■プロフィール

くりふじ

Author:くりふじ
禍福はあざなえる縄の如し。
良い事ばかりも続かなければ。
悪い事ばかりも続かない。
そんな毎日。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■ブログ内検索

■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
呉越同舟
 旋棍を使うようになって何が良いって、私の旋棍の使い方がこれまで使ってきた武器の中で最もギルドメンバーとの相性が良いと思われる事なのです。
 当ブログで触れられているだけでもかなり前の事になりますが、プレイ開始して精鋭に上がって対決を遊ぶようになる頃には、私のプレイスタイルとギルドメンバーとの相性の悪さを自覚していたりします。当時はアイテム代が勿体無くてアイテムなしの対決をやっていましたから、鉄鞭や幻杖に滅法弱かったものですねえ。今では鉄鞭はともかく幻杖いても空気に近いものがありますね。
 当時の文章を読むとそんな感じですが、実際のところは確かに長所をつぶしあう事もありますが、それ以上に短所を補い合う事の方が多いのかなと言った感じ。
 同じ勝利を目指すでも、向いている方向と選ぶ道筋が違うのは確かですが、それがかえって良い方向に行く事もしばしばってところでしょうか。
 そのあたりの影響でしょうが「上手い人」の判定基準も私とギルドメンバーとでは随分違います。
 ギルドメンバーが上手いと言った人を私が上手いと思うことは稀で、逆に私が上手いと思う人はギルドメンバーからは蛇蝎の如く、ですね。

 そんなこんなで最近はPTでやる時の旋棍使用率がかなり高まっています。味方にもう一人旋棍がいたりすると積刃剣を使ったりってところでしょうかね。
 しかし旋棍は好きなタイプの武器ではないのでここ数日はちょくちょく野良対決に出かけては味方構成を見て戦盤やなんかを使っています。
 制圧に関してはさすがに要塞制圧は飽きたという印象が強いのでもうずっと野良ですら激突に行っていません。
 何度か、と言うか何度も書いていますが、要塞以外のマップが選ばれるような運営のテコ入れがあると良いのに……。今週は隔壁ウィーク! 戦闘マップ隔壁を選択して激突に出撃すると消費アイテムが二つ手に入ります! みたいなちょっとした事でも良いからさ……。
 制圧今現在対決に比べて人気が無いのって、殆ど要塞しか無いのも影響してると思うんですよね。飽きてるんだと思いますよ、要塞制圧に。対決は地形が面白さに占める割合が制圧に比べると小さいですし、人対人の直接的な駆け引きが魅力ですから要塞ばっかりでもまだ飽きられていないのがあるんじゃないかと。
 少なくとも要塞しかないと言うのは健康的な状態じゃあないと思いますけどね……。

 盤刀実装キャンペーンの中にはユーザーアンケートがあるみたいです。
 http://www.musou-online.jp/announce/100121/01/index2.html
 出撃勧誘とか賊討伐を「満足」で入れる人なんてどの程度いるのか怖いもの見たさ的な意味で興味がある!

続きを読む >>
スポンサーサイト

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:01:45 | Trackback(0) | Comments(0)
名馬回想(2)
 前回はアグネスタキオンを話題にしましたが、今回もクラシック半ばで故障、引退してしまった馬の話題。
 とは言っても、アグネスタキオンとは対照的に評価の低い馬ですね。
 しかし、私は大好きな馬の一頭で、これまで何度か当ブログでもこの馬について触れていたと思います。



 馬の戦績自体は、皐月賞とダービーを勝っているとは言え記録に残る程ではありません。
 しかし、馬主はこの年サニーブライアンしか持ち馬がいないのにその馬が二冠を勝ってしまっていたり、騎手と調教師は日本ダービーに出るのは何と二度目で、しかも一度目はサニーブライアンの近親でこれまた馬主まで同じと言うのだからドラマがありますよね。
 大西騎手もこの活躍で名を知られるようになりましたが、それまで中央重賞では目だった活躍はありませんし、調教師もG1の勝利はサニーブライアンの二勝のみ。
 相手が弱かった訳でもなく、メジロブライトやシルクジャスティス、本格化前のサイレンススズカなどなど名馬目白押しのクラシックで二冠を勝利したサニーブライアンは、やはり記憶に残る名馬だと思われるのです。

 そのサニーブライアンは今では種牡馬を引退、結局後継種牡馬には恵まれませんでした。
 主戦をつとめた大西騎手も現役を引退、調教師の中尾師は定年引退後病没しています。
 サニーブライアンの活躍も今では昔の出来事になってきました。
 でもなんでか、この馬の活躍は私の中で色あせる事無く思い出される、そんな馬なんですよね。

続きを読む >>

テーマ:競馬 - ジャンル:スポーツ

競馬 | 00:03:55 | Trackback(0) | Comments(3)
一芸に秀でる者は多芸に通ず(2)
 やたらと使用者が増えてきたせいか、旋棍のN攻撃の強さに対する風当たりが強くなっている模様。
 先日のプレイ日記に書いたように、確かに強いですよ。私がこれまで使ってきた武器の中で間違いなく最もN攻撃は強い。
 でも、それだけと言えばそれだけの気もしなくはありません。

 神槌もあってN攻撃も強くてチャージ攻撃も優秀な鉄鞭あたりに比べると攻撃面ではバリエーション不足ですし、極鎮つければ弱点が少ないと言っても、投弧刃のように体力削りあっても瀕死になったとたんにパワーアップして味方に被害が及ぶような性能もありません。耐久力も体力改造してやっと並程度じゃないかなあ。
 味方に風属性付与がいたら攻撃役として強いですが、基本的な役割は双鞭や牙壁の遠距離属性攻撃に張り付いてガンガン体力を削ったり、鉄鞭や蛮拳といった浮き無双のぶっぱに対して極鎮装備で殴りかかっていって味方の被害を減らしたり、大斧のN攻撃に割り込んで覇を出させないようにしたりと言ったこの武器のN攻撃の強さを活かした戦い方だと思いますね。

 相手にいた場合の対処にしても、極鎮キラーの無双を一発当てるなり、殴っているところを遠中距離属性攻撃で止めてみたり、地上無双でとっとと体力を削るなり、最終的に優位な両節棍や投弧刃で殴りあうなり、互角の旋棍同士で戦うなりと、幾らでもあると思われます。
 旋棍が強いのはN攻撃で、体力と無双ゲージがある時に最も強い武器ですから、そのあたりと自分の持っている武器の性能を考えて戦うと良いんじゃないでしょかね。
 とは言え、極鎮キラーとして非常に強い両節棍、N攻撃が強い旋棍、と双璧を成せるくらいの強さはあると思いますが。

