■プロフィール

くりふじ

Author:くりふじ
禍福はあざなえる縄の如し。
良い事ばかりも続かなければ。
悪い事ばかりも続かない。
そんな毎日。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■ブログ内検索

■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
東野圭吾「眠りの森」「赤い指」感想
 昨日投稿した記事で書きましたが、しばらくは読書感想文が続きます。
 推理小説、しかもネタバレしまくりですのでご注意ください。
 以下、「眠りの森」「赤い指」の感想。




 最初に読んだ「新参者」が面白かったので、それじゃあ暫く加賀恭一郎のシリーズを追いかけてみようかと購入したのがこの二冊。
 新参者よりもちょっと重い感じかな?

 眠りの森の方はオーソドックスな推理小説と言えるのではないでしょうか。
 バレエ劇団で発生した事件、正当防衛かと思われたが、実は……と言う展開でしたね。
 驚いたのが、新参者で感じた刑事加賀の人物像とはかなり違った描き方をされているように思いました。
 発売時期及び劇中の時期もこちらの方が先なので、若い加賀刑事と言う事になるのかな?
 またいずれの機会い感想を書くつもりですが、加賀シリーズ最初の作品「卒業」ではしょっぱなから加賀のプロポーズシーンですし、そして今作のラストシーンでは何とまあ犯人に愛の告白をしちゃったりしています。
 案外、惚れやすくて軽い男なのか……?

 まあそれはともかく作品ですが、うーん、まあ、普通?
 とりたててむちゃくちゃ面白いと言う訳ではありませんが、逆に安定して楽しめましたのでつまらなくもない、と言う作品でした。
 加賀シリーズを読みたいと言う事であれば、最初に読むのは他にした方が良いかもしれませんね。

 続いて赤い指。
 これは事件の犯人については判明しており、それを隠そうとする犯人一家と、暴こうとする刑事のバトル……に見せかけた家庭のドラマってところでしょうか。
 実は、この作品は途中で読むの辞めようかと思ってしまった作品で、正直なところあんまり好きではありません。
 何故かと言うと、被害者が小さな子供で、加害者もまだ未成年なのですが、この犯人の母親がまあ私の不快感を刺激するわするわ。
 そりゃあまあ、あっさりそこで自首するなりしちゃったら物語にならないから仕方がないにしても、罪を犯した我が子を守る、と書けば見た目良いですが、まあ身勝手でエゴ丸出しの醜い描写が多いので、正直くじけそうになりましたね。
 逆に言えば、それだけの感情を登場人物に抱かせると言う意味では、力のある文章と言えるのかもしれません。
 最後は痴ほう症の母親に罪をなすりつけようとしたところを、実は母親は痴ほう症の演技をしていただけでしたと言うトンでも展開。
 登場人物は大変に衝撃と感銘を受けていましたが、私としては感動より先に何じゃそれは、と思ってしまいました。
 そんな訳で東野圭吾加賀恭一郎シリーズの中でも、私の中ではかなり順位の低い作品になります。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

日記 | 00:00:32 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。