■プロフィール

くりふじ

Author:くりふじ
禍福はあざなえる縄の如し。
良い事ばかりも続かなければ。
悪い事ばかりも続かない。
そんな毎日。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■ブログ内検索

■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
東野圭吾「どちらかが彼女を殺した」「私が彼を殺した」感想
 まだまだ続きます。
 何せ、一気に購入して一気に読みましたからね。
 今回はタイトルの二作品。
 どちらも似通ったタイトルですよね。
 イメージ通り、続き物と言う訳ではありませんが、共通点があります。
 以下、ネタバレ感想。




 二作品の共通点は、どちらも作品中では犯人が明らかにされない、と言う点です。
 出来事が起こり、容疑者が現れ、推理の材料などは提示されるものの、作品中では最後の最後まで犯人は判明しません。
 読者の推理力が試される、ある意味推理小説の名にふさわしい作品と言えるかもしれません。
 ただ。
 この二作品を読んで思った事は、私自身は事件の謎を推理して楽しみたいのではなく、事件の謎を登場人物が推理して解決に導く小説を読みたいんだな、でした。
 考察が好きかどうかで好き嫌いが分かれる作品かもしれませんね。

 と言う訳で先ずはどちらかが彼女を殺した。
 タイトルから分かるように容疑者は二人。
 しかもある程度共謀と言うか共犯に近い事もやっているので、最終最後に手を下したのがどちらかと言う程度の差でしょうか。
 結局私は最後まで犯人は分からず、巻末に付属していた袋とじの推理の手引きを読んでも分からず、仕方なしにネットの考察を読み漁りました。
 推理のカギは利き腕、だそうな。
 確かに、被害者の兄が他殺を確信したのも利き腕によるものでしたので、なるほどと思いましたね。
 最後の謎解きがそれだけと言うのはちょっと物足りない気もしますが、先に書いたように最後どちらが手を下したのかと言う点のツメとしては良いのかもしれません。
 被害者の兄が他殺であると言う証拠を徹底的に隠蔽して自分で捜査すると言うストーリーなのですが、その点がどうにも解せませんでした。
 いやまあ、兄は交通課の警察官で、操作となれば蚊帳の外になる事は間違いないでしょうから、自分の手で決着をつけたかったのかもしれませんが……。
 これも加賀恭一郎のシリーズ。
 加賀はさすがの推理力で、少ない手がかりの中から犯人と被害者の兄に近づいていきます。
 やっぱり、余計な事せずに最初から手がかり残しておいた方が解決も早かったんじゃないかなあ。

 そして私が彼を殺した。
 容疑者三人の視点でお話が進行する珍しいパターンですね。
 そして三人が三人とも自分が殺してやったと思っていると言う点も非常に面白かった。
 不満点は、犯人が明かされないと言う、ある意味この作品の一番のセールス点だけでした。
「犯人はあなたです」
 で物語は終了していますが、これが普通の推理小説のようにその後まで続いて決着がついていれば、私はこの作品をもっと好きになっていた事でしょう。
 それくらい、読んでいる間は本当に面白い作品でした。
 こちらの方は、巻末の推理の手引きを読めばある程度犯人の想像もつきますが、色んな場所の考察で言われているように、それがトリックなら不自然な点が出て来るのではないか、と思ってしまいます。
 被害者に毒を飲ませるのに、毒の入ったカプセルを薬のカプセルと交換するのではなく、薬のカプセルが入ったピルケースごと交換すると言うトリックで、そのピルケースを持っているのは一人だけ、と言うのが恐らく真相。
 ただ、ピルケースを交換してしまうと、ピルケースを持ったはずの人の指紋がついていない、と言う決定的に不自然な点があると思うんですが、この点の説明は残念ながらありません。
 真相はどうなんでしょうね。
 けどまあ、それを差し引いても大変に魅力的な作品ではないかと思われます。
 犯人が明らかにされないこの二作品、私の好みはこちらでしたね。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

日記 | 00:00:40 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。