 まあ武器バランスに関してはかなりうるさいタイプの友人達ですら旋棍は別に良いと言っていましたし、本気でこの武器の修正を言っている人がどの程度いるかはわかりませんけど。
 ここのところ武器修正はさっぱりされませんので不満な面も無くはありませんが、反面比較的安心して色んな武器を試せて良いかもしれません。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:02:16 | Trackback(0) | Comments(0)
名前にまつわるエトセトラ
 ネトゲのプレイ日記がメインカテゴリの当ブログですが、開設以来一貫してゲーム内で使用しているキャラクター名は非公開にしています。唯一、投稿動画を掲載している雀龍門だけは動画を見る時に名前が分かるようになっていますが、それ以外はPSUもパンヤも無双も全て非公開。

 ゲーム内で知り合った友人に当ブログを紹介する際も、必ずキャラクター名が非公開である事を伝えています。もちろん、コメントの書き込みでその人がキャラクター名を使うのにまではあれこれ言いませんが、最低限私の使用しているキャラクター名だけは出さないで頂いています。
 とは言えそれは気休め程度のもので、当ブログを閲覧してくださった方がブログ内に書いてある情報だけを頼りにゲーム内で接触を取って下さった事もあるので、何が何でも隠したいと言う程のものでもないのですよ。
 こういうのは個人のこだわりですね。同じようにネトゲプレイ日記を掲載しているブログを見ても、名前を公開している場所もあれば非公開の場所もあり、名前公開していても野良の方の名前は伏せてあったり、あるいはオールオープンだったりと様々です。
 私も他のブログの方針はそれぞれで良いと思っていますが、過去一度だけ当ブログへのリンクをされた際「○○さんのブログ」と言う紹介文がキャラクター名だったので、これだけはHNのくりふじでお願いしますと変更を依頼した事がありました。

 ただ、それ以外に関しては主催者の好きにすれば良いんじゃないかとは思っています。
 実際過去イベントに参加した時など、特に何も聞かれずに主催の方のページでキャラクター名や成績が表示されていましたが何とも思いませんでしたし、古い話になりますがPSUで現在相互リンクをしている方のブログで交流が始まった際も、相手方のブログには私のキャラクターとキャラクター名が表示されたSSが掲載されていましたがこれも全く問題は無いと考えていました。
 ところが先日の事になりますが、とある演習会に参加した際、ブログ所持者の方からキャラクター名公開の是非について問われたので、それならと公開しないで欲しい旨を明確に伝えたにも関わらず公開されたと言う出来事があったのです。
 この手の考え方はそれぞれですからそれは良いとしても、相手を尊重しないのであれば最初から聞かなければ良いのに……。

 とまあそんな事を色々と考えさせられた出来事でした。

オンラインゲーム | 00:04:34 | Trackback(0) | Comments(4)
このちゅうぶきめ!(3)
 ここのところ敵を倒す武器で極鎮身石帯をつけていた事が多かったせいか、久しぶりに使用した牙壁で思いのほか撤退がかさんでしまいました。
 相手は氷投弧刃、炎獄刀、風両節棍、極鎮旋棍と言う組み合わせで、ぱっと見はいかにもぶっぱに弱そうな構成だったのですが、鈍足や氷結からの連携がなかなかに取れていました。
 私はと言うとやっぱり鈍足になったり凍ったりしているところを旋棍や両節棍に殴られまくり。それでもかなりの防御力を誇る牙壁でしたが、この時は何故か上手い事捕まってしまったと言う印象でしたね。
 結果、何と4撤退。
 無双格で牙壁を使って4撤退とはちょっと不甲斐ない戦績でしたね。
 同じ日にもう一度当った際、今度は旋棍を使っていたので何とかリベンジする事が出来たのでその点は良かったのですが、もう少し周りをきちんと見ていないとダメだなと思った次第です。

 さて新武器旋棍ですが、実に強い武器です。
 私がこれまで使った武器の中で、最もN攻撃が強いと言って間違いないと思われます。
 攻撃補正、さらにその前の下方修正が入る以前の両節棍とかがこんな強さだったのかなと思ったりしますね。
 殆どの武器に殴り勝つ攻撃判定の強さがやはりウリ。
 極鎮身石帯をつけていれば鉄鞭等のぶっぱ武器の体力を削ったり、燕扇双鞭牙壁と言った風支援武器にガンガン接近して殴りつけたりが簡単に出来ます。
 無双乱舞は浮き無双ですし、追撃性能に優れているという訳でもありませんが、ダッシュ攻撃はそれなりに当りますので体力赤状態にして問題の無い敵にはガンガン殴りに行って良い印象です。
 投弧刃に代表される俊足赤維持ぶっぱが可能な武器に関しては、自分が大丈夫でも味方の被害が増えますのでスルーするのが一番だとは思いますけどね。
 
 自分が相手をしていた時にも何とN攻撃の強い武器だと思いましたが、実際に使ってみてもやっぱり何とN攻撃が強い武器だと思いました。
 友人は演習やなんかでこの武器を研究して「正味殴り合わない方が良いという結論になった」と語っていましたが、まさにその通り。
 その分、殴っている間に横から斬鳳凰攻撃や大斧の覇に代表される広範囲属性攻撃や双戟の破竹無双やなんかを食らい易いので、そのあたりを主体に崩していけば旋棍は対処し易いかなと自分が使ってみての感想でした。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:02:32 | Trackback(0) | Comments(0)
乱戦的週末(2)
 山道乱戦で兵糧庫防衛専念役って不要だと思うのですよね。攻め易く守り辛いですし、それなら拠点制圧も出来て、相手が来た時に近場の拠点から防衛に行って時間を稼ぐくらいのつもりで良いと思うのですよ。
 土曜日の乱戦、四人2PTで参加した一戦で私達八人は当然のように全員が拠点担当を選択。堅牢無し。相手は防衛にも兵糧攻撃にも人数を割いた為拠点状況で圧勝。こちらのダメージばかりで相手の拠点ダメージは全く入っていません。が、兵糧庫防衛がいない為火薬箱三個はあっさり壊され最後の一個が赤状態。相手の火薬箱は全部健在ながら、相手兵糧手前の拠点を青にしてそこに火薬箱攻略班が詰めている状態。
 その時点での兵糧ゲージの状況は当然相手が優位ですが、戦況そのものははっきり言って完勝ペースです。ところが誰かが何を思ったか兵糧庫フレアを連発。すごい連発。うるさいくらい連発。一回二回どころか五回六回でもなくひたすら連発。
 三個壊されて後一個が赤状態、しかも壊されてトドメと言う訳でもない状況で何をそんなに焦っていたのかは分かりませんが、フレア連発するなら状況くらい見て欲しいものですね。

 以下、乱戦週末の話題。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:01:18 | Trackback(0) | Comments(0)
乱戦基礎(7)
 基礎と銘打っている訳ですし、基本的な部分はもう前回までで書きたい事は大抵書いたかなとは思うのです。
 ただまあ、それ以外のところでいきますと特に私自身担当する事が最も多い拠点制圧から兵糧庫攻撃へとシフトする役割に関しては、それなりに慣れても来ましたし、考える事思う事もあるもので。
 そんな訳で、今回は兵糧庫攻撃役の事についてもう少し深く、兵糧庫攻略のタイミングや使用武器構成について触れてみたいと思います。

