■プロフィール

くりふじ

Author:くりふじ
禍福はあざなえる縄の如し。
良い事ばかりも続かなければ。
悪い事ばかりも続かない。
そんな毎日。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■ブログ内検索

■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
昨日の敵は今日の友(2)
 そんな展開があるのが連合争奪の醍醐味ですよね。

 乱戦で最も戦う機会が多い劉備軍との連合。
 今回はギルドメンバーだけでは三人しか揃わなかったので、残り一人は回廊で募集するつもりだったのです。
 どうしたものかと回廊をぶらぶらしていると、見覚えのある名前のキャラクターがいました。
 乱戦では敵同士、一番対戦するのを楽しみにしている劉備軍パーティーの方……戒砥さんではありませんか。
 早速声をかけてこんにちは調子はどうですかぼちぼちですなと当たり障りの無い会話があったようななかったようなで、結局争奪メンバー最後の一人に入って頂く事になりました。
 これは実に心強い事で、乱戦はともかくとして争奪は毎回五連勝の勝率66.6%が目標の私達にしてみれば頼りがいのある味方が入ってくれたと言えるでしょう。戒砥さん達のギルドのメンバーと争奪で当たった場合、まあ十回やって九回は確実に負けるだろうなってくらい差がありますしね。

 今回の争奪前にやっていた対決の不調から久しぶりに私の武名もBになっており、今回は頑張れば結構いけるかなと思っていましたが、世の中そんなに甘くはありませんでした。
 野良とも何度かあたり、さすがに野良に負ける様な事にはなりませんでしたが、勝てそうなところには順当に勝って、強い相手には順当に負けたと言う印象の争奪でした。
 最大五連勝の勝率66.6%をギリギリクリア出来たかなって程度ではないでしょうか。

 来週はお待ちかねの乱戦。
 金曜日は確実に欠席、土曜日が不透明、日曜日は出席予定となっております。
 是非土曜日も出席したいものです。

スポンサーサイト

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:04:38 | Trackback(0) | Comments(0)
すーじーそーどの帰還
 自宅のネット環境が整い、久しぶりに無双オンラインをプレイしていると微妙にやる気が戻ってきました。
 ここ一年くらいは週末の乱戦と争奪くらいしかほぼプレイしていなかったのですが、ちょこちょこと対決に出るようになったのです。
 激突での目標はふたつ勝ってひとつ負けるくらいのペースを維持、ですが昨今の対決の時流からすっかり取り残された印象で、体力鍛錬の無い武器や攻撃力改造二回の武器を振り回してはパーティー相手に大敗すると言うような状態でした。

 まあそれはそれで相手の方が強いだけなので良いのですが、たまには流行の武器でも取り入れてみようかと、斬鳳凰を考えてみたのです。
 斬鳳凰! 良いですね、これに氷を組み合わせたらそれだけで厨構成って感じがして実に良い。
 そして二年くらい前に購入はしたものの、使用回数を稼いで鍛錬を組み替えただけで満足して友人にレンタルしっぱなしだった獄刀を持っていた事を思い出したのです。
 返却して貰い、流行の武器属性を付与して、さらに本気を出して研磨までやってR6にしてしまえばこちらのものです。

 すーじーそーどの帰還


 鍛錬こそ40430ですが、なかなか良さそうじゃないですか? 攻撃が壊れたら30440とかにしようかと思ってたりもします。
 アイテムは何にしようか迷いましたが、ここも気合を入れまくって練成アイテムを使う事にしてみました。
 つまり、斬活丹。
 実装当初は炎龍神鱗みたいなのダメ組み合わせアイテムな印象でしたが、そんなに悪くないですよね。
 特にこの獄刀は攻撃力もあるので、無双ぶっぱして良し、鳳凰を仕込んで斬攻撃も良しと言う、素晴らしい厨武器になって戻って来てくれました。

 喜び勇んで実戦投入。
 今のところ一回勝って二回負けるくらいのペースですね!!
 戦盤の方が強い!

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:02:08 | Trackback(0) | Comments(0)
休止中競馬話(3)
 やっぱり昨年のクラシック世代、つまり今年の四歳世代はすごいですよ。
 皐月賞と有馬記念を勝ち、ドバイを勝ったヴィクトワールピサ。ダービーを勝ったエイシンフラッシュ、二歳王者にしてジャパンカップ覇者ローズキングダム、古馬になってから一気に頭角を現したトゥザグローリー。
 どの馬が勝っても不思議じゃないと言うくらいのスターホースだらけ。

 

 そして今回、実力が無いと勝てないといわれるレースで、そんなスターホース達を粉砕して勝利したのもまた四歳世代でした。
 ヒルノダムール。
 決して注目度の低い馬ではありませんでした。
 昨年のクラシック皐月賞では追い込んできてヴィクトワールピサの二着。
 負けて強しの印象を残して、その後も好評価を得ていましたが、その後はなかなか勝てませんでした。
 強い世代にあって、どちらかと言うと脇役のイメージが付きつつあった馬でしたが、ここで見事に勝利。
 これがフロックだとはまったく思われないところが、やはりこの馬の実力を皆が認めていたと言う事なんでしょうね。

 二着に入ったのはダービー馬エイシンフラッシュ。強い、やっぱり強いですねえ。
 今回は負けましたが、ダービー馬健在をアピールしましたし、今後も期待出来るのではないでしょうか。

