■プロフィール

くりふじ

Author:くりふじ
禍福はあざなえる縄の如し。
良い事ばかりも続かなければ。
悪い事ばかりも続かない。
そんな毎日。

■最近の記事
■最近のコメント
■カテゴリー
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■リンク
■ブログ内検索

■ブロとも申請フォーム
■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
東野圭吾「白銀ジャック」「白銀ロンド」感想
 暫く間が空きましたが、まだまだ感想文モードは続きます。
 ここのところ寒くなってきて、ウインタースポーツの季節と言うところですか。既に感想を書いた「鳥人計画」もそうでしたし、いずれ書くであろう「カッコウの卵は誰のもの」もウインタースポーツを題材にしていますが、今回タイトルの二作品もやはりそう。
 タイトルからして、そんな感じですものね。
 以下、ネタバレ感想。




 白銀ジャック。
 ゲレンデの下に、爆弾が埋まっている。
 そんな脅迫がスキー場に届くのです。当たり前に考えますと、警察が登場して捜査する流れになるのですが、この作品は違います。
 何と脅された会社が警察に届けない上にお金を支払ってしまうのです。
 そうした中で、一年前にこのスキー場で事故死した女性の家族や、曰くありげな謎の老夫婦等の登場があり、何がどこでどう繋がっているのだろうとわくわくしながら先を読んでしまう、そんな作品ではなかろうか。
 ただ、やっぱり最初の最初から「これで警察に届けずに金を払うとかありえないだろ」と言う気持ちがあり、そしてミステリーファンとしてはついつい「だったらこいつらが犯人なんじゃない?」と思ってしまうものです。
 予想はぴたりで、同じスキー場にある不人気エリアを体よく切り離して売却する為に狂言である事が判明するのです。
 まあ、そうですよね。犯人でもなければ、爆弾が埋まっているかもしれないスキー場で普通に商売しながら犯人の言いなりになってお金払うとか、ありえませんよね……。
 そんな訳で、どちらかと言うとこの作品は「犯人は誰だろう」と楽しむタイプのお話ではないように思います。
 そうであったとしても、十分に楽しい話でしたし、読了感も悪くありません。
 謎の老夫婦が実はスキー場売却先の企業の会長がお忍びで視察に来ていた、なんてのはべたかもしれませんがスカッとしたなあ。

 疾風ロンド。
 こちらもミステリーとしては異色。
 やはりスキー場に今度は生物兵器が埋められ、それをネタに生物兵器が作られた研究所が脅しを受けます。
 ところが、犯人があっさり事故死。
 研究所は持ち出された事を隠したいが為に警察に届けず、埋められた生物兵器を探す為にスキー場に訪れる……、と言う導入。
 何と言う身勝手! この研究所の上司がまたクズなんですよ。自分の保身ばかりのくせに自分では一切動かず他人をあてにした上に、上手く行かないと他人のせいにすると言う、絵にかいたようなクズ上司!
 読んでいてイライラする事請け合いですよ。
 さてそんな状況に、その生物兵器を奪って他に売ろうとする人間の思惑が重なり、事態は思わぬ方向に進んでいきます。
 非常に先が気になり、わくわくするような展開ではあるのですが、生物兵器の存在を隠すので、どうにも緊迫感が出ません。捜索を担当した研究員等は、息子まで連れてスキー場に来ていますが、生物兵器が発見されて惨事になったら息子も危ない事を気にしそうなものですけど、それもない。
 なんだかなあと言う気がしました。
 とは言え、落ちも面白かったですし、つまらなくはありませんでした。

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

日記 | 00:00:18 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。