 乱戦基礎(1) 拠点攻防編   乱戦基礎(2) 強化鍛錬編
 乱戦基礎(3) 方針道具編   乱戦基礎(4) 地形攻略編
 乱戦基礎(5) 兵糧攻防編   乱戦基礎(6) 拠点演習編
 乱戦基礎(7) 米攻心得編   乱戦基礎(8) 拠点武器編
 乱戦基礎(9) 役割分担編
 
 以下、乱戦基礎第七回米攻心得編。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:02:16 | Trackback(0) | Comments(0)
四方山話(10)
 ひとつの記事にするには小さな話題をちょこちょこと集めて語る四方山話シリーズも今回で十回目。二桁ですねえ。
 今回は色んなオンラインゲームについての話です。

 先ずはPSU。
http://phantasystaruniverse.jp/news/wis/?mode=view&id=1060
 アップデート情報の項目ですが、三月から基本無料のフリーコースが導入されるそうな。
 現在でもコミュニティコースで一応プレイだけは出来なくもないのですが、マイルームに入室出来ませんしさすがにこれで遊ぶのは難しいところですよね。
 とは言え、PSUは月額課金なのでそれも仕方が無いとは思っていました。
 しかし基本無料アイテム課金ですと気軽に戻ってプレイ出来るのも確か。現在の情報を見る限りでは月額課金はそのままみたいなのでやはりコミュニティコースのように制限はかかるみたいですが、どの程度プレイできるのかはチェックしたいところですね。

 次はパンヤ。
http://www.pangya.jp/event/201001title/
 パンヤは本当に色んな事をやってくれますね。
 聞くところによると、パンヤも結構過疎が進んでいるらしいですが、こうして様々なイベントやキャンペーンでユーザーを楽しませようという姿勢は伝わってくると言うものではないでしょうか。
 私は残念ながら絵心と言うものがまったくありませんので参加はしませんが、これで寄せられたアイデアから称号が実装されたら面白いですよね。
 ……無双では称号にデザインが伴いませんから難しいかもしれませんが、ユーザーからアイデアを募集するってのも悪くないかもしれませんよ。使用回数が255になった同じ種類の武器を5個持っている→○○収集家、みたいな。極めし者の上位ランクとかあっても面白いかもしれませんぞ。

 新しいオンラインゲームの話題。
http://ta-online.jp/main/
 無双オンライン以外に何か面白いものはないのかという事で暫く前からオンラインゲームの宣伝を気にしているのですが、その中で気になったのがこのゲーム、タルタロス。
 イラストが好みと言うのが第一印象なのですが、ダウンロードページから見られる動画についてる音楽も耳ざわりが良くて好みですね。動画観てると非常に面白そう。
 肝心のゲーム内容は、まあ説明とか見る限りでは面白そうかなあと思ったりも。オンラインゲームなのにソロプレイに力が入っている、と言う当たりは良い面もあるとは思うのですが、野良やなんかで他のプレイヤーと交流出来ないと長続きしない私の正確とはマッチするのか否か。
 現在オープンβが実施中。さてどうしたものか。

 そして現在メインプレイの無双オンラインにも宣伝ムービーがあります。
http://www.gamecity.ne.jp/musou-online/playstation3/special.htm
 ムービーを観ると、すごい面白そうですよね……。

 と、言う状態のネトゲ事情でしたとさ。

続きを読む >>
オンラインゲーム | 00:02:01 | Trackback(0) | Comments(4)
盤刀実装(2)
 新武器盤刀アップデートが実装されました。
 大方の予想通り既存武器の調整は無し。まあこんなものでしょう。私としては買ったばかりの旋棍がとりあえずひと月は安泰かなと言う感じ。昨日初めて実戦に投入しましたが、実に強い武器ですよね。

 盤刀に関しては実に個性的と言いますかテクニカルな武器。
 当初予定されていたスロット位置が変更になり、52361になった模様です。攻撃スロットが5になったので攻撃力上昇値がなかなかに高く、また防御スロットが3にはなりましたがR5の上昇値が39と良好で、さらに体力の伸びが良く、その上移動力120なのに脅威の体力初期値190を誇っています。
 どちらかと言うと、防御力や体力を伸ばして牙壁みたいな使い方で対決に行くのが良いのかな? と言うのが第一印象。
 範囲の広いC3や、他に類を見ない性能の覇などぱっと見た感じ面白そうな攻撃が多いですねえ。
 無双乱舞も砕棍と同じく当て方が難しいながら極鎮身石帯を拾えるみたいなのでその点も良いかもしれません。
 何より移動力120でこれだけの耐久力を持てるというのは大きな特徴になってくるんじゃないでしょうか。

 盤刀キャンペーンについてはいつものパターン。
 私は新武器にすぐに飛びつくタイプではないので、この手のキャンペーンには無縁ですね。
 新パラメータ服飾やなんかも毎回期待しているのですが、今回も好きなデザインの服飾はなし。
 と、思っていたら今回追加された布で作る仕立て服はなかなか良いデザインでちょっと欲しくなってしまいました。
 ところが元服に移動力アップ型が存在しない為、ステータスはいまひとつ。
 デザインは非常に好みですが、それにしたって移動力が4や5も違うのは痛すぎます……。
 対決でも制圧でも移動力に関してはかなり重要な要素になって来ますから、他の部分には目をつぶっても移動力だけは妥協が難しいところ。1とか2の違いならまだ我慢出来るかもしれませんが。うーん、折角良いデザインなのに勿体無い……。

 とりあえず今週はお待ちかね乱戦週末。
 先週の争奪が良い感じだっただけに、良い流れで週末を楽しめれば良いなあと思っております。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:03:57 | Trackback(0) | Comments(0)
当事者以外の者にはどんな悲しみも我慢できる
 鉤鎌刀の勝利ポーズ→最高に格好良い
 戦戈の勝利ポーズ→なかなか格好良い
 戦盤の勝利ポーズ→最高にカワイイ
 旋棍の勝利ポーズ→なかなかカワイイ

 と言う訳で旋棍を購入しました。タイトルはシェイクスピアより。
 購入すると決めたものの、魏には良い物が出品されていませんでしたのでサブがいる呉をチェック。するとなかなか良い物が出品されていたので、早速サブを魏に転生してメインから軍資金を移動。もう一度呉に戻ってさらに魏にトンボ帰りしてくるという忙しい動きで購入が完了しました。
 最後は友人に手伝って貰ってアイテム移動した訳ですが、その際友人の無双コインが100余っていると言って来たのです。
 封印解除してなんだったら鍛錬除去で特別強化でも狙ってみるかという話の流れになり、まあ出たらラッキー程度で頼んでみたのです。
 ちなみに、その友人の武器を以前私が鍛錬除去で特別強化を狙ったところ、二箇所に手持ちの貴石四十個ずつ合計400コイン分を費やして何と特別強化一回と言う引きの悪さを見せていたりするのです。ハマると怖いぜ! と思っていたのですが……。
「1」「はやっ」「2」「はやっ」「三回やったら二回ついたw」「君、豪運にも程があるでしょ」
 と言う引きの良さを見せる友人。その後も何故か順調に特別強化が発生。何と16回80コインで攻撃特別強化が四回出てしまいました。
 いやまあ、自分が使う武器ですし、特別強化四回はかなり違うので非常に嬉しいのです。嬉しくはあるのですが……。
「ちょっと聞いて欲しい事がある」
「なんじゃね?」
「今、勢いを感じたから戻ってきた旋棍で防御と体力にも特別強化を狙ってみた」
「ほう」
「そんで今、100コイン程使ったんだけども……」
「言うな」
 110コイン目で一回ついたから良いんですけどね……。