 レース内容がかなりタフだった事もあり、距離が長かった事もありで、かかってしまって実力を発揮できなかった馬もいました。
 今回は敗れたトゥザグローリー、ローズキングダム、ペルーサと言った馬達もまだまだ主役を担うに十分な実力を持っている筈です。
 様々な距離のレースでこれからも競馬を大いに盛り上げてくれそうな四歳世代。
 次はやはり宝塚記念ですか? 楽しみなところです。

テーマ:競馬 - ジャンル:スポーツ

競馬 | 00:01:12 | Trackback(0) | Comments(2)
細剣実装
 以前は武器の実装はふた月に一度くらいという印象があったのですが、ここに来てやる気が出たのか、次々と新武器を実装してきますね。
 先月の麟角刀、今月の巨剣に次いで、来月の頭にはもう細剣の実装が決定した模様です。

 http://www.musou-online.jp/announce/110526/01/

 オフ無双で細剣は攻撃範囲が狭く、攻撃速度は速いものの範囲の狭さがどうにも使いづらかった印象があります。
 ただ、無双乱舞が双戟と同じタイプだったような記憶がありますね。
 イメージ的に俊足武器にはなりそうですし、無双乱舞が強力なままだったりすると、ぶっぱ武器として対決での地位を確保するかもしれません。
 制圧ではどうでしょうねえ。いかんせん攻撃範囲が狭いですから、三尖槍の突のような玉狩りや、将剣の覇のように狩りに向いたモーションが無ければ難しいような気がします。
 乱戦ではわりと注目したいところ。乱戦でなら雑兵撃破力は悪い方向に影響しませんから、今の尖剣のようなポジションに入ってくるような気がしなくもありません。
 尖剣と言えば、私達のパーティーの中でも評判の乱戦強武器。果たしてどうなりますか。
 既存武器に修正が入るかどうかにも例によって注目が集まっています。今ですとやっぱり鉄鈎が一番ですか。まあこれまで何だかんだその都度要望が多かった修正は通ってますし、可能性はありそうです。

 服飾は例によってアンコールと+9。仕立て服飾の移動パラメータ付与は未だに出ません。これ、いつから言ってますか……。

 新処方は朱雀翼+鎮火符系統。朱雀鎮火符が既に実装されていますので、それ以外という事になりますね。
 恐らく私は使う機会は無いでしょうが、実装文の説明では「攻防に役立つ消費アイテム」との事。
 前回の白虎牙+鎮火符系の説明をコピーしたのでしょうが、これ明らかに防御系アイテムでしょ……。

 と言う感じのアップデート。
 期待したいところですね。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:01:53 | Trackback(0) | Comments(0)
土日争奪
 今週の争奪の予定が発表されました。
 意外にも曹操軍が二戦をこなすと言うマッチングになっています。
 土曜日曜連続乱戦とは、三勢力だったシナリオの時以来ですね。

 土曜日一戦目は、曹操劉備連合軍対袁紹孫堅連合軍。
 日曜日二戦目が、曹操劉備連合軍対董卓軍。
 私は例によって土曜日は仕事なので、参加は日曜日のみとなります。
 手強い相手の董卓軍の方に参戦とは勝率や連勝はあんまり期待出来そうにありませんが、人数は相手の方が多そうなので待ち時間は少なくて済みそう。
 何かの間違いで連勝するような事もある、かも、しれません。

 しかし問題はメンバー。
 ただでさえ固定メンバーが組めていないところに、最近争奪パーティーを組んでいたギルドメンバーがギルドを脱退してしまったので、残りのギルドメンバーの参加状況次第では回廊募集になっちゃう可能性もあるかなと思っています。

 ところでこれ、争奪二戦両方とも負けた場合曹操軍属領の危機になったりして、さらにプレイヤー人口が減ったりして、そして本当に属領になったりすると、仲買の手数料がアップしたりで困りますね!
 まあ多分、それでも曹操軍にいるとは思いますが。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:01:25 | Trackback(0) | Comments(0)
失敗と反省と検討と改善と
 勝っても、それで自信過剰になり、
 努力を怠れば勝ったことがマイナスになる。
 負けたとしても、その敗因を冷静に判断し、
 次につなげるべく努力していけば負けたことがプラスになる。

 とは、将棋永世名人の谷川浩司さんの言葉ですが、良い事を言いますね!
 私達の乱戦パーティーは、争奪の序列常連ですよなんて人もいなければ、対決では無双大会で大活躍でしたと言う人もいません。
 でも、パーティーで色々と試行錯誤しながらその結果勝てるようになるのが楽しいと言うメンバーが多く揃ったのかなと言う気がします。
 その分、反省だったり意見だったりがヒートアップしたりする事もありますが。

   http://zoome.jp/kurihuji07/diary/65/
 半年以上前の動画になりますが、この時期は本当に私が理想だと思っている火薬箱攻撃のタイミング「全部壊して拠点ダメージが残り数回、その数回が既に確定状態」に拘って火薬箱攻撃に移行しています。
 今観ると、幾らでももっと安全に勝つタイミングでの火薬箱攻撃があったなと思えますが、やはりこれが正しいと思い込んでしまうと、なかなかその思考から抜け出せないものです。

   http://zoome.jp/kurihuji07/diary/68/
 基本的に、火薬箱を壊しきれなかった場合「必要時に必要な人数が兵糧庫攻撃に参加出来なかったのが原因なので、拠点シフトの方を改善した方が良い」と言う考えを持っていたのですが、それはそれとして違う方向、つまり火薬箱攻撃のタイミングの変更を考えるきっかけになった敗戦。
 火薬箱を壊してしまっていれば勝てていた、火薬箱攻撃に大人数を投入しすぎず拠点をしっかり維持していたらこのタイミングでの負けはなかった、と言う負け試合でした。
 この敗戦をきっかけにして反省と検討と改善を重ねたのを良く覚えています。ギルドメンバーとはかなりの激論を繰り広げたものです!

