの良いところだと思っております。
 まあそんなに気合入れて遊ぶ程ではないので、これからもダラダラと遊ぶことでしょう。

 ……衣装、どうしようかな。

オンラインゲーム | 00:01:46 | Trackback(0) | Comments(0)
他人の感性
 クイズチャンネルをぼちぼちとプレイしています。
 間違っても一人でやったりして面白いゲームじゃあないですね。少しだけ野良をやってみましたが、あまりチャットも盛り上がっていませんでした。
 こう言うのはわいわい言いながらが楽しいと思っているので、物足りない感じです。
 なので、友人を誘ってプレイしてみると、これが面白さ数十倍という奴ですね。

 ○×問題や二択のレベルですと普通に協力しつつ課題をこなしていくという遊び方になるのですが、答えを直接入力するタイプになると面白さがまた変わってきます。
 バラエティのクイズ番組にもありがちですが、珍回答というのが結構面白いんですよね。
 自分が知っていて正解を出した問題で他の人が珍回答をしてたりすると「ねーよw」なんて思ったりしてさらに面白い。

 他にもアンケートパネルクイズなんてのも面白いです。
 正直第一印象はイマイチだったんですよね。これクイズじゃないしダメダメだと思ったのです。
 ところが友人そろえてやってみると印象が180度変化。
 例えば「○○代の男性○人に聞きました。中部地方と言って連想されるものは?」と言う感じで出題されるのです。こんなものがあるんじゃないか? と知恵を絞って答えていくわけです。これまた「あるある」というものから「ナイナイ」というものまで仲間の回答を見るのがまた楽しい。
 問題も色々あるみたいで、「かわいいひらがな一文字は何?」ですとか「無人島に連れて行きたい動物とは?」なんてものもあり「初恋の人の名前は?」と言った知らんがな! と言ってしまいそうなものまで様々でした。
 
 冒頭に書いたように、一人や野良でやってもイマイチ面白くはありませんが、友人同士わいわいと遊ぶには良いツールになるんじゃないかなと思っています。

テーマ:無料オンラインゲーム - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:01:46 | Trackback(0) | Comments(0)
温故知新(15)
 どうもここ最近体調がベストの状態に戻りませんね。
 一ヶ月前の温故知新でも体調不良を序文に書いていたりしますが、今現在も体調はイマイチ。
 今年は冷夏と言われていますし、夏バテって事はないと思うのですが……。

 さてそんな事とは関係なく、以下は2008年11月過去記事振り返り。
 恐らく、殆ど無双オンラインをプレイしていない月ではなかろうかと思います。
 その分、無双オンライン以外の話題が充実している、かもしれませんね。

続きを読む >>

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

日記 | 00:02:37 | Trackback(0) | Comments(0)
無駄知識
 アクションゲームや対戦格闘といったゲームの腕前はさっぱりな私ですが、頭を使うタイプのゲームはわりと人並みであろうと思っています。
 パズルゲームですとかはわりと得意な方なんですよね。
 クイズゲームやなんかは結構好きなのですが、これはゲームの腕前と言うよりも知識量がモノを言うので、TVを全く見ない私としては芸能やらスポーツやらのジャンルに滅法弱いというのが通例だったりします。
 どちらかと言うとマイナージャンルだったクイズゲームですが、ここ数年はゲームセンターでかなりの人気を獲得しているんだとか。ただ好きな人に聞いた話によると、成績でランク分けされているらしいのですが、中級ランクくらいまでは楽しいのですがそれ以上となると知識量等本来クイズで重要となる要素が役に立たなくなるそうな。何故? と思って聞いてみると、クイズの答えをほぼ全問暗記、どれだけ早く答えるかのタイムアタック競争に近いものがあるんだとか。それはそれですごいような気がしますが、クイズゲームの面白さとは違ってきているかもしれませんね。

 ハンゲでクイズチャンネルというゲームを発見しました。
 対戦ではなく、協力型のクイズゲームと言うことで、友人を無理に誘ってプレイしてみた訳です。
 やっぱりクイズゲームは面白いですね!
 簡単な○×クイズから文字列を打ち込む本格的なクイズまで色々あって楽しかったです。
 ジャンルも色々あって良かったですよ。
 個人的に意外だったのが、自分では得意なジャンルだと思っていた「アニメ・ゲーム」が難しすぎた事。作品を知っていれば簡単というタイプなのかもしれませんが、見たことも聞いたこともない作品の事は分かりませぬ。
 ところでそろそろこの手のジャンルはアニメとゲームを別にすべきでは!
 結構さくさくとプレイ出来ましたし、私としては面白かったのでまたプレイしたいところではあります。
 これってわりと大人数でワイワイやりながら楽しめそうな気がしますので頑張って人数そろえてみようかと思ったり思わなかったり。