 さてこれを書いている時点ではまだ盤刀の実装前。
 そもそも既存武器の調整なんて行われないと思っていますし、まさか実装して一ヶ月の新武器を下方修正するような真似は投弧刃の一回限りで十分ですから旋棍に調整が入るとは思いませんが。
 これで下方修正が入ったら最早ネタの域ですよね。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:03:57 | Trackback(0) | Comments(0)
名馬回想
 昨日はFC2ブログの大規模な障害と臨時メンテナンスがあった模様です。メンテナンスばっかりやっている印象のブログ会社もありますが、FC2では珍しい気がしますね。
 いつもの様に日付が変わると同時に公開予定だった昨日の記事はメンテナンス中につき公開されず、その後も一度公開された記事が何故か非公開になったりと良く分からない状態になったりしましたが、現在は安定している模様です。昨日、日付が変わった頃に訪問して更新が無い事に違和感を覚えた人は間違いなく当ブログの常連さんです。

 さてこの時期はイマイチ盛り上がりに欠ける競馬ですが、動画サイトを眺めていると懐かしいレース動画を見かける事があります。

 今回取り上げるのは昨年若くしてこの世を去ってしまったアグネスタキオン。

 以下、名馬が集結したレースやなんかの話題。

続きを読む >>

テーマ:競馬 - ジャンル:スポーツ

競馬 | 00:05:16 | Trackback(0) | Comments(0)
争奪戦果(2)
 さて仲父になったのでそちらの記事を先に書きましたが、先週の土日は争奪がありました。
 乱戦の方にここ最近はモチベーションが傾いているのと、固定パーティーが組めず即席でPTを組んで参加せざるをえないのとで争奪熱がかなり落ちてはいたのですが、今回の争奪は私とギルドメンバー一人、さらに友人二人で参加する事が出来ました。
 こうなると元来対決よりも制圧の方が好きな私ですから、ちょっとはやる気が出てくると言うもの。アイテムもかなり高級品を用意して臨み、二日間で四万軍資金以上を使いましたが、それも惜しくはありません。
 土曜日の対蜀戦はトータル11勝2敗、最大五連勝でした。
 二敗は何と両方とも同じ相手に負けたもので、しかもその相手は蜀のトップクラスPTさん。二戦も当ってしまうとは不運でしたが、それ以外は全勝で勝率自体はなかなかのものでした。
 日曜日の対呉戦はトータル14勝4敗、最大六連勝でした。
 勝率こそ初日に劣りましたが、負けを挟んで五連勝と六連勝を達成したので貢献度ではトップ20以内に入る健闘。呉は手強い相手が多いですからこれは嬉しいところですね。

 久々の争奪だったのでもう少し詳しく語ろうかと思います。
 以下、二日連続争奪結果についてのプレイ日記。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:01:32 | Trackback(0) | Comments(4)
仲父達成、後編
 仲父になってしまうと、さすがに特務をやろうというモチベーションが沸いてきませんね。
 特務の序列にはまったく興味がありませんので報酬の良い特務だけを選んでやるような形にはなりますが、実際のところ労力と得られる収入から考えればEランク特務が一番良いかなという気がします。
 さすがに狙われた船団クラスの報酬の良さには敵いませんが、ソロで出来る特務ですとやっぱりEランク特務かなと思う次第で。
 さて本日も昨日に続いて比較的良くプレイしていた特務について語ってみようかと思います。
 こうしてSSで振り返ってみると、やっぱり色んな特務をプレイしていたんだなあと思わせるものがありますね。

 以下、仲父達成記念特務振り返り記事。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:01:37 | Trackback(0) | Comments(0)
仲父達成、前編
 ちまちまと特務をやってはいましたし、十一月には内政値オール90以上の称号「亜父」を手に入れていましたから、いつかは到達するだろうと思ってはいました。
 内政値オール100で仲父でございます。
 仲父、調べてみましたがどうやらチュウホと読む模様。無双オンライン辞書を入れていても変換されませんね。困ったものです。
 やはりここまで来るにはそれなりに長かったですね。
 何でも、内政値70台後半でやっとこ半分くらいなんだとか。しかしまあ、適当に特務をプレイしていたらいつのまにやら達成していたという感じです。
 治安での俸給の違いはあまり感じられませんし、以前は最も期待していた流通スキルも実際のところそう発動しませんし発動したところで良いアイテムは滅多に拾えません。軍事なんか何の役に立つのかさっぱりですし、技術は練成をやる時にちょっと恩恵があるくらいです。
 ただ、商業に関しては人気アイテムは殆ど仲買相場よりも安く行商で買うことが出来るようになったので、この点は非常に嬉しいかもしれませんね。

 そんな訳で、特務をやり続けて内政値オール100を達成した記念に、これまでの特務プレイ回数の多いものを、最速記録のSSと共に振り返ってみようかと思います。
 最速記録でブログ内検索してみると以前の記録が出てくるかとは思います。さてはて、進歩していますか、変化なしか。
 ざっとやってみたところ全部で28の特務を多くプレイしていました。さすがに多いので二日に分けようかと思います。
 以下、仲父達成記念特務振り返り記事。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:05:31 | Trackback(0) | Comments(2)
盤刀実装
 そういえば、盤刀の実装日が近付いてきました。

 http://www.musou-online.jp/announce/100114/01/index.html

 新武器の実装だと言うのに、何故かあまり期待していないというアップデートですねえ。
 とは言え、ここ最近実装された武器に関してはわりと良い調整していると思えなくもありません。
 旋棍はちょっとN攻撃が強すぎるという気がしなくもありませんが、追撃能力や無双の使い勝手などトータルで考えるとこれはこれで良い感じの強武器なのかなと思えたりもします。
 盤刀はといえば、とりあえず究極強化は牙壁と同じ反攻なのでイマイチ使えません。
 しかしそれ以外は、移動速度は並程度あって、防御体力スロットが後半にあり、C3が恐らく遠距離属性付与攻撃。
 と言う感じ。まあさすがに牙壁のC3よりはかなり射程が狭そうですし、武器の性能としては砕棍に近いものがありますので、使い勝手の良さそうな武器になりそう。
 防御体力スロットが後半なのでとりあえず対決では普通に使えそうで、その分攻撃破壊スロットが前半にあって、しかも無双スロットも前半にあるので制圧でもそこをランスロに使えるという意味で、非常に使い勝手が良いスロット位置と言えるのではないでしょうか。
 制圧では狩り性能や拠点速度が重要になってきますので、C1狩り刻印やC6広範囲攻撃やなんかの性能に注目したいところ。
 対決ではどうかなあ。砕棍に似た感じなので、無双乱舞で極鎮身石帯を拾えるかどうかってところでしょうか。