 反省は、失敗を客観的に分析して、
 これからに生かせる未来思考なのだ。

 とは、将棋永世名人の谷川浩司さんの名言ですが、本当に良い事を言いますね!

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:02:24 | Trackback(0) | Comments(0)
大事にする人、捨てる人、同情する人、殺す人
 今日の私はとてつもなく機嫌が悪い。

 こねこ四匹

 可愛らしい猫さん画像でも観て和んで下さい。
 生後間もない四匹の子猫ですね。実に可愛らしい。

 以下、非常にムナクソ悪い話。久しぶりの折りたたみ。読みたい人だけ自己責任でお願いします。

続きを読む >>

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

日記 | 00:01:19 | Trackback(0) | Comments(2)
休止中競馬話(2)
 牡馬のクラシックですが、昨年の盛り上がりと比べると、今年はいまひとつという気がしなくもありません。
 とは言え、昨年の盛り上がりは本当にすごかったですから、さすがにそれと比べては可哀想なのかなと思ってしまいますね。

 そんな訳で牡馬クラシック第一弾、皐月賞です。
 最も早い馬が勝つといわれるレースですが、今回勝ったのは四番人気だったオルフェーヴル。
 そこまで注目度の高かった馬ではありませんが、スプリングステークスを一番人気で勝つ事で実力を証明していた馬ですね。 

 

 大本命不在の中、一番人気に推されたサダムパテックは二着に敗れています。
 サダムパテック、強いのは確かなのですがどうにも本番で良い結果が出ませんねえ。
 朝日杯と今回と、続けて人気になっていますしその間の弥生賞では勝っていますから、間違いなく実力はある筈なのです。
 それでもなかなかG1が勝てない。これも競馬の面白さかもしれません。
 かったオルフェーヴルはドリームジャーニーの全弟(父も母も完全に同じ弟)で、父はステイゴールド。
 現役時代は渋い活躍の印象だったステイゴールドでしたが、種牡馬としては大活躍ですね。
 日本ダービー、距離が伸びてさてどの馬が勝つのか。
 今の段階では、どの馬にもチャンスがありそうですよね。

テーマ:競馬 - ジャンル:スポーツ

競馬 | 00:05:23 | Trackback(0) | Comments(2)
雨作戦
 引越し後ネット環境も整い、ようやく自宅で無双を楽しむ事が出来るようになりました。
動画撮影も再開して、乱戦が実に楽しいですね。
動画投稿休止中もネカフェから乱戦はプレイしていましたが、動画撮影は出来ませんでしたので、今回からが完全復活といえるでしょう。

 http://zoome.jp/kurihuji07/diary/93

今回は対劉備軍強豪パーティーとの一戦。こちらが十人で、相手も同じかそれ以上のパーティーと思われます。お相手のメンバーさんからアップリクエストがあったのでアップ。
戦前、パーティーメンバーの一人が雨を降らせたいとの希望を出したので、今回は龍神鱗をつけての参戦。きっと炎で痛い目にあったのでしょう。
蛮拳や鉄鞭が弱体化するので、この一戦については正解だったかなと思います。もっとも、同じ日にもう一度対戦した時は、きっちり対策を採られていましたけども。

序盤から水面下でかなり動いています。
通常6拠点の場合は、各拠点二人が定番ですが、開始三十秒で早くも援軍要請。端拠点に相手が三人来ているとの事でした。
ここに二人で行って撤退してもぐら叩き状態にされると拠点ダメージをかなり受けてしまいますので、素早い援軍要請とフォローが出来て良かったんじゃないでしょうか。
兵糧庫は護衛無しで先攻めするとほぼ決めていたので隙を見つけて突撃しますが、一回目はあえなく撤退してしまいます。
この時、残り時間9:30くらいで中央拠点のふたつをダメージギリギリで奪取しています。このダメージを防げたのは大きいですね。
後は端拠点と相手が手薄にしていた6番拠点でのダメージで見事に勝利。

こちらの作戦と動きがハマった一戦だったかと思います。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:03:16 | Trackback(0) | Comments(0)
休止中競馬話
 タイトルは例によってシンプルに。
 先ずはクラシック戦線の幕開けを告げる桜の競争。
 伝統の牝馬クラシック第一戦、桜花賞です。

 残念なのは大本命レーヴディソールの離脱。
 この馬の今年の走りにはかなりの期待がかかっていただけに、離脱は本当に残念でしたね。
 しかし、その分飛びぬけた本命不在での群雄割拠を楽しめるというものなのかもしれません。
 
 