テーマ:無料オンラインゲーム - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:05:12 | Trackback(0) | Comments(0)
不要ソフト
 インターネットの閲覧に必要なブラウザソフト。皆様は何を使っていますでしょうか。
 私は最初はやはりIEを使用していましたが、ある時……もう五年以上前になりますが、友人にススメられて以来Firefoxこと、火狐を利用しています。
 その間、ネスケをちょこっと使ってみた事もありましたが、何だかんだで一番使いやすかったのが火狐で、今では他のブラウザソフトは使い勝手が悪く感じてしまうようになってしまいました。まあ慣れの問題なんでしょうけどね。
 
 それでもどうしてもIEを使わざるをえない場面があります。
 それがハンゲをプレイする時。
 まあ仕方が無いと言えば仕方が無いのですが、ハンゲのゲームをプレイする際にはIEで無いと起動が出来ないのですよね。
 そんな訳でパンヤや麻雀をプレイする時はしぶしぶIEを起動している訳です。
 昨日、久しぶりに友人と集まって麻雀をやることになりました。以前少し書きましたが、諸事情によりネット麻雀を控えていたので本当に久々のログイン。
 どうやらインストールから始めなければいけないみたいだったのですが、IEでやっているのにも関わらずゲーム起動の際にフリーズしてしまいます。
 あれこれと原因を調べてみて、セキュリティレベルの変更等を行ってみましたが効果無し。
 これはダメかなと思ったのですが、以前はこのPCでしっかりプレイ出来ていた事を思い出し、変わった事を思案。IEが最新版の8になっている事に思い至りました。
 そこで最新版のIE8をアンインストールして試してみると、果たしてインストールが正常に行われました。
 恐らく私のPCの環境のどこかが引っかかって不具合が出たのでしょうが、それにしたって自動更新でIE8にバージョンアップして環境が悪くなるとは……、と思いましたが、良く考えたらマイクロソフトはOSから何からそんなものだった事を思い出しました。
 その後IE8の自動更新が勝手に起動するのも実に邪魔ですねえ。自動更新を切ってしまおうか検討中。

 そんなこんなで久々となった麻雀。本日も遊びましたが、二戦やってものの見事に二戦とも浮きの二着。
 実にらしい結果となりました。

テーマ:無料オンラインゲーム - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:03:54 | Trackback(0) | Comments(2)
補って余りある
 パンヤの方では、今年の夏も色々とユーザーを楽しませるイベントが盛りだくさんです。
http://www.pangya.jp/event/2009pangyaday/
 パンヤだって色々と問題はあります。不具合の放置ですとか、運営も褒めてばかりはいられない部分も確かにあるのですが、ことユーザーを楽しませつつ、かつ儲ける事に関しては非常に上手い。
 だからこそ、サービス開始から何年も経っているのにユーザー数は減る事無く、支持され続けているんでしょうね。
 妖精の羽欲しさに夏福袋は新規ユーザー中心に売れるでしょうし、経験値やPP二倍も喜ばれそう。

 さて我等が真・三國無双 Onlineは、と言いますと……。
 義が増えるイベントがある訳でもなし、良い武器のドロップ率が上がるイベントがある訳でもなし、激突が盛り上がるようなイベントがある訳でもなし、ログインだけでもしてみようかと思わせるようなイベントがある訳でもなし。
 去年の夏も同じような日記を実は書いていたりします。
 夏は学生さんは夏休みもありますし、新規ユーザーが増えたり、既存ユーザーはプレイ時間が増えたりと格好のイベント時期だと思うんですけどねえ。
 まあ自信満々に実装された大型アップデートが夏休み前にあったばかりと言えばそうですが、この機会にこそユーザーをひきつけるようなイベントをですね……。

 そう言えば道具棚がようやく実装ですか。
 今の状態では無双コインを補充してまで購入しようという気分になれないので、手持ちのコイン内で買える金額だと良いのですが。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:02:12 | Trackback(1) | Comments(0)
新鋭気鋭
 恒例競馬の話題。

 新人騎手としてはもう既に大型新人として名が売れている三浦騎手、今年もかなり調子が良い模様です。
 新馬戦での勝率が非常に高いと言うのだから素晴らしいですよね。
 良い馬に乗せて貰っている、と本人は言っています。確かにその面もありますが、実際には人気になっていない馬を勝たせたりもしていますから、本人の実力もかなりのものなのではないでしょうか。
 武騎手や横山騎手といったトップジョッキーは皆ベテラン揃い。こういった若い騎手の活躍がニュースになるのは嬉しいところです。これからも頑張って競馬を盛り上げて欲しいですね。
 重賞は既に勝っているので、目標はG1勝利でしょうか。きっと遠くない未来に実現する事でしょう。期待です。