 プレイステーション3版の発売も来月に迫っていますので、色々と言われている格の参加条件を今の身分から義に変更するですとか、既存武器の調整やなんかも入る可能性はあります。
 ありますが、多分期待できないだろうと思っています。
 既存武器の調整やなんかは正直もうこのままでも良いので、部屋名あたりを相手側にも見えるようにして、好きなように住み分けで遊べるような環境だけ作って欲しいと思っています。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:02:17 | Trackback(0) | Comments(0)
熊猫無双
 副将の名付けに定評がありません。
 投弧刃使いだったので「ぶっぱ」と名付けてみたり、獄刀使いと言えば董卓、董卓と言えば豚、でもこいつは痩せているからと「痩せ豚」と名付けてみたり、妖杖使いの女副将だったので「JC連発姫」と名付けてみたり、桜扇使いの男副将だったので「大橋」……オオハシと読みます、と名付けてみたり。
 最近最も使用頻度が高い副将がパンダ副将の「ぱんだだ」だったりします。名前を考えるのが、面倒だったのです。

 さて使用副将を選ぶ上で最も重要視されているのは、やはり副将スキルではなかろうか。
 符水系アイテムと特攻は最高に相性が良いですし、活丹をつければ無双ゲージのチャージ速度がかなり早くなります。属性玉をつけるのであれば、属性効果をアップさせるスキルをつければ攻撃力も苦労相応にアップするというもの。
 とは言え、これらのスキルの効果は自分が撤退したら消えてしまうもの。一回撤退した後にもう一度つけるというのはなかなか上手くいかないものですよね。

 ぱんだだ、の副将スキルは滅却と威圧。滅却は炎属性効果を高めますが私は炎玉を使って戦う事は滅多にありません。
 威圧は相手の無双ゲージを一瞬でゼロにするなかなか便利なスキルですが、副将強化を二回してさらに無双ゲージを貯めないと使用できません。
 では何故ぱんだだを使っているのか。
 通常攻撃に属性がつくようになったからなんですよ。
 覚えたのは両断爪、斬属性攻撃です。
 パンダの攻撃範囲はこれでかなり広いです。特にC1っぽい範囲衝撃波はダウン属性でかなり鬱陶しい。その上これに斬属性が付くのだからかなり強いのです。
 副将強化をしてSAをつけようものなら、すごい強さを発揮します。
 こちらが攻撃をくらって、まずい! と思っているところをズシーン。
 自分がダウンしてしまって敵が起き攻めを待っているところをズシーン。
 自キャラが瀕死になってしまい相手から逃げ惑っているところをズシーン。
 相手ダウン! しかも無双ゲージが削られる!
 素晴らしい、素晴らしすぎます。
 もちろん、こちらが攻撃している時に邪魔したりする事もありますが、邪魔されたくない時は副将召還ボタンを押していれば安心。
 副将強化は対決ですと自分が何度倒されても維持されますし、副将が倒されてしまっても召還ボタンを押せばしっかり戻って来てくれます。
 相手にとって、これは実に嫌な存在でありましょう。

 今は斬属性だけですが、氷属性や風属性のパンダも嫌だろうなあと思う次第。
 いつかそんなパンダを見つけてみたいものですね。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:03:27 | Trackback(0) | Comments(2)
文学少女
「オレは、精神的なマゾなんです。女に愛憎の混じった目でみつめられて罵られると、ぞくぞくする。だって、人間の感情で一番強いのは憎しみじゃないすか? 愛情は時間が経てば薄れて変わってゆくものだけど、ホンモノの憎しみはそう簡単には忘れられないものだし、時間が経つほど強く大きくなってゆくもんだと思いませんか? 憎んでいるほうが愛も長く続いてゆくって、オレは思うっすね。愛しているから憎み続ける事ができるし、憎んでいるから愛し続けることができるって」
    野村美月 作 "文学少女"と飢え渇く幽霊 より

 名言とか名場面とか、のカテゴリに入れようか迷ったのですが、読んだばかりの作品なので普通の日記にしておきました。
 もし、あたたかな愛情を注がれる事と、刺すような憎しみを向けられる事を選べるとして、迷い無く選択出来る人は素晴らしいと思う。

 と言う訳で、以下ライトノベル"文学少女"シリーズの話。

続きを読む >>

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

日記 | 00:03:30 | Trackback(0) | Comments(0)
天乃怒槌
 砕棒と鉄鞭の究極強化は、神髄でも真髄でも心髄でも無く、神槌です。
 読みはシンズイじゃなくて、シンヅイ。
 神の槌、英語で言うところのゴッドハンマーなのです。

 さて強武器と名高い鉄鞭もそれなりに使い込めてきたかなと言う気がして来ます。
 基本的に何も考えないで戦っても充分に強い武器ですよね、鉄鞭。
 高火力C3にめくり性能が高くお手軽着火無双が可能なC5、さらにいつでも二倍真無双発動の究極強化神槌と良い感じに揃っていますし、この強さも納得と言うものです。極鎮身石帯をつけた桜扇や両節棍がいたら一目散に逃げ出しますけどね。
 しかし、私が現在鉄鞭を使う一番の理由は丈夫武器を倒せる事だったりします。

 もちろん、神槌単体で丈夫の回復力を削りきる事は不可能です。
 友人が使う天運武器が不可欠。
 天運は丈夫を発動させなくなるという意味では非常に使えますが、それとて僅か30秒の間でそれをすぎると普通に丈夫が発動可能。しかも天運武器そのものは火力が高い訳でも無いので、これまた天運単体で丈夫に対抗するのは簡単な事ではありません。
 しかし、この二つが組み合わされば丈夫をも安定して倒す事が可能になります。
 やる事自体は簡単。
 神槌を発動→天運を発動→神槌無双→激無双。
 これだけ。
 カギは天運の発動のタイミング。神槌より早くては意味がないですし、丈夫発動より遅くては倒しきれません。さらにキッチリ神槌無双に激無双をあわせなくてはいけませんので、非常に難しい役どころとなるでしょう。
「天運も神槌も、ひとりでは目標の丈夫を倒す事はできないかもしれない。しかし二人なら、二人なら丈夫に並べる! 二人なら丈夫を越せる!」
 などと言うどこかの一晩でやってくれる部下をお持ちの方の台詞が浮かんで来ますが、まあ神槌でなくても要は一撃で丈夫武器の体力を持っていけるだけの火力があればオッケーです。
 しかしそれにしても。
 二人分の究極強化を使い、二人分の無双ゲージを使ってやっと安定して倒せると言う事からも、丈夫の強さが良く判りますよね。
 特に大斧の方は極めて稀に風鎮身石帯をつけている人がいるくらいで殆どは氷玉斬玉で、かつ攻撃力にそれなりに鍛錬を振れば防御力体力自体は突出して高いという訳ではありません。丈夫の存在が耐久力を飛躍的に高めているので、そこを封じれば倒せるような印象です。
 普段はまったく倒される事なく我が物顔で前線を支配している大斧です。氷大斧の凍結からアタッカー武器の連携等はお約束とも言えます。以前で言うところの妖杖双戟ペアみたいな感じですね。
 労力は大変なものがありますが、大斧に「倒されるかもしれない」というプレッシャーを少しでも与えられるのでしたら、これもアリかもしれませんよね。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:03:49 | Trackback(0) | Comments(0)
落馬事故
 無い方が良いには決まっているのですが、やはり落馬や事故は競馬では起こってしまうものです。
 特に名馬が競走中の事故で命を落としてしまうと言う出来事は、競馬を語る上で避けて通れない悲劇のひとつではないかと思います。