 注目馬は色々ありましたが桜花賞を勝ったのはマルセリーナでした。
 ディープインパクト初年度産駒としてかなりの注目を集めていた馬でした。
 離脱したレーヴディソールとは同厩舎でしたが、実戦での対戦経験はありませんでした。
 この馬が勝った事で、レーヴディソールが出ていれば……と言うケチをつけづらいレースになったのではないでしょうか。
 レーヴディソールに負けた馬が勝つと、どうしてもそう言う思いを抱いてしまいますしね。
 直線に向いてからの競馬は実に強いもので、一番人気に推されたホエールキャプチャも追い込んで来ましたが、セーフティリードを保ったままの勝利でした。

 同厩舎の馬の対決、なんてのも秋に見られるかもしれません。楽しみですね。

テーマ:競馬 - ジャンル:スポーツ

競馬 | 00:03:30 | Trackback(0) | Comments(2)
買い物日記(3)
 まだまだ購入しています。
 やはり引越しには買い物がつきものですしね。

・32型液晶モニター
 最初にネット工事を注文した業者は、ものの見事に外れでした。工事日が延びに延びた挙句に、実施が6月とか言って来たのでさすがにキャンセル。結局、家電量販店からネット工事を発注する事にしました。
 家電量販店で光回線を発注すると、随分大きな値引きをしてくれるのです。今回の場合は、3万円以上の商品を購入すれば3万円値引きしますよと言う特典がついてきたのです。
 その時点で冷蔵庫や電子レンジと言った生活必需品は既に購入していたので、迷ったのですがパソコン用のモニターを購入しようと思った訳です。
 PCは既に二台ありましたが、その時点ではモニターは一台限り。ネットを引き込んだらルーターを使用して2PC同時接続を行うつもりでしたので、モニターも丁度欲しかったのです。
 小さいモニターはどれも安く、39800円のものが32型。これまで使用していたのが19インチのものですから、随分と大きくなりますが、まあ大は小を兼ねるとも言いますし、購入。一緒に行った友人が何故かやる気を見せて37300円まで値引きを勝ち取ったので、そこから3万円値引きされて、7300円での買い物となりました。
 PCからはHDMI変換端子を使用して接続。実に快適に使用できています。
 今後据え置き型ゲーム機を購入しても使えるでしょうし、値段を考えると良い買い物だったかなあと思っています。
 しかし、今までやっていたネトゲで画面サイズをワイドにすると違和感がありすぎるので結局800*600の低解像度を使用していると言う無駄!

・ルーター
 ネット回線工事が終了して、予定通り2PC同時接続を行いたかったので購入。
 ところが実はここまでの道のりは平坦ではありませんでした。友人にそそのかされて最初に購入したのはルーターではなく、スイッチハブ。
 接続は上手く行ったのですが、これだと何故か2PC同時接続しようとすると片方が接続できなくなるのです。どうしてかなーと思って調べてみるとどうやらこれは当然の事だった模様。契約は1回線1PCらしく、スイッチハブだと二台接続できないそうな。これを可能にするのが、ルーターで、これを使用すればルーターを1PCとして認識するのでその先から複数接続が可能になる、と……。まあ知ってる人からすれば常識なんでしょうが、単純に知りませんでしたので、二度手間になってしまいました。
 ルーター購入後も、「認証IDとアクセスキー」を「ユーザーIDとパスワード」と誤解して入力、何故繋がらないのだ! と悩んだりもしましたが、その後は何とか接続。
 現在では快適に動作しています。いやあ、下調べしとくもんですね!

・スマートフォン
 分割払いとは言え、恐らく今回の引越しでの一番大きな出費がこのスマートフォン。
 購入理由は単純にネット閲覧すら出来ないのが我慢出来なかったから。
 ネットの閲覧はそれなりに快適ですし、動画もアプリを使用すればこれまたそれなりに視聴出来るので、案外気に入っていたりします。
 でも動画サイトでは一番観たいZoomeに対応したアプリが無いのだけは残念ですかね。
 慣れの問題でしょうが、メールと電話は非常に使い辛いです。

 とりあえず主だったところではこんな感じの買い物日記でした。
 炊飯器やトースターは引っ越し祝いで友人がくれたので買わずに済んだのは幸いでした。コンロ? 自炊しないですし!

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

日記 | 00:02:11 | Trackback(0) | Comments(0)
魔まマ感想(3)
 三回目です。中盤の感想になりますね。
 これくらいになると物語にも動きが見える部分です。
 予想外の事もあれば、案の定の事もあり。

 第七話「本当の気持ちと向き合えますか?」
 騙したのかどうして先に言わなかったのかとキュウベエに詰め寄る青い子のシーン。言葉と苦痛であっさり返り討ちになります。ざまあ、と思わざるを得ない。
 ピンクの主人公もどんな願い事でも叶う事と魔法少女になる事が釣り合ってないといいます。このあたり、視聴しててどうも主人公側に感情移入出来ないのが難点。詐欺師の理論とは言われますが、これは騙される方が悪いと言うか、騙されてすらいないと言う気がしてならないですね。
 その点赤い子はあっさり割り切ってるので気持ちが良いですね。青い子はここでも「あんたは自業自得」とか言いますが、いやいや青いのも自業自得でしょう。
 しかし何故か青い子に惹かれて行っているっぽい赤い子。
 自分の過去をさらけ出す赤い子。これはあれですね、青い子を元気付けてるんでしょうね。ところが意地とやけっぱちで赤い子を拒絶する青い子。まあこうなるでしょう。
 そして退院してきた青い子の思い人。そこで恋のバトルが勃発。前回も書きましたが、ここで手を治したのは自分だと言わないところだけは立派だと思う。
 でもゾンビだから告白できない等と言う青い子ですが、まあこの手のタイプはゾンビでなくてもあれこれ理由つけて告白なんて出来ないに違いない。
 ラストは魔女と青い子の戦い。痛みなんて消してしまえると自分の身体を全く大事にしない戦い方をする青い子。良い感じに狂ってきたところで次回。

