■プロフィール

くりふじ

Author:くりふじ
禍福はあざなえる縄の如し。
良い事ばかりも続かなければ。
悪い事ばかりも続かない。
そんな毎日。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■ブログ内検索

■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
自作解説
 ピクシブに二次創作小説を投稿してから一か月です。

 http://www.pixiv.net/novel/member.php?id=3605113

 合計7作品を投稿しましたが、3作品は投稿前の段階である程度出来ていましたから、気持ち的には4作品を新たに一か月で作ったと言う感じです。
 とりあえず現時点で一番閲覧や評価が多いのが「引き分けにも至らない」で640強、ブックマーク数も25、評価点も200点となっています。
 いや、すごいと思いますよ。本当に。
 当ブログはかなり長い事やっていますが、月の閲覧数でも数十名行けばいい方でしょうし、ましてや二次創作を目当てに来る人はさらに少ない。
 いるにはいるんですよ。ドラクエ5の二次創作は、当ブログに訪れる検索結果の中では一番多い。多いですけど、それでも月に5.6人くらいのものですから。
 それを考えると、一か月で数百回読んで貰えて、その内十数名は面白かったと言ってくれて、さらに数名はまた読もうかなとチェックしてくれてる現状は素晴らしいと言えるでしょう。
 ピクシブと言えばイラストの印象が強かったですし、実際そうなんでしょうけど、こういう場があると言うのは良い事ですよね。

 と言う訳で以下は自作解説。興味のある方だけ、続きを読むから先にお進みください。



 艦これ二次創作を作ろうと思ったきっかけですが、これはもう格好良い龍驤を書きたかった、これにつきます。
 まな板ネタでいじられる龍驤も大好きですし、ゲーム本編から想像されるような無邪気で可愛らしい龍驤も好きなのですが、私が龍驤を好きになるきっかけになった史実から想像される歴戦の空母としての龍驤、これが結構少なかったんですよね。
 公式の小説でも龍驤の出番自体はあるのですが、加賀の代役を五航戦にしようとした提督に加賀が龍驤を推薦するも怪訝な顔をされるシーンに代表されるように、格好良さが足りないと思った訳です。
 二次創作では格好良い龍驤も描かれているのですが、数がちょっと足りてないかな、と。
 なら自分で作ろうかと思ったのがきっかけだった訳です。
 よって私の作品は格好良い龍驤を書きたいと言うところから開始しています。

 そんな優しさがある事を知った

 そうして出来上がったのが投稿一作品目。
 実はお話自体は二作品目と三作品目より後に考えたものなのですが、投稿はこれが最初になります。
 二次創作後発組なので、ネタ被りが怖かったんですよね。なので実装されたばかりの葛城なら、ネタも被るまいと思って最初の投稿に選んだ訳です。
 結果としては後から投稿した作品も極端な被りはなかった……のかな? なので心配は杞憂になった訳ですが、突貫工事で仕上げたわりに、ブックマーク数は二番目に多い評価を得ています。
 私にしては珍しい一人称視点の作品で、葛城の心情についてはぼちぼち書けたかなと思う一方、逆に他のメンバーについては書ききれなかった部分も多い印象です。
 特に、葛城から艦載機を大切に思っていないと言われた龍驤とか、三人称視点だったら絶対書いてただろうなあ。
 この辺りはいつか他の作品でフォローしたい気もしますね。

 憧れと目標と
 実は一番最初に作った二次創作作品がこちら。
 そして、現在投稿している中でも最も異質な作品になります。
 と言うのも、読んで貰って伝わるかどうか微妙なところですが、これアニメの後日談なんですよ。
 他の作品はそう言う意識では作っていないので、仮にシリーズタグをつけるとしたらこれだけ外れる形になるでしょうか。
 最初は、これを第一話にして、航空戦力の平均化を理由にアニメの鎮守府から二航戦と五航戦を退場させて、龍驤を始めとした軽空母組を参入させると言う形での短編連作を考えていました。
 結局その形にならなかった一番の理由が、赤城のイメージの違いですかね。アニメの赤城さんも人間味があって好きではあるのですが。

 鬼も逃げ出す子殺し龍驤
 三作品目にして、実は一番作りたかった作品。
 設定的には一作品目と同じものを扱っているのですが、やっぱり三人称視点なので色々と書きやすかった感じはあります。
 一番作りたかっただけあって、作った人的にはタイトルも含めて一番のお気に入り。読んだ人の評価的にはまずまずってところなのかな?
 史実では、龍驤の名を聞けば赤鬼青鬼も後ずさりする、と言うエピソードが伝わっています。実際かなり厳しい訓練だったらしく、かなりの殉職者も出したのだとか。
 このエピソードをどう艦娘龍驤のキャラクターに反映させるかと考えた結果が本作品。
 後、鳳翔との関係性でしょうか。原作ゲームの艦これでは同じ軽空母カテゴリと言うくらいで、両者ともに相手への言及はないのですが、史実では大戦前に同じ部隊に属した事もあるなど何かと縁がある二人ではないかと。
 完全に個人的なこだわりなのですが、鳳翔は他の誰を呼ぶのにも必ず「さん」や「ちゃん」をつけるけど龍驤だけにはつけなくて、龍驤は鳳翔をさんづけで呼ばない数少ない艦娘の一人、と言う設定。
 シリアスは書いてて難しいなと改めて思いました。