 年明け早々ですが、いきなりの落馬事故があった模様です。
 しかも、出走16頭中9頭が落馬すると言う、過去類を見ない程の大規模な落馬でした。

 加害馬ノボプロジェクトに騎乗していたのは、新人としては異例の活躍を見せて躍進が期待されている三浦騎手でした。
 レース動画を観ると、確かにノボプポジェクトの動きが惨事の引き金になっているのが良く分かります。
 
 これだけの大事故でしたが、不幸中の幸いと言うべきか馬は全頭無事だったみたいです。
 騎手は、内田騎手が骨折の重傷ながらも命に別状は無く、その他の方は軽傷で済んだ模様。
 過去には、落馬事故で命を落とした騎手もいらっしゃいました。
 今回の事故はこれだけの大きなものでしたが、馬にも人にも最悪の被害には至らず、その点だけは良かったと言うべきではないのかもしれませんが、安心しました。

 競馬の性質上、事故を100%完全に防ぐ事は出来ないのでしょうけれど、不幸な事故が起こらないようにファンを楽しませてくれると良いですね。
 被害にあった馬と騎手の方々の一日も早い回復をお祈りしております。

続きを読む >>

テーマ:競馬 - ジャンル:スポーツ

競馬 | 00:02:20 | Trackback(0) | Comments(0)
乱戦的週末
 今週は争奪かなと思っていましたが、実に素晴らしい事に乱戦が開催されました。
 やはり今面白いのは争奪よりは乱戦かなと思っているだけに単純に嬉しいですね。

 さてそんな訳で金土日曜日と行われた乱戦ですが、年末年始とは異なり平常どおりの19時開始の22時終了となっていました。
 特に金曜日は、やはり仕事が始まった社会人が参加出来ないのでしょう。私もつい数ヶ月前まではまったく参加出来ませんでしたしね。19時から20時までは相手が揃わない枠が非常に多かった模様です。
 私も三戦やってフルメンバー揃ったのは一戦のみでした。
 精鋭の雑号将軍以上枠や武器ランク4以上枠はわりと揃うのですが、精鋭武名B以上枠や無双格は敵味方ともイマイチなそろい具合。
 一度などは何と味方三人敵一人という状態で乱戦をやる事になりました。
 これはこれで空しいものが……。

 そんな訳で私としては珍しく運営に要望を出しておきました。
 特に金曜日の乱戦に関しては、現状の19時から22時という枠よりも年末年始に行われたような21時開始の24時終了というスケジュールの方が喜ばれそうです。
 土日は19時からわりと人がキチンと揃うので良いのですが、やはり単純に開催回数を増やして欲しいですね。19時から24時とかにしてくれると嬉しいなあ。
 しかし、土日の15分毎の開催は良い感じですね。比較的早く戦闘が終了すればまずプレイした時間の30分後の開催には間に合いますので、待ち時間が少なくて済みます。
 待ち時間中の演習や何かも面白いですが、やはりメインは乱戦ですし、待ち時間が少ないにこしたことはありません。

 かなり乱戦仲間が増えてきた昨今ですが、他勢力で、大人数なのかな? というような顔ぶれと出会う事があります。
 日曜日はそれらしき方々と対戦し、互いに火薬箱を全部壊してお互い後一撃状態。
 数秒の差で勝利という、接戦の見本みたいな一戦もありなかなか白熱いたしました。
 一方、大差でコロっと負けてしまった一戦もあり、乱戦はやはり面白いものです。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:03:41 | Trackback(0) | Comments(1)
昔取った杵柄(2)
 くりふじに
 パンヤで勝つには
 チップはいらぬ
 ODしてれば
 それで良い

 さてこのタイトルでパンヤの記事を投稿するのは二回目になりますか。
 プレイ期間だけは非常に長くなっているパンヤですが、プレイ頻度はそれに反比例するように落ちて行っています。
 無双オンラインで知り合った方とパンヤに遊びに行きました。
 やはり基本無料ですと、こういう時に良いんですよね。
 しばらくプレイしていなくても、ちょっとしたきっかけで戻ってプレイ出来ると言いますか。
 今ではPSUも無料でプレイ出来る仕組みが作られてはいますが、やっぱり手軽さでいけばアイテム課金ゲームには敵わないところではなかろうか。

 ログイン自体久しぶりだったのでどの程度まともに出来るか不安でしたが、とりあえず3Hのストロークをランダムシャッフルで何度かまわる事に。
 久しぶりすぎて当然の事のように腕が鈍りまくっていました。
 パンヤのプレイ感想で似たような事を書くのは何度目だ? ってくらいですよね。

 何気に、パンヤのBGMの良さが耳についた気がします。
 どのコースも雰囲気に合ったBGMで非常に良い感じですねえ。
 私としてはディープインフェルノの音楽が非常に好みだったりします。
 グリーンが鬼だったり距離が長かったりするのでコースは嫌いなんですけどね!

 さてそんなこんなで色んなコースを回った訳ですが、実に私らしい事に風1mのショートホールでは見事にトマホークを成功させたにも関わらずカップを外しています。
 その分何と、アイススパとウインドヒルではそれぞれコロチップを決める事が出来ました。
 伊達にコロコロだけでアマチュアまでやってはいないという事ですよ!
 距離はアイススパの方が遠かったですが、グリーンや風の難しいウインドヒルのチップはやはり嬉しいものですね。そう言えば昔、丘のくりふじと呼ばれて……いませんけど。

 相変わらずコロで寄せてミスが少ないと言うプレイスタイルは少数派みたいです。
 レベルはセミプロになりましたが腕はジュニアランクの私でも、パンヤはそれなりに楽しく遊べる良いゲームではないでしょうか。
 そう言えば、ログインした際、パンヤをプレイし始めたばかりの頃に知り合った方とメッセで話す事が出来ました。
 あまりに久しぶりすぎて、会話している時の口調を忘れるという事態に陥りましたが、こういう久しぶりもあるものなんだなあと思った久々パンヤプレイでしたとさ。