 第八話「あたしって、ほんとバカ」
 前回に引き続きメインは青い子。何だかんだで青い子目立ちますねえ。人気あるんだろうか?
 冒頭からいきなり主人公に八つ当たりしまくり。私の為になる事なんてないだの、ピンクに魔法少女になれだの、ただの同情で人間やめられるわけないだの、しまいにはあんたのせいで私がこんな目に、ともう言いたい放題。
 一応自分でいけてない事を言ってる自覚はあるようですが、視聴している私からは同情よりも嫌悪が勝っているのでどうにもこの青い子が悪い方向に向かっても感情移入出来ませんね。
 青い子を助けようとする転校生ですが、あっさり拒絶されます。そしてどうやら転校生の目的は主人公のピンクさん。青い子が死ぬ事でピンクが悲しむから助けるんだという理屈。なるほどそういう目的でしたか。
 そういう目的なので、助けられなければ殺してしまえと言うのも当然ですが、赤い子が助けます。何が原因かは知りませんが……いやまあ過去の自分を重ねてるんでしょうが、赤い子がやけに青い子を気にかけてますね。
 そして青い子は「この世界に守る価値はあるの」等と言い出します。勝手に守った気になって、勝手に失望して、勝手に呪うと言う切れっぷり。この「世界」を「ヒト」に置き換えれば青い子がやっている事が変質的ストーカーである事が良く分かります。
 そして、魔女になる青い子。この話のタイトル通り、まさにこいつって本当にバカだ。

 第九話「そんなの、あたしが許さない」
 ずっと続いていた青い子の話に一段落がつきます。
 この結果はちょっと意外なものでしたね。
 エントロピーがどうのこうのと言い出すキュウベエ。いきなり話が宇宙単位になりました。
 まあこの辺は視聴しても「なるほどそういう設定だったのか」と言う程度の感想なのですが、ピンクの主人公は例によって酷いよこんなのってないよと言いますが、後の祭りです。
 魔女になった青い子を助ける為に赤い子がやけに頑張ります。
 最初の印象からは随分違う事やりますね……。魔女が一匹増えてグリーフシード入手機会が増えてウマー。くらいの事を言って欲しかった気もします。
 結局、青い魔女をやっつけて赤い子も戦死……と言うよりも半ば心中に近いような印象を受けました。
 とまあここまで観て来て、一番面白いと感じたのはやっぱり青い子の身勝手な転落の様子。大抵魔法少女モノだと友情とか成長とかそのあたりが面白い部分に来るものですが、なるほど一味違う魔法少女モノだと評される訳ですね。

 次回四回目がラストの感想です。

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

日記 | 00:01:30 | Trackback(0) | Comments(0)
乱戦攻略(4)
 乱戦基礎(1) 拠点攻防編   乱戦基礎(2) 強化鍛錬編
 乱戦基礎(3) 方針道具編   乱戦基礎(4) 地形攻略編
 乱戦基礎(5) 兵糧攻防編   乱戦基礎(6) 拠点演習編
 乱戦基礎(7) 米攻心得編   乱戦基礎(8) 拠点武器編
 乱戦基礎(9) 役割分担編

 乱戦攻略(1) 役割分担編   乱戦攻略(2) 兵糧防衛編
 乱戦攻略(3) 兵糧攻撃編

 何事も基本って大切だと思うのです。
 乱戦の拠点維持の基本は、必要な拠点に必要な人数を投入すると言うまあ当たり前と言えば当たり前の事ですが、これが結構難しい。
 ひとつの拠点に入る人数を決めたり、はたまた最初からペアになる人選をしているような考え方もあるみたいですが、私達のパーティーではかなり早くからそのやり方には見切りを付けていました。
 理由は単純で、人数やペアを決めてしまうと、この拠点には三人欲しい、あるいはこの拠点は一人で十分、と言った場合の臨機応変な動きが出来ない事。

◎人数劣勢にも関わらずダメージを獲得する。
○人数劣勢で双方ダメージ無しに持ち込む。
○人数互角でダメージを獲得する。
△人数優勢でダメージを獲得する。
△人数劣勢でダメージを貰う。
△人数互角で双方ダメージ無し。
×人数互角でダメージを貰う。
×人数優勢で双方ダメージ無し。
××人数優勢でダメージを貰う。