 酒が注がれてから飲み干されるまで
 四作品目。
 丁度このタイミングで隼鷹が改二になったので、彼女メインで一本作ってみたかった、と言うだけの作品。
 隼鷹と言えば酒、と言う事でこんなシーンになりました。
 もうちょっと上品な飲み方にしても良かったかなと、今では思っていたりします。
 隼鷹のイメージですが、こちらもヒャッハーな感じと酒好きの印象からか、破天荒なキャラクターとしてえがかれる事が多いようです。
 史実では龍驤と同じく、歴戦の名が相応しいところから、今作品のような描き方をしてみました。
 龍驤と隼鷹が、もしかしたらあったかもしれない未来、について語るシーンは作ってみたいと思っていたので、短い作品ながら個人的には満足してます。

 引き分けにも至らない
 現時点で閲覧数、ブックマーク数、評価点とどれも一番になっている作品。
 恐らく、赤城と加賀がタグに入っている事が閲覧数の伸びにつながったのかなと思っています。
 龍驤と赤城が演習で一騎打ちをして、最後に副砲で一矢報いるも引き分けにも至らない、と言うところが最初のイメージとしてあったんですよ。
 その理由として落ち込んだ赤城に龍驤がはっぱをかける形で演習を挑むと言う流れを想定したのですが、最初に考えた時点では赤城が落ち込む理由が、加賀さんが轟沈した以外にひとつも思いつかなかったのです。
 その時点で一度没にした作品でした。
 それが日の目を見たのが、翔鶴と瑞鶴の改二実装の話だった訳です。これなら、落ち込むまではいかなくても赤城が悩む理由になるかな? と考えて殆どイチから作り直したのが今作品。
 評価を見るに、わりとうまくいったのかな、と言う印象です。
 二作品目のタイトルにもなっていますが、龍驤にとって赤城は目標で、赤城にとって龍驤は憧れ。それを表現できればと思ってはいたのですが、さてはて。
 何気に加賀さんが良い動きをしてくれたので、落ちも彼女で作った次第。とても最初はいなかった予定のキャラとは思えぬ!

 気持ちの分かり合えない二人は
 六作品目。ここまで何かと私の作品で出番の多かった三日月と天津風で一本作りたかった。
 こちらは完全に台詞先行で作りましたね。具体的には。
三日月「天津風さんに龍驤さんの気持ちは分からないと思います。だって、優等生ですから」
天津風「何よ、あなたなんか、実はとかちょっとどころじゃなく、へたれそのものじゃない」
 この二つの台詞を二人に言わせたかった。
 そこからストーリーを考えて組み上げたのがこの作品ですね。
 天津風と龍驤のシーンについてはイメージ通り作れたのですが、三日月と鳳翔のシーンはもう少しどうにか出来たかなと、反せ聴が残った作品でした。

 鳳雛
 大鳳建造成功記念の作品。
 とは言え、実はアイデア自体はかなり前からあったのです。
 龍驤の名は三国志の諸葛亮伝に由来するのですが、伏竜諸葛亮と並び称されたのが鳳雛龐統。そんな訳で鳳の雛と言うワードから想像を膨らませた次第。
 鳳の名を持つ空母は数多いのですが、今回は大鳳さんをチョイスしました。
 龍の育てた鳳の雛、の言葉がふと浮かんだので、それを形にした感じです。
 最初は龍驤と大鳳のスポ根成長ものを目指したつもりが、いつのまにか神通ルートに入っていたと言う不思議な変遷をたどった作品でもありますね。
 なかなか、最初に思った通りには作りあがらないものです。

 さてここまで書いてきて、最初に目指した格好良い龍驤が書けたかどうかはわかりませんが、まあ頑張ったのは間違いありません。
 幸い、お前がまた投稿したらチェックしてやるよと言う方が20名近くいらっしゃいますので、次もまた何か思いついたら作りたいとは思っています。
 実はここまで龍驤が主役のお話をひとつも作って無いのが心残りなので、一本くらいは作りたいのですが、さてどうなりますか。
 アイデアを思い付けばと言うところですね。

テーマ:艦隊これくしょん~艦これ~ - ジャンル:オンラインゲーム

二次創作 | 00:32:25 | Trackback(0) | Comments(2)
コメント
次回作は雪風と時雨のコンビに麻雀対決で挑む話をお願いします。
2015-07-10 金 10:09:05 | URL | ありあ子提督 [編集]
 天和地和人和W立直一発が飛び交う麻雀を見たいと申すか?
2015-07-11 土 10:39:12 | URL | くりふじ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。