続きを読む >>

テーマ:スカっとゴルフ パンヤ - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:04:11 | Trackback(0) | Comments(0)
戦盤とギルド員と殴り鍛錬の話
 ついに戦盤のレンタル依頼が来ました。
 これまで、私の武器庫を見ても、殆どの人の反応が「wwwwwww」だったのですが、珍しく戦盤を使ってみたいと言う人が現れたという事になります。
 記憶も薄れるくらいのかなり前、ギルドメンバーに対決用戦盤をレンタルした際はあっという間に戻ってきてその後二度とレンタル依頼が無いと言う状態になりましたが、さて今回はどうなりますか。

 ギルドメンバーが増えるそうな。
 珍しい事もあるものです。
 前シナリオで所属していたギルドはマスターが休止状態になってしまったので、ギルドチャット用という事で身内四人だけでひっそりと立ち上げたギルドでしたが、まさか人が増えるとは思いませんでした。
 でも良く考えたら、現在のマスターが乱戦メンバーの募集やなんかに非常に積極的で交流も増えているので、こう言う事があっても不思議ではない兆候は存在したようにも思えますね。

 友人との会話の中で対決武器の鍛錬についての話題が出ました。
 最近は旋棍の登場からわりと前線で戦える殴り武器が見直されている印象があります。ところが、どうした訳か殴り武器と言うと無双鍛錬をしないのが当たり前で無双鍛錬がしてある武器は殴り武器じゃない等と言う極端な人が結構いる模様。
 私の対決武器の中で、無双鍛錬がしていないのは完全攻撃型戦盤50320とレンタル中獄刀40430ですが、前者は少々殴られてもびくともしない耐久力がありますし、後者は体力基本値改造がしてありしかも活丹をメインに使って無双ゲージの回収率は悪くありません。
 やはり同じ殴るにしても、無双ゲージがあるのと無いのとではまったく違ってくると思うのですよね。例えば無双ゲージが無い状態で地上無双の武器を殴りに行くなんて無謀以外の何ものでもありませんし、鉄鞭など殴りが非常に強力な武器でも40430等の鍛錬にしてしまうと折角の神槌が活きません。属性付与役の武器にとって神槌鉄鞭は相手にして非常に嫌な武器ですし、その鉄鞭が無双ゲージが短かったりカラで前線で戦っていたりするとプレッシャーになりません。神槌を仕込んでいる鉄鞭がいるだけで、燕扇などは盾を連発し辛くなるのです。これだけでも、無双ゲージの重要性は分かると言うものではなかろうか。
 それでも以前、攻撃補正導入までは攻撃力を高く、50320や50400等の鍛錬で殴り倒すという事が十分に可能でしたが、現在は攻撃をそこまで振る重要性が薄れました。
 となれば、無双ゲージ回収率が重要になってくるのではないかと思うのですよ。
 殴りは大いに結構。私達のパーティーでも、単純なぶっぱしか出来ない武器は好まれませんが、それは無双鍛錬をしないと言う事とイコールではありません。無双ゲージが無い、あるいは無双ゲージのチャージが遅い武器で戦うのは、純戦闘的に極めて不利なのです。
 殴り武器を作るのであれば、殴る為にもある程度の無双鍛錬は必要なんじゃないかと言うお話でした。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:04:22 | Trackback(0) | Comments(6)
ゆく年くる年(3)
 毎年恒例のJRA年度代表馬他各賞の発表が行われました。

 当ブログでも毎年取り上げている訳ですが、二年連続で年度代表馬に関する記事はこのタイトルがついています。
 我が事ですから意図はわからなくもないのですが、もうちょっと良いタイトルは無かったのかと今更ながら思ったり、思わなかったり。

 という訳で以下、JRA2009年の年度代表馬他各賞についての話題。

続きを読む >>

テーマ:競馬 - ジャンル:スポーツ

競馬 | 00:02:12 | Trackback(0) | Comments(4)
旋棍無双
 牙壁は実装直後はあまり人気が無かった印象が強いですね。
 使う人が多い訳でも無かったですし、究極強化も非常に使い勝手が悪い反攻では他によっぽど良い部分が無いとなかなか使い手が増えないのは仕方が無いところでしょうか。
 制圧用としては鈍足で狩り性能もイマイチかつ破壊拠点も早くないという性能でしたので、対決用としてどの程度の地位を確立できるかでした。実際に手に取って使ってみると、遠距離属性攻撃のC3がありわりと便利な地上無双があり強化が完成してしまえばトップクラスの耐久力がありと、かなり良質の対決武器だった気がします。
 ようやくその認知が進んで来たのか、牙壁を目にする機会も段々と増えて来ました。野良では相変わらず少なめですが、パーティーでは風役として組み込んでいるところが多い印象。そろそろ双鞭の地位を脅かすくらいにはなってきたんじゃないでしょうか。

 それとは対照的に実装直後から使い手が非常に多いのが旋棍。
 こちらは野良でも非常に良く見かけますね。
 究極強化は威風とこちらも使い勝手はイマイチで、極鎮身石帯を拾えなかった無双乱舞と一瞬期待はずれの性能かと思われましたが、それを補ってあまりあるN攻撃の性能の良さがありましたね。
 出が早く、さらに攻撃範囲もかなりあり、攻撃の繋がりも早いのでまともに殴り合ってはいられません。
 長物を使えば攻撃速度で劣りますし、攻撃速度で対抗出来そうな武器を使うとリーチでまったく敵いません。しかし奴等はかなりの広範囲かつ出の早い鉄鞭のN1と打ち合って余裕で打ち勝ちます。何と言う強さ!
 聞くところによると、鉤鎌刀や戦戈ですと旋棍相手に優位とはいかないまでも互角に戦えるらしいです。後はSA付きの攻撃でつぶすですとか、遠距離攻撃系で戦うですとか色々と対処も色々と考えられますね。
 こういう武器は久しぶりじゃないでしょうか。
 投弧刃のように無双乱舞が超強力という訳でもなければ、牙壁のように属性付与に向いている訳でもなく、鉄笛や戦戈のような特徴的な究極強化でもなく。
 非常に殴りに強い武器ですから、使っているのを見るとやはり極鎮身石帯をつけて殴ってくる人が多いですね。
 その武器の良さが最も出る戦い方と言えるでしょう。
 風が味方にいないとトドメを刺し辛いとかありそうですが、十分に強武器の仲間入り出来る性能ではないでしょうか。

 私も使ってみようかと思わなくもないのですが、ここ最近旋棍にボコボコボコボコと殴られまくったので旋棍が嫌いになって来ました。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:03:43 | Trackback(0) | Comments(3)
温故知新(19)
 さて一ヶ月空いてしまいましたが恒例過去記事振り返りの温故知新シリーズです。
 今回は2009年三月記事の振り返りですね。
 時期としては、無双オンラインの神将乱舞が実装された頃になります。現在最も好んでプレイしている乱戦が実装されたのもこの時期ですね。
 オンラインゲーム以外の記事では、動画紹介などが普段よりもかなり多く見る事が出来ます。
 特に「幕間」の動画は一見の価値があると私は思いますね。