 ブエナビスタがそろそろ海外遠征始動みたいです。
 この馬の実力はかなりのものだとは思いますが、3歳牝馬でどこまでやれるかというのはやっぱり思ってしまうもの。
 まずは無事に走ってきて、願わくば良い結果が出ますように。

 カワカミプリンセスの全弟がデビュー戦勝利を飾ったそうな。
 カワカミプリンセスは無敗でオークス、秋華賞を勝ち、エリザベス女王杯で一着入線ながら降着扱いになった事が記憶に新しいですね。
 その後騎手の乗り代わりなどがあり、思うような活躍を見せる事が出来ていませんが、活躍は決してまぐれではないはず。
 弟にかかる期待も大きそうです。
 スペシャルウィーク、セイウンスカイの名馬と並んで三強と称されながらクラシック無冠だった父キングヘイローの雪辱を果たせるか、そこに注目ですね。
 気は早いですが来年のクラシック戦線には是非乗ってきて欲しい一頭です。

テーマ:競馬 - ジャンル:スポーツ

競馬 | 00:04:51 | Trackback(0) | Comments(1)
ひとのふり見て……
 ニュースサイトを眺めていると、なかなかに面白いニュースを見かけてしまいました。

 米男性、モノポリーで土地を売ってくれない友人に激怒 殴って逮捕される

 世界びっくりニュースにカテゴライズされるだけあって、まさに驚きのニュース。
 でも、思わず苦笑いと「あるある!」って思ってしまいませんか?
 この手のボードゲームは例えゲーム機等に移植されてCPU相手に一人プレイする事が可能でも、一人プレイはちっとも面白くないんですよね。
 やっぱり人間相手にやらないと面白くないのですが、白熱しすぎて頭に血が上ってしまう事もしばしば。
 ドカポンは友情破壊ゲームなんて呼ばれていますし、私が経験した範囲では桃太郎電鉄を思い出しますねえ。
 調子が良い時はうきうき気分なのに、運が悪くなると途端にイライラ。貧乏神がつき、キングボンビーになったりして半泣きで顔真っ赤。
 そして青森のあたりにいて、目的地が九州。そしてぶっとびカードを使えばまあ今よりは近くになるだろうと思っていたらお約束の北海道にぶっとびとかでもうブチギレ状態ですよ!!
 ……熱くなるのもほどほどに、って事ですね。

 ネトゲプレイ頻度が落ちて、普段は更新しないような出来事に筆が伸びる……キーボードが叩かれる? のは良い感じですね。
 今度こそぼちぼち連続更新も途切れさせるかなーと思っていたらこれでわりと毎日話題があるから不思議なものです。

テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

その他ゲーム | 00:03:23 | Trackback(0) | Comments(0)
映像歌劇
 さてネットゲーム熱が冷めているので、久しぶりにレンタルビデオショップに足を運んでみました。
 実は目当ては何か面白いアニメでもないか、だったりしたのですがふと目に付いた作品があったのでアニメではありませんでしたがそれを借りてみました。

 実は、レッドクリフパート1を観に行った時の予告編で紹介されていてなかなか面白そうだと思ったんですよね。
 結局その後映画館に行く事が無かったのですっかり忘れていたのですが、DVDのパッケージを見て思い出しました。
 マンマ・ミーア! です。
 この作品、元々は舞台作品で、いわゆるミュージカル作品なんですよね。
 ミュージカルと言うのはこれでかなり好みが分かれると思われます。
 私自身、過去に何度か経験があるのですが、普通の舞台劇でしたらまだ良いんですよ。普段劇なんか見ないよって人を連れて行っても、面白い作品であればわりと楽しんでもらう事が出来る。
 ところが歌劇、ミュージカルとなるとこれがまったく違ってくるんですよね。
 どんなに面白い、良い作品であっても、ノリや面白さと言うのが独特なものですから、普段この手の作品に親しんでないタイプの人にはかなり受け入れがたい要素が強い訳です。
 
 映画「マンマ・ミーア!」も観てビックリ、歌劇をそのまま映画にしたようなものでした。
 登場人物は物語の中で突然歌い出しますし、リズムに乗って背景だった人々も一緒に踊り、歌います。
 映画のリアリティはまったくありません。何で突然歌いだすの? と思ってしまっても無理はないところ。
 が、そのノリについていく事が出来れば、かなり「楽しい」作品だと思うのですよね。
 気分が重かったりした時やなんかは良いんじゃないでしょうか。
 観終わると、うきうきとさせられる事請け合いです。

 たまにはレンタルDVDもいいものですね。
 実はネットで評判を見て、ルパン三世VS名探偵コナンを観てみたいなとちょっと思ってたりします。さすがにレンタル中のものばかりでしたので、少し落ち着いてからかな。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

日記 | 00:04:05 | Trackback(0) | Comments(3)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。