 ざっと拠点に投入する人数をダメージ状況の優劣を書き出すとこんな感じになると思います。
 拠点ダメージは当然ダメージを貰わないようにダメージを獲得するように動く訳ですが、人数優勢でダメージを獲得するのはこれは戦況に与える影響としては並です。優勢の拠点があればほぼ必ず劣勢の拠点がある訳ですから、劣勢の拠点でダメージを受ければ当然のように戦況は互角。
 優勢の拠点でダメージを取って、劣勢の拠点のダメージを防ぐ事で初めて差が出来る、と思っています。
 拠点担当は常にそのあたりを考えて動く必要があるかと思うのです。
 例えば人数優勢でダメージを獲得出来ている状態の場合、人数が減ってもダメージを獲得できるか考え、それが可能そうであれば直ちに他の拠点に移動する事で全体の戦況を優位に出来るでしょう。
 互角拠点の担当はそれこそ腕の見せ所でしょうし、劣勢拠点の場合は防衛よりも体力を減らさずに邪魔をしつつ双方ダメージ無しに持ち込むような動きをする必要があるのではないでしょうか。

 http://zoome.jp/kurihuji07/diary/78/
 この動画あたりは、どこに何人配置しているかに注目しながら観るとわりと面白いかもしれません。
 と言っても、パーティーメンバー九人の時の一戦なので、野良の方に助けられた部分もかなりあります。

 以上、乱戦攻略第四回、人数配置編でした。

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:03:16 | Trackback(0) | Comments(0)
買い物日記(2)
 こうして振り返ってみると、やっぱり色々購入していますねえ。

・加湿器
 今までは石油ストーブの上に水を入れたやかんを乗せていましたが、今後はエアコン一本になるし、冬場は空気が乾燥しそうだなあという理由で購入。シーズンが終了間際で安売りしていたので今のうちに購入しよう、と言う意味合いもありました。
 まあ悪い買い物ではないと思うのですが、既に空気が乾燥しまくっている時期ではなかったのが誤算。
 折角購入したのだからと、使ってみたのです。スチームではなくミストタイプだったので、霧が全然熱くなかったので油断したのもありました。
 布団の近くで使用したところ、布団がびしょぬれになってしまいました。
 失敗、失敗。

・電子レンジ
 最初は家電量販店で購入しようかと思っていたのですが、最安値でも思ったより高く、要らない機能が沢山ついていたので一時購入を見送っていました。
 ようは温めと解凍さえ出来れば良いと思っていたのです。
 その後立ち寄ったホームセンターで、正に思い描いていた通りのシンプル電子レンジを見つけました。
 得体の知れないメーカーなのはちょっと不安でしたが、六千円台と言う値段の安さに引かれて結局購入。
 冷凍ピラフやパスタなど、手軽に食べるのに活躍してくれています。
 買って良かった!

・冷蔵庫
 まあ、必要ですよね。
 一人暮らしなのでそんなに大容量は要らないと、家電量販店で一番安いものを購入しました。一万七千円くらいだったかな?
 安物だけあって、例によって得体の知れないメーカーですが、まあ使い勝手は冷蔵庫です。それ以上でもそれ以下でもありません。
 ただ、やはり安物のせいか扉のしまりがいまひとつで、足で蹴っ飛ばして勢い良く閉めたりすると跳ね返ってちょっと開いてしまう事があったりします。
 気付かずに開けっ放しになっていた事も。
 でもまあ、こんなものかなと言う気がしています。

 これで終了かと思いきや、ところがどっこいまだまだ購入しています。
 続きはまた次回。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

日記 | 00:01:39 | Trackback(0) | Comments(0)
魔まマ感想(2)
 と言う訳で魔法少女まどか★マギカ感想第二回です。

 第四話「奇跡も、魔法も、あるんだよ」
 私評価絶賛下落中の青い子メインの回。
 でもとりあえず主人公のピンクが悩む。前回、魔法少女になると豪語していた主人公ですが、マミさんの死に様を目の当たりにして翻意。
 キュウベエが何やら去ってゆくそぶりを見せたり、転校生も実は良い人なんじゃね? と言う会話があったりします。ピンクは青と違ってマミさん死亡の後転校生に助けられた事をしっかり自覚している分、青いのよりマシと言えるでしょう。
 青いのには惚れた男がいた模様。その男はヴァイオリンの天才で、でも事故で手が動かなくなったとか何とか。見舞いに来た青いのに八つ当たりをしまくって自暴自棄。それに対してやけっぱちで「奇跡も、魔法も、あるんだよ」と魔法少女になる見返りの願い事をその男の為に使ってしまいます。
 ダメダメな青い子ですが、唯一評価出来るのは男の手が治ったのは自分のおかげだと言わなかった事ではないでしょうか。
 最後には新キャラの赤い子が登場。

 第五話「後悔なんて、あるわけない」
 青い子の惚れた男は手がすっかり完治。動いた手でヴァイオリンを弾くシーンなどはハッピーな筈ですが、そんな雰囲気はかけらもありません。きっとそういう演出なんでしょう。しかしこの二人のやりとりが茶番劇にしか見えないのはどうしてだろうと考えたり考えなかったり。
 新キャラの赤い子はキャラ立てで毎回出る度に何かしら食べてます。もしゃもしゃと食べまくり。
 たい焼き食いながら青いのに喧嘩を売る赤いの。いとも簡単に挑発に乗る青いの。
「あんたみたいな奴がいるから、マミさんが!!」
 とまたしても良く分からない切れ方をする青い子。赤いのも何やら血の気が多いらしく始まるバトル。
 ピンクの主人公に突っ込まれるまでも無く、このバトルに何の意味があると言うのか。こんなのってないよ!
 結局また転校生が助けに来てくれます。