 さてそんなこんなで以下、2009年三月記事の振り返り。

続きを読む >>

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

日記 | 00:03:51 | Trackback(0) | Comments(0)
乱戦基礎(6)
 乱戦は激突と違って何時でも好きな時にプレイできるという類のものではありません。
 それだけに、基本的な練習やなんかは実戦で積むしかないのですが、やはりある程度練習をしたいと思うのは人情と言うもの。
 私達のパーティーでは、当初は乱戦の待ち時間の暇つぶしにと始めた特殊ルールの演習が乱戦練習にあたると思います。
 乱戦でも最も重要なのは拠点の攻防であると思っていますので、そこに絞った感じの演習です。
 
 乱戦基礎(1) 拠点攻防編   乱戦基礎(2) 強化鍛錬編
 乱戦基礎(3) 方針道具編   乱戦基礎(4) 地形攻略編
 乱戦基礎(5) 兵糧攻防編   乱戦基礎(6) 拠点演習編
 乱戦基礎(7) 米攻心得編   乱戦基礎(8) 拠点武器編
 乱戦基礎(9) 役割分担編

 と言う訳で以下、乱戦基礎第六弾。拠点演習編。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:04:26 | Trackback(0) | Comments(2)
祭りの後
 ちょっとWikiのコメントを読んでいて気になる部分があったので調べてみました。

対決用改造戦盤・特防改 対決戦盤 壁

 同じ防御極特化戦盤ですが、左が購入して鍛錬を組み替えた直後のもの。右は昨年年末に武器庫紹介をした時のもの。
 背水の効果文章が変わってるんですよね。これだけ毎日戦盤を眺めていながら気がつかなかったとはなんたる不覚!
 は、ともかくとして。
 背水は元々、防御二倍では効果がない斬属性のダメージも減っていまし、風属性や雷属性に関してはたんに防御力がアップしているからダメージも減っているものと考えていました。炎に関しては減ってる気はしていなかったのですけどね……。
 文章は変わりましたが、これは効果も以前とは変わっているのか、はたまた効果は前のままで斬属性が「防御力無視ダメージ」とうたっているので文章を変えてつじつまを合わせたのか。
 修正発表してないところを見ると、きっと後者なんだろうなあと思ってしまうあたり運営への信頼の無さが現れていますね。

 以下、年末年始乱戦祭り総括。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:02:21 | Trackback(0) | Comments(3)
夢製造機(5)
 さあ気分は新年ですが、今回は主に年末の話。
 1999年、2000年を目前に控えて2000年問題やなんかの話題に沸く世の中、新世代機として登場したドリームキャストも初の年末を迎えることになりました。
 当然多くの話題作や注目作品が発売されていますので、知っている持っている作品がちらほらと。



 夢製造機
 夢製造機(2)
 夢製造機(3)
 夢製造機(4)
 と言う訳で以下、ドリームキャストの話題。

続きを読む >>

テーマ:▼ゲームの話 - ジャンル:ゲーム

その他ゲーム | 00:05:37 | Trackback(0) | Comments(7)
戦後反省会
 元旦も乱戦祭りでした。
 相変わらず30分刻みで待ち時間が長くなりがちなのは不満が残りますが、ともあれメンバーが八人揃っての大所帯で三戦。
 新年早々大勝利! といけば良かったのですがその日は敵も非常に手強く、勝ったり負けたりというような状態でしたね。
 負け方はもう火薬箱を全部壊していても負けていたというくらいの惨敗。これはもう対人でかなり負けてしまったので、結果として拠点維持でかなり劣勢になってしまったかなといったところ。
 勝ち方は連携も効率も私が感じる限りでは非常に悪く、彼我戦力差が大きい時にしか勝てていなかったなという印象でした。

 と言う訳で、戦後の反省会が発生。
 以前の記事で、時には一戦やってその後の反省会だけで一日のプレイ時間が終わってしまうなんて事もあったくらいです、と書いていますように、結構ダメだと思った時には反省会をやるのです。
 反省会のパターンも大体決まっています。
 ひたすら思った事をかなりの文章量で提示する私。
 それに分析と反論を逐一加えていくメンバー。
 発言は少な目ながらじっくりと議論を見極めて脱線を防ぎ落としどころに誘導するメンバー。
 昨日も乱戦の待ち時間を利用してああでもないこうでもないとずっとチャットをしておりました。その分、待ち時間が気にならなかったというのは怪我の功名に入るのであろうか?
 ラストの乱戦も終えて解散してからも反省会は続き、結局終わったのは最後の乱戦をプレイしてから一時間半以上経ってからでした。
 もちろん結論は出ず。そんなものです。

 お正月乱戦祭りも後二日、これが更新される頃には最後の一日を残すのみ、ですか。
 やっぱり休日は確実にフルメンバーになりますし、戦闘に時間がかかると30分後の予約には間に合わないくらい参加者がいます。
 腹八分目とは言いますが、もうちょっと時間を小刻みにして試合数を増やしても良いんじゃないかなと思ったりもした乱戦祭りでございました。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:01:42 | Trackback(0) | Comments(0)
終わり良ければ全て良し
 年末年始の乱戦祭りです。
 かなり期待していただけあって、参加者も思った以上に多い模様です。29日、30日と共に2PTに分かれての参加となりましたが、1時間待ちの時があったりするなど私達以外にも参加者が非常に多かったのではないでしょうか。
 残念だったのが時間が30分刻みだった事。年末で人が多い事も予想されますし、土日シフトの15分刻みでも良かったんじゃないかなあ。まあ、多すぎて人数揃わずスカスカよりは良いでしょうから運営の判断も難しいところでしょうけども。

 29日と30日は選べる状態ではなかったので、とにかく空いているところに突入。殆どを対呉でやったと思います。
 そして31日ですが、やはり大晦日と言う事もあって参加人数が一気に半減。ここのところ大人数が揃っていましたからいささか寂しい感じでしたが、逆にその分参加場所や参加勢力を余裕を持って選ぶ事が出来ました。
 ずっと対呉でやっていたので31日は対蜀をチョイス。
 一戦目はぺアでの参加、二戦目からはトリオでの参加となりましたが、待ち時間も長すぎる事なく30分刻みの全ての時間帯に参加する事が出来、その上全勝で今年最後の乱戦を飾る事が出来ました。
 いやあ、嬉しいですね。
 0時の年明けと同時に行われた新年最初の乱戦も見事に勝利。
 幸先の良いスタートとなりました。

 仕舞いも良く、幸先も良いという何となく嬉しくなるような今年の無双オンラインの開始でした。
 去年のオンラインゲームは無双オンラインを最も多くプレイする事になりました。
 今年も最も多くプレイする事になるかどうかは分かりませんが、PS3版の発売など楽しみな要素も控えていますので、大いに期待したいと思っております。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:04:50 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。