 第六話「こんなの絶対おかしいよ」
 穢れを吸ったグリーフシードが魔女に孵化するかもしれない、なんて事を言い出すキュウベエ。魔法を使えば使うほどソウルジェムに穢れがたまる、とも言っています。どうしてこれで、浄化出来なかったソウルジェムはどうなるの、と疑問を抱かないのか。
 ポッキー食べながらダンスダンスレボリューションを踊る赤い子と、取り引きを持ちかける転校生。意味深な会話が交わされています。後への伏線ですね。
 ピンクの主人公が、赤い子や転校生話をして和解すべきと青い子を説得しにかかりますが、例によって切れる青。
「あの時あいつは、マミさんがやられるのを待ってから魔女を倒しに来た! マミさんを見殺しにしたんだ!」
 と、助けられた事などすっかり忘れて錯乱する青い子。ピンクの主人公はマミさんが自分で転校生の邪魔をしたのを知っている筈なのに青い子のキレっぷりにびびってそれを伝えられません。
 転校生も赤いのも自分の事しか考えてない! と非難しまくりですが、青い子こそ自分の事しか考えてなかろう! ロクな死に方をしないような予感がさらに強まりますね。
 後半は青い子と赤い子のバトル再発。バトルを止めようとした主人公が青い子のソウルジェムをひったくって放り投げたらトラックの荷台にポトリ。そのままトラックが走り去ると倒れる青い子。
「死んでるじゃねーか!!」
 赤い子も知らなかった模様ですが、魔法少女になると魂を抜かれてソウルジェムに移されるそうな。そうしておけば、身体が壊れても魔法で治せば元通り。ソウルジェムを砕かれない限り君たちは無敵だ! との事。なるほどと納得してしまった視聴者を他所に、酷いよそんなのってないよとピンクは何時もの台詞。ゾンビにされたようなものじゃないか! と憤る赤い子。一人冷静にソウルジェムを追いかける転校生。
 まあでも、一般人には見えないものが見えたり、普通の人が使えない魔法が使えたりする時点で、いわゆる「ヒト」と「魔法少女」は似て非なるものな訳ですし、身体が壊れても死なないけど宝石が壊れたら死ぬと言う程度の差くらいは細かい事なのかもしれませんね。

 次回第三回は七話から九話の感想の予定です。

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

日記 | 00:01:01 | Trackback(0) | Comments(0)
買い物日記
 引越しと言えば、ある程度家具や何かを新しく購入しないといけませんよね。
 今回の私の場合、家から殆ど持って行かずにその分引越しを楽にしたので、後からこまごまと購入するものが非常に多かったのです。

・布団
 毛布だけは持っていきましたが、布団とカバー、マットは全て新品で購入しました。
 庶民の味方、ファッションセンターしまむらで安く売っていたのでそれを購入。
 安いとは言え、寝心地は悪くありませんし、満足しています。

・トースター
 実際には引っ越し祝いの頂き物。
 焼きあがるとポーンと飛び出てくるタイプのもので、一見壊れやすそう……なんて思ってしまいました。
 焼き加減をある程度調節でき、また四枚切りから六枚切りまでしっかり対応してくれるあたりは中々優れものではないでしょうか。
 パンにつけているのはハチミツ。バターはパンにつけるものとしてはあまり好きではなく、マーガリンはぼちぼち好みなのですが引越し当初バターナイフを購入していなかったので、ハチミツが使用されることに。
 朝食はハチミツのせたパン一枚が最近のお約束です。ちょっと足りないかも。

・ケトル
 湯沸かし。
 実は、保温機能も一緒についたポットを購入しようか真剣に悩んだのですけども、結局湯沸し機能のみのケトルを購入する事になりました。
 実際、お茶を沸かしたりもしませんし、今のところ使い道はカップ麺くらいのものなので、ケトルで十分間に合っていますね。
 ところが、三日くらい続けてカップ麺を食べ続けるとまあ飽きるを通り越して吐きそうになりました。カップ麺ってこんなに不味かったっけ、と言うくらいです。
 それ以来カップ麺を購入する事が激減してしまい、殆ど使用されておりません。

 当然これら以外にも買い物はしていますが、それらの感想はまた後日。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

日記 | 00:01:15 | Trackback(0) | Comments(0)
魔まマ感想
 タイトルはシンプルに。
 ネット休止期間中、暇でした。
 そんな時、友人からメールで面白いアニメがあるのでどうかとの誘いがありました。
 なるほどそれなら是非観てみようと思ったら、ブログで感想を書くと言う条件がついていました。
 こんなのってないよ!

 と言う訳で「魔法少女まどか★マギカ」の感想。
 全十二話なので、切りよく三話ずつ四回くらいの予定です。
 このアニメ、結構話題になっていました。ニコニコ動画でも評判でしたし、私自身観た事も聞いた事も無いと言う訳ではありませんでしたが、当然きちんと視聴するのは今回が初めて。
 ネタバレ満載です。

 第一話「夢の中で会ったような…」
 とりあえずオープニング。
 何だかんだで意味不明なのはいずれ解消されるだろうと言うところでしょうか。そう言えば、この魔法少女夢オチでのオープニングはカードキャプターさくらを思い起こさせますね。
 とりあえず何この家……。超絶豪邸なのか、未来設定でこの家がスタンダードなのかは分かりません。と、思ってたら何この学校……。何か未来都市みたいな感じ?
 そうこうしている間に魔法少女モノにはお約束の小動物と魔法少女登場。
 魔法少女が銃器をぶっ放すのに違和感を感じなくなったのは何の影響なんだろうか。
 導入としてはこんなものと言う気がしますが、魔法少女同士がえらい仲が悪そうなあたりは気になるかもしれませんね。

 第二話「それはとっても嬉しいなって」
 やっぱり家に違和感が激しい……。
 魔法少女の敵「魔女」の説明登場。魔女と戦うのは死と隣り合わせとの事。ちょっとシリアス色が増えました。
 やたらと転校生を敵視する青い子。何かこの青いの面倒くさそうで鬱陶しいタイプかな。きっとこの青いのは後で八つ当たりでバカな行動をする奴だと思う。そしてその予想は後に当たりました。
 今週の戦闘シーンはマミさん触手拘束。魔女をやっつけたら手に入れたグリーフシードを使用して消耗した魔力が元通り、だそうな。ガソリンみたいなもの? 無くなったらどうなるのかなとか考えないのが不思議でならない、と思ってたらこれまた後で無くなったらどうなるかが判明。そこは疑問に思おうよ……。

 第三話「もう何も怖くない」
 かなり評判になった回で、私も断片的ながら情報を知っていました。
 曰く、トラウマになった。曰く、グロい。
 かなり期待していました。どんだけグロイシーンが出てくるのかとワクワクしていたのですが、結果から言うと大した事ありませんでした。先輩魔法少女マミさんが普通に戦死しただけ。ちょっと期待しすぎたんだと思います。
 しかも、死に方がまた酷い。
 万が一の時には共闘出来そうな魔法少女を勘違いから自分で排除して、さらに死と隣り合わせと豪語していたのに浮かれて油断してのものではちょっとと思わなくもありません。
 とは言え、主人公のピンクさんと友情が芽生えた瞬間にあっさりと死んでしまうのは悲しいものがありますね。
 結局マミさんが排除しかけたほむらさん(転校生)がマミさん亡き後きっちり魔女を倒してピンクと青を救出。
 ところがグリーフシードを手に入れたほむらさんに何故か青いのがキレまくり。
「返せ! それはマミさんのものだ! 返せって言ってるだろ!」
 助けて貰ったのにこの言動はアキレ果てて言葉も無い! この青いのはロクな死に方をしないに違いない!

 三話までの感想でした。
 タイトルのつけ方、作中の台詞を持ってくるのはあだち充の漫画を彷彿とさせますね。
 次回は4.5.6話の感想になるかと思います。

テーマ:魔法少女まどか★マギカ - ジャンル:アニメ・コミック

日記 | 00:03:46 | Trackback(0) | Comments(0)
無双バトン回答
 ネット開通しての更新、先ずは無双オンラインから行こうかと思います。
 ネット休止中もネカフェからSNSだけは更新していたのですが、気付けばSNSの方でも結構交流が出来上がって来ました。
 更新の中心は当ブログになるとは思いますが、今後はSNSもそれなりに更新しようかなと思っています。

 と言う訳で今回は無双バトン。
 作成者はSNSのレコさんと仰る方。許可を得て、使用させて頂いております。

 それでは以下、無双バトン回答。長いので心して観て下さい。

続きを読む >>

テーマ:真・三國無双online - ジャンル:オンラインゲーム

オンラインゲーム | 00:03:54 | Trackback(0) | Comments(0)
更新再開
 遂に、漸く、やっとの事で、念願のネット環境が整いました。
 光回線でのルータを設置して2PC接続も可能になりましたので、時間がかかった分満足の行くネット環境になったと思います。

 当然当ブログも更新が再開されます。
 一年毎に連続更新を区切っていたのは、実にこう言った時のモチベーションの為でもあったのです。
 と言うのも、連続更新しすぎて書きたい事があるから書くではなく、連続更新を続ける為に書く、が主となってしまっていると、今回のような形で休止すると復活した時に更新再開のモチベーションがなかなか復活しないものなのです。
 一度更新が途切れ途切れになって、そこから更新が完全に止まってしまったブログを幾つも知っております。
 まあ、再開するのが良いのかどうかは知りませんが、人間万事塞翁が馬な趣味Blog、本日より更新再開でございます。

 さて休止している間に更新したい事が随分とたまってしまっていますので、珍しく今後の更新予定なんてものを書いておこうかと思います。

・引越しに際して色々買い物をしました。その感想。
・ネットが出来ない間、友人から「ブログで感想を書く」と言う条件付きでとあるアニメを貸して貰いました。よって、近日中に感想を複数回に分けて書くつもりです。こんなのってないよ!
・無双オンラインSNSでバトンを書くつもりです。無双バトン、こちらでも更新します。
・競馬を忘れちゃいけません。春の一番盛り上がる時期にネット出来ませんでしたから、これも色々書きたいなあ。
・友人と普段行かないような場所にも食事に行ったのですよ。この事も書きたい……。

 と、書きたいこと満載です。
 今後もお付き合い頂ける方は是非とも宜しくお願い致します。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

日記 | 00:48:58 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。